増山超能力師事務所-原作のあらすじとネタバレ

ココリコ田中が主演する日本テレビのドラマ「増山超能力師事務所」の原作となる誉田哲也の小説「増山超能力師事務所」のあらすじとネタバレです。

■増山超能力師事務所-原作のあらすじとネタバレ

13年前に日本で初めて超能力者団体「日本超能力師協会」が発足し、超能力の資格「2級超能力師」「1級超能力師」が制定された。

超能力の原因はダークマターという物質だと化学的に証明され、超能力者が認知されるようになった。

高原篤志は、増山超能力師事務所で超能力師の資格を持たない「無能力者」として働いていたが、ようやく、日本超能力師協会の2級超能力師に合格し、晴れて超能力師となり、超能力者探偵として浮気調査の依頼を担当した。

妻は夫が浮気していると疑っており、高原篤志は超能力を駆使して夫を調べると、夫の浮気相手は女性ではなく、人形だった。

■探偵・川原崎晃のあらすじとネタバレ

川原崎晃は、増山超能力師事務所の元探偵で、1級超能力師。増山超能力師事務所の稼ぎ頭の1人だったが、増山超能力師事務所を辞めて独立し、探偵事務所「KZサイキックオフィス」を立ち上げた。

■探偵・住吉悦子のあらすじとネタバレ

住吉悦子は増山超能力師事務所の主力探偵の1人で、1級超能力師。ニューハーフの宇川明美の教育係を務める。所長・増山圭太郎の愛人でもある。

住吉悦子は、子供の頃に大好きな祖父と祖母を自宅の火事で失っていた。

住吉悦子は、中学の時に先輩から根性焼きをされそうになったとき、発火の能力が開花し、反対に先輩に火傷を負わせた。それ以降「川口の魔女」と呼ばれるようになった。

そして、発火の能力に気付いた住吉悦子は、自分が祖父母を焼き殺してしまったのではないかと自責するようになり、「川口の魔女」として不良を相手に喧嘩に明け暮れるようになった。

しかし、超能力者団体「日本超能力師協会」の発足に動いていた増山圭太郎の目に止り、スカウトされた。

そして、住吉悦子は、増山圭太郎の超能力によって、祖父と祖母が死んだ火事は住吉悦子の発火能力とは何の関係も無いことを知り、増山圭太郎に協力するようになった。

■刑事・榎本克巳のあらすじとネタバレ

榎本克巳は、警視庁の刑事で増山の過去を知る人物。井山文乃の事件の捜査を担当し、増山超能力師事務所を設立する前の所長・増山圭太郎と出会った。

このため、刑事・榎本克巳は、超能力に理解があり、増山超能力師事務所の所長・増山圭太郎に何度も捜査協力を依頼している。

■大谷津朋江のあらすじとネタバレ

大谷津朋江は、増山超能力師事務所の経理担当で、超能力は持っていない。普通のおばさんである。

元々、大谷津朋江は、夫と2人で蕎麦屋を営んでいたが、夫が配達の途中で転倒して大けがをしてしまった。

夫が居なければ蕎麦屋を開けられないため、蕎麦屋を閉めて働きに出て、増山超能力師事務所で働くことになった。最初は胡散臭い業界だったので、ちゃんと給料が出るのか分からないため、試しに1ヶ月働いてみた。

その後、夫は回復したが、リハビリがてらに他人の蕎麦屋に働きに行き、雇われの方が蕎麦作りに専念できるため、そのまま就職。大谷津朋江も増山超能力師事務所で働き続けることになった。

■所長・増山圭太郎のあらすじとネタバレ

増山圭太郎は、増山超能力師事務所の所長で、1級超能力師。超能力者団体「日本超能力師協会」の発足に尽力し、日本超能力師協会の幹部とパイプを持つ。

井山文乃事件で、刑事・榎本克巳と知り合い、無事に井山文乃事件を解決し、井山文乃と結婚したが、探偵・住吉悦子とも愛人関係にある。

■ニューハーフ宇川明美のあらすじとネタバレ

宇川明美はスタイルも良く、かなりの美人だが、性別は男性だった。いわゆるニューハーフである。宇川明美の正式な読み方は「あきよし」だが、見た目が女性なので「あけみ」と呼ばれている。

宇川明美はニューハーフという扱いを受けているが、男性と女性の両性を有するIS(インターセックス)として生まれてきた。

宇川明美の姉もIS(インターセックス)として生まれてきたが、女性としての手術を受けていた。

父親は宇川明美に「男性」になることを望み、「明義」と名付けようとしたが、母親と姉の反対により、「あきよし」とも「あけみ」とも読めるように「明美」と名付けられた。

そして、性別選択手術を受けた姉は「本人に選ばせるべき」と猛反対したが、父親の意向により、宇川明美は子供の時に「男性」になる手術を受けた。

宇川明美は子供の頃から超能力に目覚めており、大人になって増山超能力師事務所に面接に来た。

宇川明美は2級超能力師に合格するにはほど遠かったが、所長は「活躍の場を与えてやりたい」と言い、宇川明美を「無能力者」として雇った。

増山超能力師事務所の最終回-井山文乃事件のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する