カインとアベル-第5話のあらすじとネタバレ

南果歩が出演するフジテレビのドラマ「カインとアベル」の第5話「絡み合った運命の糸」のあらすじとネタバレです。

第4話のあらすじとネタバレは「カインとアベル-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。・

■カインとアベル-第5話のあらすじとネタバレ

高田桃子(南果歩)の婚約者・クロサワが高田隆一(桐谷健太)に100億円を出資したのは、クロサワが高田優(山田涼介)を気に入ったからだった。

それを知った高田隆一(桐谷健太)は、高田優(山田涼介)を殴り飛ばし、「俺を助けて、いい気になってるのか」と吐き捨てた。

一方、父・高田貴行(高嶋政伸)は、会社の調査により、クロサワの正体がシンガポールで利益を出している日系ファンドの社長・黒沢幸助だと知り動揺する。

父・高田貴行(高嶋政伸)は、黒沢幸助に「ウチは資金提供を求められても、一切貸すつもりは無い」と吐き捨てていたのだが、その黒沢幸助にバンコク事業を助けられたからだ。

翌日、会長(祖父)・高田宗一郎(平幹二朗)が社長室を訪れると、父・高田貴行(高嶋政伸)は「隆一(桐谷健太)が1人でバンコクの問題を解決しました。ご安心ください」と報告した。

それを聞いた祖父・高田宗一郎(平幹二朗)は「これからの高田に何が必要だ。挑戦・冒険・リスク。それらを恐れずに自由な発想で挑戦する勇気が高田の成長と安定に繋がるんだ。リスクを避け続ける経営者に未来は無い」と告げた。

翌日、高田優(山田涼介)はアウトレットモールのプロジェクトチームが終了したため、5課に復帰する。

高田優(山田涼介)の顔に痣が有り、それを見た矢作梓(倉科カナ)は「殴られたの?隆一さん(桐谷健太)に。私のせいなの。昨日、隆一さんに全部話しちゃった。優くん(山田涼介)が黒沢さんに出資をたのんだこと」と言い、謝罪した。

高田優(山田涼介)は「大丈夫ですよ。どうせすぐに分かったことだし。それに兄貴はちゃんと分かってると思いますよ。梓さん(倉科カナ)が兄貴の事を思って全部話したんだって」とフォローした。

すると、矢作梓(倉科カナ)は「話さずには、いられなかったの。何も知らないで浮かれている彼が、何か悲しく見えて。それだけじゃないの。どこかで私、優くん(山田涼介)が頑張ったことを誰も知らないのを許せなかったの」と打ち明けた。

その日の夜、高田貴行(高嶋政伸)は「黒沢さんに、あんな事を言ってしまったが、隆一(桐谷健太)の判断を尊重したい。だから姉さんには礼を言っときます」と言い、姉・高田桃子(南果歩)に頭を下げた。

しかし、高田貴行(高嶋政伸)は、結婚相手としては黒沢幸助を信用していないのだという。

すると、高田桃子(南果歩)は、黒沢幸助は高田隆一(桐谷健太)に出資したのではなく、高田優(山田涼介)に100億円を出資したのだと教えて立ち去った。

それを聞いた高田貴行(高嶋政伸)は、「優(山田涼介)なんですか?まさか」と驚いた。

その後、父・高田貴行(高嶋政伸)は帰宅した高田優(山田涼介)に「お前が黒沢に出資を頼んだのか?なぜ黒沢に頼んだ。怪しいとは思わなかったのか?」と尋ねた。

高田優(山田涼介)は「確かに怪しいなと。でも、ほかに100億を作る方法がありましたか?今リスクを背負わなければ、バンコクの事業が成功しないと思ったんです。そうしなければ、兄貴がもどってこない。兄貴が戻ってこなければ、高田に未来はありません」と答えた。

それを聞いた父・高田貴行(高嶋政伸)は、会長・高田宗一郎(平幹二朗)の「リスクを避け続ける経営者には未来は無い」と言う言葉を思い出した。

翌日、父・高田貴行(高嶋政伸)は、重要なクライアントとの会食に高田優(山田涼介)を連れて行った。

高田優(山田涼介)はクライアントに気に入られたようだったので、父・高田貴行(高嶋政伸)は高田優(山田涼介)にクライアントから引き受けた国内リゾート開発を任せることにした。

翌日、父・高田貴行(高嶋政伸)が役員会議で、高田総合地所の運命を左右する重要なリゾート開発の責任者に高田優(山田涼介)を抜擢した。

高田隆一(桐谷健太)は役員会議が終わると、慌てて父・高田貴行(高嶋政伸)に「優(山田涼介)に任せるのは早い」と反対したが、父・高田貴行(高嶋政伸)は「お前は働き過ぎだ。この案件は優(山田涼介)に任せる。バンコク開発はこれからだ。お前はそっちに専念してくれ。梓さん(倉科カナ)との結婚もある」と言って取り合わなかった。

一方、高田優(山田涼介)は矢作梓(倉科カナ)にリゾート開発プロジェクトチーム入りを頼むと、矢作梓(倉科カナ)は大喜びで承諾した。

こうして、高田優(山田涼介)を責任者、団衛(木下ほうか)を本部長とするリゾート開発プロジェクトチームが組まれ、プロジェクトが始動した。

さて、結婚の準備を進める高田隆一(桐谷健太)は、矢作梓(倉科カナ)に「結婚して家庭に入って欲しい。今すぐにでも」と頼んだ。

矢作梓(倉科カナ)は「今すぐって、辞令が出たばかりだし」と驚くと、
高田隆一(桐谷健太)は「俺から父さんに言うよ。外してくれって。そもそも、俺はあのプロジェクトに無理があると思ってる。バンコク都市開発とは違う。将来性が不透明だし。なにより、優(山田涼介)には、まだ早いと思う。残念ながら、優(山田涼介)にはリーダーとしての資質が無い」と告げた

矢作梓(倉科カナ)は「そんなことはない。私はあの仕事がやってみたいの。都市開発の仕事がしたくて高田総合地所に入ったの。だから仕事を辞めろなんて言わないで。それにバンコクの件だって、優くん(山田涼介)が居たから…」と告げた。

すると、高田隆一(桐谷健太)は「本当はどっちなんだ。このプロジェクトに拘るのは、家庭に入りたくないからか?それとも、優(山田涼介)と一緒に居たいからか?」と告げた。

それを聞いた矢作梓(倉科カナ)は、「何を言ってるの?」と驚き、困惑した。

その日の夜、矢作梓(倉科カナ)は会社を訪れ、夜遅くまで1人で会社に残って働いて高田優(山田涼介)を背後から抱きしめたのだった。

カインとアベル-第6話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク