砂の塔-知りすぎた隣人-第6話のあらすじとネタバレ

田中直樹が出演するTBSのドラマ「砂の塔-知りすぎた隣人」の第6話「隣人は夫の元恋人!夫婦の信頼を崩す完璧計画」のあらすじとネタバレです。

第5話のアラスジトネタバレは「砂の塔-知りすぎた隣人-第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■砂の塔-知りすぎた隣人-第6話のあらすじとネタバレ

ある日、帰宅した高野健一(田中直樹)は、高野亜紀(菅野美穂)から「月曜日の学校の先生との面談、来てくれるよね?」と言われる。

高野健一(田中直樹)は「平日は会社が」と断るが、高野亜紀(菅野美穂)から「和樹(佐野勇斗)の事が大事じゃ無いの?」と言われて、渋々ながら承諾する。

翌日、高野健一(田中直樹)は阿相武文(津田寛治)に「月曜は休みたい」と頼んだが、阿相武文(津田寛治)は「ダメ、ダメ。婚活パーティーの事は君に任せたんだ。俺は健ちゃん(田中直樹)の事を信頼しているから、アレも任せたんだぜ。お互い上手くやろうよ。俺、健ちゃんところの家族には幸せで居て欲しいからさ」と、脅すような口調で答えた。

さて、高野健一(田中直樹)は、佐々木弓子(松嶋菜々子)から電話でバーに呼び出され、バーで佐々木弓子(松嶋菜々子)と会っていた。

一方、刑事・荒又秀美(光石研)は、体操コーチ生方航平(岩田剛典)から事情を訊き、佐々木弓子(松嶋菜々子)の近況を知る。

他方、体操教室のコーチ・生方航平(岩田剛典)は、佐々木弓子(松嶋菜々子)を怪しんで尾行していた。

その日の夜、高野亜紀(菅野美穂)は高野健一(田中直樹)のワイシャツに付いた口紅を見つけて困惑する。

翌日、体操教室で紅葉狩りイベントのパンフレットを配っており、高野ソラ(稲垣来泉)は「紅葉狩りって何?」と尋ねると、高野亜紀(菅野美穂)は「山に行って紅葉を見たり、ドングリを拾ったりするんだよ」と教えた。

高野ソラ(稲垣来泉)が「ソラ行ってみたい」と言うと、高野亜紀(菅野美穂)は「じゃー、パパとお兄ちゃんも誘うか」と言い、紅葉狩りの思い出を話した。

高野亜紀(菅野美穂)は、結婚前、高野健一(田中直樹)と同じ会社で働いており、会社のイベントで紅葉狩りに行ったのだが、歩くのが遅くてみんなから遅れて歩いていた。

そのとき、もう1人、歩くのが遅かった人が居た。それが、高野健一(田中直樹)で、高野亜紀(菅野美穂)は「かっこ悪い人だ」と思った。

しかし、高野亜紀(菅野美穂)は、そのうち、高野健一(田中直樹)が自分に合わせて歩いているのだと悟り、「ママはパパとなら言い家族になれるかも」と思ったのだという。

その日の夜、高野健一(田中直樹)は阿相武文(津田寛治)に連れられてクラブを訪れ、クラブのママを紹介しれるが、そのママがなんと、佐々木弓子(松嶋菜々子)だった。

高野健一(田中直樹)が「この仕事、まだ続けてたのか?」と驚くと、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「生きていくためにはこれしか無かったから。そんな目で見ないでよ。幸せよ、私。一人で居る事にも慣れたし」と答えた。

一方、体操教室のコーチ・生方航平(岩田剛典)は、クラブの前で佐々木弓子(松嶋菜々子)を見張っていたが、ボーイに捕まってしまう。

佐々木弓子(松嶋菜々子)が「店の前でウロウロしてたのは貴方だったの。また警察に通報されたい?」と呆れると、生方航平(岩田剛典)は「呼ばれて困るのはそっちじゃないんですか?荒又警部(光石研)に会いました。なんで警察に目を付けられてるんですか?」と言い返した。

その日の夜、帰宅した高野健一(田中直樹)が「月曜はやっぱり行けない」と告げると、高野亜紀(菅野美穂)はワイシャツに付いた口紅を思い出して「本当に仕事なの?」とい怪しんだ。

高野健一(田中直樹)は「仕事以外に何があるんだよ」と答えた。

翌日、高野亜紀(菅野美穂)がタワーマンション前の広場で高野ソラ(稲垣来泉)を遊ばせていると、佐々木弓子(松嶋菜々子)がやってきた。

佐々木弓子(松嶋菜々子)は「この前はきついことを言ってごめんなさい。白状するとね、貴女に嫉妬してたの。貴女が幸せそうだったから。実はウチの主人、かなり前から女が居るの。今はその人とニューヨークで暮らしてる。気付いた切っ掛けはね、主人のシャツに口紅が付いてたことなの。最初は意味が分からなかったわ。でも、だんだん、相手の女がわざと残してることに気付いたの。妻へのメッセージだって」と話した。

ワイシャツの口紅を思い出して不安になった高野亜紀(菅野美穂)は「他人事に思えなくて。そうだ、よかったら、一緒にお食事しませんか?今夜とか」と誘うと、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「じゃー、ウチに来ない?」と誘った。

その後、高野亜紀(菅野美穂)は高野健一(田中直樹)に電話して「今夜、ワターマンションの友達の家で食事をする事になった。真上の部屋の人」と報告すると、高野健一(田中直樹)は「分かった。行くよ」と答えた。

その日の夜、高野亜紀(菅野美穂)は佐々木弓子(松嶋菜々子)の部屋を訪れて料理の準備を手伝った。

佐々木弓子(松嶋菜々子)が「ご主人はどんな人?」と尋ねると、高野亜紀(菅野美穂)は「昔、山岳部だったんですよ」と答えた。

佐々木弓子(松嶋菜々子)は「偶然ね、私が学生時代に好きだった人も山岳部だったの。このまえ、久しぶりにその人にあって、なんだかときめいちゃった」と話した。

そこへ、仕事から帰宅した高野健一(田中直樹)が佐々木弓子(松嶋菜々子)の部屋を尋ねてくる。

佐々木弓子(松嶋菜々子)は、佐々木弓子(松嶋菜々子)を見て動揺するが、佐々木弓子(松嶋菜々子)は素知らぬ顔で対応した。

そこへ、もう1人、誰かが尋ねてきた。佐々木弓子(松嶋菜々子)は「実はね、サプライズでもう1人呼んでるの」と言い、玄関を開けると、体操教室のコーチ・生方航平(岩田剛典)が立っていた。

生方航平(岩田剛典)は、部屋に入ると、高野亜紀(菅野美穂)が居たので、「どういうことですか?」と動揺する。

佐々木弓子(松嶋菜々子)は生方航平(岩田剛典)に「この方は亜紀さん(菅野美穂)の旦那さん」と言って高野健一(田中直樹)を紹介すると、生方航平(岩田剛典)は高野健一(田中直樹)に見覚えがあり、不思議そうに見つめた。

生方航平(岩田剛典)は、佐々木弓子(松嶋菜々子)のクラブを張り込んでいたとき、高野健一(田中直樹)を目撃していたのだ。

高野健一(田中直樹)が「初めてですよね?」と尋ねると、生方航平(岩田剛典)は我に返り、「はい。生方です」と自己紹介した。

高野健一(田中直樹)が「もしかして、ママのご近所だったていう?」と尋ねると、高野亜紀(菅野美穂)は慌てて「そう、今はソラ(稲垣来泉)の体操教室のコーチで」と説明した。

高野健一(田中直樹)が「でもママ、昔の知り合いとは、なるべく会いたくないって?」と不思議がると、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「仲が良いんですよ。前にも亜紀さん(菅野美穂)のお宅で会ったわよね」と教えた。

高野健一(田中直樹)が「ウチで?ウチに来たの?そんなの聞いてないんだけど」と驚くと、高野亜紀(菅野美穂)は動揺しながら「1度だけよ。言う必要は無いでしょ。ソラ(稲垣来泉)のコーチなんだから」と釈明した。

なにやら気まずい空気が流れ、4人は目線でお互いの思惑を探り合っていると、生方航平(岩田剛典)は「俺は帰ります」と言って部屋を出た。

高野亜紀(菅野美穂)は気になったので生方航平(岩田剛典)を追いかけると、生方航平(岩田剛典)は高野亜紀(菅野美穂)に「佐々木弓子(松嶋菜々子)は亜紀さん(菅野美穂)の家族を混乱させるために、わざと俺を呼んだんです。俺、ちょっと彼女について調べたんです。亜紀さん(菅野美穂)、彼女に近づいちゃダメだ。佐々木弓子(松嶋菜々子)は、亜紀さん(菅野美穂)の家の真上の部屋をわざわざ高い値段で手に入れている。ニューヨークに居るっていう夫の話も嘘。本当は銀座のクラブで働いている。銀座のクラブの前でご主人と一緒に居る所を見ました」と話した、

生方航平(岩田剛典)は「見間違いじゃない」と断言したが、動揺した高野亜紀(菅野美穂)は「見間違いよ。私、戻らなきゃ」と言い、佐々木弓子(松嶋菜々子)の自宅へと戻った。

高野亜紀(菅野美穂)が佐々木弓子(松嶋菜々子)の自宅へと戻ると、高野健一(田中直樹)が佐々木弓子(松嶋菜々子)に「こういうのは、困るよ。弓子(松嶋菜々子)。亜紀(菅野美穂)は何も知らないんだから」と言っていた。

それを聞いた高野亜紀(菅野美穂)は「どういうこと?今、弓子(松嶋菜々子)って呼んだわよね?」と驚いた。

食事会は中止となり、自宅に戻った高野亜紀(菅野美穂)が高野健一(田中直樹)に「どういう関係?」と詰め寄ると、高野健一(田中直樹)は「同級生だよ。それに、阿相社長(津田寛治)の行きつけのクラブのママ」と教えた。

高野亜紀(菅野美穂)は「それだけ?ストーカーみたいにウチの真上に引っ越してきたって」と尋ねる。

高野健一(田中直樹)は「考えすぎだよ。弓子(松嶋菜々子)はそんな…」と釈明したが、高野亜紀(菅野美穂)は「弓子(松嶋菜々子)って言わないで」と吐き捨てた。

さらに、高野亜紀(菅野美穂)は「口紅は?シャツに付いてた」と追及したが、高野健一(田中直樹)は「知らないよ」と釈明した。

そこへ、長男・高野和樹(佐野勇斗)が帰宅したため、夫婦げんかは中断した。

砂の塔-知りすぎた隣人-第6話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する