カルテット-原作とあらすじとネタバレ

松たか子が主演するTBSの火曜9時枠のドラマ「カルテット」の原作とあらすじとネタバレです。

■カルテット-原作と主題歌

カルテットの原作と主題歌
主題歌 未定
原作 坂元裕二のオリジナル脚本
放送局枠 TBSの火曜日の夜9時枠
放送開始日 2017年1月

原作は無く、坂元裕二が脚本を手がける。坂元裕二の代表作は「東京ラブストーリー」で、これまでにフジテレビの「それでも、生きてゆく」や日本テレビの「Woman」などを手がけている。

演出はTBSのドラマ「重版出来!」「逃げるは恥だが役に立つ」などの演出を手がけた土井裕泰が務める。

■カルテット-あらすじとネタバレ

巻真紀(松たか子)、世吹すずめ(満島ひかり)、家森諭高(高橋一生)、別府司(松田龍平)の演奏家4人は、夢に破れて下り坂を歩んでいた。

そんな4人が偶然に出会い、カルテット(四重奏)を組み、一冬の間、軽井沢で共同生活を送ることにした。

しかし、4人が出会ったのは、偶然などではなく、その裏にはある秘密が隠されていたのであった…。

スポンサードリンク

コメントを投稿する