砂の塔-知りすぎた隣人-第9話のあらすじとネタバレ

田中直樹が出演するTBSのドラマ「砂の塔-知りすぎた隣人」の第9話のあらすじとネタバレです。

第8話のあらすじとネタバレは「砂の塔-知りすぎた隣人-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■砂の塔-知りすぎた隣人-第9話のあらすじとネタバレ

高野健一(田中直樹)は高野亜紀(菅野美穂)に「全部、全て話すよ。弓子(松嶋菜々子)と何があったのか。弓子(松嶋菜々子)は、和樹(佐野勇斗)の母親は、元殺人犯なんだ」と打ち明けた。

そこへ、阿相武文(津田寛治)から電話がかかってきたため、話は中断する。

阿相武文(津田寛治)は高野健一(田中直樹)に「不味いことになった。副業の件、誰に何を聞かれても、何も言うなよ」と言い、一方的に電話を切った。

その日の夜、捜査令状と逮捕状を持った警察が、タワーマンション50階にある阿相寛子(横山めぐみ)の自宅を訪れた。

阿相武文(津田寛治)は不在で、警察は家宅捜索した。阿相寛子(横山めぐみ)は、訳が分からずに動揺する。

時を同じくして、タワーマンション25階にある高野亜紀(菅野美穂)の自宅にも警察がやってきた。

高野健一(田中直樹)は動揺するが、警察は逮捕状は持っておらず、阿相武文(津田寛治)の事で任意で話を聞きたいと言うことだった。

何も知らない高野亜紀(菅野美穂)は「パパ、何なの?」と心配するが、高野健一(田中直樹)は「大丈夫だ。捕まるようなことはしていない。何かあったら、警視庁の荒又刑事(光石研)を尋ねるんだ。必ず助けになってくれる。子供達の子と頼んだぞ」と言い残し、警察の求めに応じて家を出た。

高野和樹(佐野勇斗)は自宅に帰ってこず、不安になった高野亜紀(菅野美穂)は何度も電話したが、留守番電話ばかりで、電話は繋がらなかった。

高野ソラ(稲垣来泉)が「お兄ちゃんは?」と尋ねると、高野亜紀(菅野美穂)は「大丈夫、絶対に帰ってくるから」と言い、高野ソラ(稲垣来泉)を抱きしめた。

その後、高野亜紀(菅野美穂)が1人で心配していると、高野和樹(佐野勇斗)から電話がかかってきた。

高野和樹(佐野勇斗)は「札幌のホテルに居る。佐々木弓子さん(松嶋菜々子)と一緒に居る。明日、俺の生まれた家に行く。本当の母親に会わせてもらう。その後のことは明日、決めるから」と告げて電話を切った。

そのころ、体操教室をクビになった生方航平(岩田剛典)は、駅に入ろうとしていたが、誰かからの電話を掛けて引き返した。

翌朝、橋口梨乃(堀内敬子)は「逮捕はまだみたい」と言い、ママ友グループに阿相武文(津田寛治)の事を話していた。

そこへ、阿相寛子(横山めぐみ)が通りかかると、橋口梨乃(堀内敬子)は「信じられない。このタワーマンションに犯罪者が住んでいたなんて」と吐き捨てた。

さて、山の中で保護されたハーメルン事件の4人目の被害者・前田千晶は、「犯人に車で連れ去られた後、山中で迷子に鳴り、数日間、山中を彷徨った」と証言していた。

警察は、4人目の被害者・前田千晶の証言を元に、半径10kmを捜索していたが、何も手がかりは得られていなかった。

4人目の被害者・前田千晶は、犯人が吹いていた口笛を覚えており、その口笛については、警察が調べている最中だった。

さて、高野亜紀(菅野美穂)は高野健一(田中直樹)に言われた通り、警視庁の刑事・荒又秀美(光石研)の元を訪れ、高野健一(田中直樹)の事を相談した。

すると、刑事・荒又秀美(光石研)は「ご主人は阿相武文(津田寛治)の犯罪に巻き込まれただけ。今日中にでも家に戻れると思います。まさか、貴女のご主人が、14年前の事件の高野健一(田中直樹)だったとは」と話した。

高野亜紀(菅野美穂)は「その事件について、教えて頂けませんか?息子を取り戻したいんです。息子は今、佐々木弓子(松嶋菜々子)と暮らそうとしているんです。確かに私は彼女に責められても仕方がありません、息子が虐められているのに気付かなかった。でも、彼女は一度、和樹(佐野勇斗)を捨ててるんですよ。それを今更、取り返そうだなんて、身勝手すぎませんか」と尋ねた。

刑事・荒又秀美(光石研)は「確かに身勝手に思えるかもしれませんね。何も知らなければ…。分かりました、全てをお話しします」と言い、14年前に起きた事件の真相を話し始めた。

彼女(松嶋菜々子)が殺人を犯したのは、14年前のことです。事件現場となったのは、高野健一(田中直樹)と佐々木弓子(松嶋菜々子)が暮らしていた北海道の自宅です。

そのころ、たまたま研修で北海道警に居た私(光石研)が事件を担当しました。

弓子(松嶋菜々子)は元々、こちら(東京)の生まれです。弓子(松嶋菜々子)の母親は厳格というか、過干渉というか、今で言う毒親みたいなものです。

それで、彼女(松嶋菜々子)は高校時代に家を飛び出し、アルバイトで自活しながら都内の大学に通った。

だが、そこで出会った健一さん(田中直樹)には、何のアルバイトか言えなかったそうです。

ホステスをしていたからです。結婚を機に辞めたようですがね。

しかし、客の1人にたちの悪い男が居て、ホステスを辞めてからもシツコク言い寄ってきた。今で言うストーカーです。

やがて、和樹君(佐野勇斗)が生まれ、弓子(松嶋菜々子)は健一さん(田中直樹)の赴任先の北海道に移り住みました。

しかし、そこにもストーカーが付いてきた。

弓子(松嶋菜々子)は健一さん(田中直樹)に相談できずに警察に通報した。当時は法律も整っていなかった。警察がモタモタしている間に、クリスマスイブの夕方、ついに事件が起きた。

ご主人(田中直樹)が和樹君(佐野勇斗)を連れて散歩に出ている隙を狙い、男は自宅に押し入り、彼女に襲いかかった。

お前を殺した後は、子供も殺す。男はそう叫んだそうです。

包丁を持った男は、風呂場へと逃げ込んだ佐々木弓子(松嶋菜々子)に包丁を振り下ろしたが、佐々木弓子(松嶋菜々子)は身をかわした。

そして、佐々木弓子(松嶋菜々子)は男が落とした包丁を拾い上げ、男に振り下ろしたのだった。

おかしなもんで、そのとき、彼女(松嶋菜々子)の頭の中には、こんなことしか無かった。和樹(佐野勇斗)がもうすぐ帰ってくる。あの子に怖い思いをさせちゃいけない。

彼女(松嶋菜々子)は、ただそれだけのために、遺体を裏庭に運び出し、必死に風呂場を磨いた。

裁判では正当防衛が主張されましたが、下された判決は過剰防衛による殺人罪。懲役2年の実刑判決。

佐々木弓子(松嶋菜々子)は「あの子を殺人犯の息子にしたくない。私のせいで和樹の将来を奪うわけには行かない」と言い、高野健一(田中直樹)に離婚を申し出た。

高野健一(田中直樹)は離婚をする必要は無いと言ったが、佐々木弓子(松嶋菜々子)の決意は堅く、高野健一(田中直樹)は折れるしか無かった。

それが14年前の事件の真相だった。

全てを話した刑事・荒又秀美(光石研)は「もちろん、彼女(松嶋菜々子)のやったことは犯罪です。でも、あのままだと、いつストーカが和樹君(佐野勇斗)に危害を加えてもおかしくなかった。つまり、弓子(松嶋菜々子)は自分の人生を捨ててまでも、和樹君(佐野勇斗)を守った」と話した。

そして、荒又秀美(光石研)は「すみません、実は私も息子を亡くしてまして。彼女の肩を持ちたくなってしまう」と謝った。

一方、高野和樹(佐野勇斗)は、佐々木弓子(松嶋菜々子)に連れられて北海道の空き家を訪れていた。高野和樹(佐野勇斗)はこの家に2歳まで住んでいたのだという。

高野和樹(佐野勇斗)が「佐々木さんは、母とは古い友人なんですよね?なぜ母は、今になって僕と会う気になったんでしょうか?」と尋ねると、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「いままでは迷ってたんですって。貴方を手放した理由を話したら、貴方の負担になるんじゃないかって。でも彼女、決めたんですって。貴方ならきっと、事実を受け入れられるはずだからって」と話した。

高野和樹(佐野勇斗)が「母は僕を知ってるんですか?」と驚くと、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「遠くから見守ってたのよ」と教えた。

高野和樹(佐野勇斗)が「母に会わせてください」と頼むと、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「いいわ。でも、その前に約束して欲しい事があるの。亜紀さん(菅野美穂)とは二度と会わないって約束できる?」と尋ねた。

さて、高野亜紀(菅野美穂)が自宅に戻ると、母・三田久美(烏丸せつこ)が来ていた。

高野亜紀(菅野美穂)が14年前の事件の真相を話すと、母・三田久美(烏丸せつこ)は「そんな事件があったんだ。弓子さん(松嶋菜々子)のこと、段々、憎めなくなってきてるんじゃないの?もし、和樹の幸せを願うなら、一端、その人に和樹を預けてみるのも手じゃないの?」と話した。

高野亜紀(菅野美穂)が「和樹を手放せってこと?」と驚くと、母・三田久美(烏丸せつこ)は「今だから言うけどさ、アンタを置いて家を出ていったとき、男と逃げたっていうのは嘘なのさ。そういうことにしとかないと、残されたアンタは踏ん切りが付かないでしょ?あの後さ、借金取りに散々、追われて、アンタを巻き込まなくて良かったと思った。離れて暮らして正解だと思った。一緒に暮らすだけが正解じゃ無いと思う。何が一番、和樹の幸せになるか、よく考えて答えを出しな」と話した。

一方、高野和樹(佐野勇斗)が「本当ですか?これきり、東京の家族にあっちゃいけないって」と尋ねると、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「本当のお母さんに会いたいんでしょ?」と尋ね返した。

高野和樹(佐野勇斗)が「会いたいです」と答えると、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「彼女は、それなりの覚悟で、全てを話そうと思ってる。貴方も同じ覚悟がないと」と告げた。

すると、高野和樹(佐野勇斗)は「分かりました」と言い決断した。

砂の塔-知りすぎた隣人-第9話のあらすじとネタバレ後半-佐々木弓子(松嶋菜々子)の殺人事件の真相」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する