突然ですが、明日結婚します-4巻・5巻・6巻のあらすじとネタバレ

宮園いづみの原作漫画「突然ですが、明日結婚します」の第4巻・第5巻・第6巻のあらすじとネタバレです。

第1巻から第3巻までのあらすじとネタバレは「突然ですが、明日結婚します-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■突然ですが、明日結婚します-4巻のあらすじとネタバレ

高梨アスカは名波竜を愛していると再認識し、ライバル銀行の神谷暁人からのプロポーズを断ったが、神谷暁人から「気づいたときには35歳。結婚できない。10年後に待っているのは後悔だ」と指摘されて動揺してしまう。

しかし、高梨アスカは「名波竜だから結婚したいのだ」と気づき、神谷暁人に「彼と結婚したいです。でも、彼が幸せじゃないと意味が無い。だから諦めない」と告げた。

ところが、プロポーズを断られた神谷暁人は、ますます、高梨アスカを気に入り、手に入れたくなったのであった。

ある日、高梨アスカの体の至る所を愛撫していた名波竜は、高梨アスカの異変を察知する。名波竜は怪しいと思うようになり、日増しに不安を募らせていった。

しかし、高梨アスカが挙動不審だった理由は、名波竜が体中を触り、気にしているお腹をプニュプニュするからだった。

高梨アスカが勇気を出して、お腹プニュプニュ禁止令を出すと、不安を募らせていた名波竜は爆笑して、高梨アスカとの愛を深めていくのだった。

ところが、高梨アスカは名波竜と一緒に居るところを、通行人にスマホで撮影され、週刊誌がそれを大きく報じた。

高梨アスカの顔はハッキリと写っていなかったため、高梨アスカの元にマスコミが殺到するという事は無かったが、世間では「名波竜の彼女は誰だ」と噂になっていた。

高梨アスカが彼女だとバレてしまうと双方の仕事に影響が出るため、高梨アスカと名波竜は、しばらく、会わずに大人しくしている事にした。

そのようななか、名波竜が司会を務める音楽番組が始まる。司会のパートナーは、名波竜の不倫相手だった女優・桜邑子である。

何も知らされていなかった高梨アスカは、街頭テレビで音楽番組を観て、名波竜のパートナーが女優・桜邑子なのを知り、激しく動揺し、思わず、名波竜の名前を呼んでしまった。

このため、一緒に居た神谷暁人は、高梨アスカの彼氏が名波竜だと気付いた。

■突然ですが、明日結婚します-第5巻のあらすじとネタバレ

ライバル銀行の神谷暁人に、高梨アスカと名波竜が交際している事を知られてしまった。

名波竜は、神谷暁人が高梨アスカにプロポーズしたことを知っていたので、直接、会って釘を刺したが、反対に神谷暁人から「結婚はしないが、手放しもしない。彼女がどんな思いでいる」と言われ、動揺する。

危機感を覚えた名波竜は、自宅に戻ると、高梨アスカに「神谷暁人は手強い。仕事以外では絶対に会うな」と命じた。

ある日、高梨アスカは、仕事で神谷暁人と一緒になる。

帰りは酷い雨となり、半ば強引に神谷暁人のタクシーに誘われたので、高梨アスカは断ったが、神谷暁人は引かずにタクシーに誘った。

高梨アスカは、周りに同業者が大勢、居るので、断り続けるのもおかしいと思い、神谷暁人のタクシーに乗り、自宅まで送ってもらった。

ところが、高梨アスカは、降りるときに無理矢理、神谷暁人にキスされてしまった。高梨アスカは「止めてください。二度としないでください」と厳しく注意する。

その日の夜、高梨アスカはお風呂場で名波竜と愛を確かめ合い、名波竜でなければならないと再認識するが、なぜか神谷暁人の事を思い出してしまう。

翌日、高梨アスカは神谷暁人を呼び出し、「プライベートでは二度と会わない。彼が好きなの」と宣言したが、神谷暁人は気にせず、「名波竜と交際している事をバラされたくなければ、デートに付き合え」と脅した。

高梨アスカは仕方なく、映画を観に行き、自分勝手な神谷暁人に怒りを覚えるが、思い出して怒る度に、頭の中に神谷暁人が現れるようになってしまう。

高梨アスカと神谷暁人がプライベートで会ったことを知った名波竜は、高梨アスカを京都旅行へと誘い、そこで「お守り」だと言って指輪をプレゼントし、高梨アスカの右手薬指にはめた。

すると、高梨アスカは喜び、ますます名波竜に対する愛を深めていった。

しかし、ある日、高梨アスカが仕事で神谷暁人と会うと、神谷暁人に「好きな人と結婚したいのなら、僕を好き成ればいい」と言われ、「神谷を好きになれば利害が一致する?」と混乱してしまうのであった。

■突然ですが、明日結婚します-6巻のあらすじとネタバレ

ある日、実家に戻った高梨アスカが母に専業主婦の夢を話すと、母から「仕事は楽しいじゃない。私は結婚後も仕事を続ける気でいたわよ」と言われて驚く。

母は、大切な家族が増える度に考え方が変わっていったと言い、「アスカも大切な人が増えていって、きっとそうなるかな」と話した。

そのとき、ライバル銀行の神谷暁人が高梨アスカの実家にやってくる。

実は、高梨アスカの父と神谷暁人が仕事上の付き合いがあり、父が神谷暁人を自宅に招いたのだ。

高梨アスカの弟・高梨奏(かなで)の加わり、久しぶりの団欒を過ごし、高梨アスカは神谷暁人との時間を「楽しい」と思ってしまうのであった。

さらに、シスコンの弟・高梨奏は、高梨アスカがアナウンサー名波竜と付き合っている事を知ると、「姉ちゃんには神谷暁人の方が似合ってる」と言い、神谷暁人を推した。

家族を取り込んで、外堀を埋めようとする神谷暁人の動きに、警戒を強めた名波竜は、居候していた小野弘紀(男性)の部屋を完全に引き払い、高梨アスカの部屋で同棲することにした。

すると、高梨アスカは、今の部屋では名波竜の仕事部屋が作れないので、これを機に、今の部屋を引っ越して新たに部屋を借りる事を提案した。

こうして、2人は部屋探しを始め、手頃な部屋を見つけて引っ越したのだが、なぜか、引っ越し先のマンションで神谷暁人と出くわしてしまう。

なんと、高梨アスカと名波竜は、神谷暁人と同じマンションに引っ越してしまったのである。

驚いた名波竜は、高梨アスカに近づかないよう、神谷暁人に釘を刺したが、高梨アスカは無視して高梨アスカに近づいたのだった。(6巻終わり)

感想と最終回の予想は「突然ですが、明日結婚します-原作ネタバレ感想文」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する