A LIFE-愛しき人-あらすじとネタバレ後編

松山ケンイチが出演するTBSの医療ドラマ「A LIFE-愛しき人」のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「「A LIFE-愛しき人」の原作とあらすじとネタバレ」からの続きです。

■A LIFE-愛しき人-あらすじとネタバレ後編

接待を終えて病院に戻ってきた井川颯太(松山ケンイチ)は、沖田一光(木村拓哉)と柴田由紀(木村文乃)がプランを完成させて喜び合っているのを見て、ドロドロとした感情を抱いた。

翌日、壇上記念病院はカンファレンスで、院長・壇上虎之助(柄本明)の手術が失敗した件について「これが患者さんだったら、訴えられていた」と言い、コンプライアンスやインフォームドコンセントの重要性を説明していた。

そこへ、沖田一光(木村拓哉)が現れ、院長・壇上虎之助(柄本明)の再オペを提案した。

井川颯太(松山ケンイチ)は「なんでですか?なんで切れるんですか?院長は意識がないんですよ?一回、失敗したんですよ。怖くないんですか」と尋ねた。

羽村圭吾(及川光博)が「どうせダメだから、実験的オペですか?」と呆れると、壇上深冬(竹内結子)も「恩師を良く切れるわね」と吐き捨てた。

誰かが「切らなきゃ、もっと生きられたのに」と告げると、沖田一光(木村拓哉)は「まだ出来るオペがあるんですよ。心尖下行大動脈人工血管吻合術を行います」と告げてオペの説明をしたが、羽村圭吾(及川光博)は「外科部長とした認められない」と答えた。

それを聞いた壇上深冬(竹内結子)は「ちゃんと生きてます。父は今、生きてるんです。さっきから、もう無くなった人のように言われて腹が立ちました。誰よりも自分に腹が立ちました。渡しももう無理だと諦めてましたから。父に叱られます父は眠ってるけど、絶対に諦めてないと思うから。あの日、死ぬつもりなんか全然無くて、オペ室に行ったんです」と告げた。

そして、壇上深冬(竹内結子)が「沖田先生(木村拓哉)、諦めずに方法を探してくださってありがとうございます。大丈夫ですよね?」と尋ねると、沖田一光(木村拓哉)は「絶対に救う」と答えた。

すると、壇上深冬(竹内結子)は「父(柄本明)のオペをお願いします」と言い、頭を下げた。

その後、沖田一光(木村拓哉)は院長・壇上虎之助(柄本明)の手術を成功させた。

院長室のモニターで手術を見ていた壇上深冬(竹内結子)は、手術が終わると、夫・壇上壮大(浅野忠信)の手を放し、手術室へと駆け出した。

すると、発狂した夫・壇上壮大(浅野忠信)は壁を殴り、壁に穴を開けてしまった。

それを病院の顧問弁護士・榊原実梨(菜々緒)に見られてしまったので、夫・壇上壮大(浅野忠信)は「穴は初めから空いていた」と言い、絵画で穴を隠した。

さて、壇上深冬(竹内結子)が手術室から出て来た沖田一光(木村拓哉)に「ありがとう。父を救ってくれて」と礼を言うと、沖田一光(木村拓哉)は「あのとき、シアトルに行って良かったよ」と答えた。

一方、手術で助手に付いていた井川颯太(松山ケンイチ)は、手術の記録を見て「出血量を1桁間違えてる」と言い、オペ看護婦・柴田由紀(木村文乃)に「出血量あってる?」と確認すると、柴田由紀(木村文乃)は「100CCでしょ?合ってる」と答えた。

井川颯太(松山ケンイチ)が「心臓を切ったのに?」と驚くと、オペ看護婦・柴田由紀(木村文乃)は「オペを見てて気付かなかったの?それでも外科医?」と呆れて立ち去った。

その後、井川颯太(松山ケンイチ)が沖田一光(木村拓哉)の部屋に行くと、沖田一光(木村拓哉)はさっきの手術の記録を書いていた。

沖田一光(木村拓哉)は、全ての手術の記録を書き残しており、後で何度も何度も見直して、自分の血や肉にしていくのだという。

井川颯太(松山ケンイチ)が「今まで何件くらいオペされたんですか?」と尋ねると、沖田一光(木村拓哉)は「今日で6364件」と答えた。

井川颯太(松山ケンイチ)が「そんなに切ってるから、どんなオペも怖くないんですか?」と尋ねると、沖田一光(木村拓哉)は「怖いよ。だから何度も検証する。オペは準備で全てが決まるから。何度も何度も検証する。恐れや不安が無くなるまで検証する。怖いって事は準備が足りてないから、オペしちゃダメなんだ」と話した。

井川颯太(松山ケンイチ)が「凄いですね。そんなの誰にも教わったこと無いです」と感服すると、沖田一光(木村拓哉)は「僕も誰かに教わったわけじゃないよ」と答えた。

井川颯太(松山ケンイチ)が沖田一光(木村拓哉)の部屋を出て自分のディスクに戻ると、羽村圭吾(及川光博)が「沖田先生みたいな外科医になっちゃダメだよ。あんな事をやってたら、いつか潰れるから」と教えた。

その後、沖田一光(木村拓哉)が壇上虎之助(柄本明)の病室に様態を観に行くと、壇上虎之助(柄本明)は「戻ってこないか」と勧めたが、沖田一光(木村拓哉)は「壇上先生には感謝してます。でも、少し、向こうでやり残したことがあるんで」と答えた。

その後、柴田由紀(木村文乃)が「シアトルに戻るんですか?」と尋ねると、沖田一光(木村拓哉)は「ええ。まあ」と答えた。

すると、柴田由紀(木村文乃)は「良かった。ここは沖田先生のような人が居る場所じゃないから」と告げた。

沖田一光(木村拓哉)が「柴田さんはどうしてここに?」と尋ねると、柴田由紀(木村文乃)は「他に行くところが無いから」と答えた。

さて、部下が患者の脳のMRI画像を持って、副院長・壇上壮大(浅野忠信)の部屋にやって来た。

部下が「脳外科医の副院長でしたら、何を意味するのかおわかりだと思います」と告げて画像を差し出すと、脳のMRI画像を見た壇上壮大(浅野忠信)は言葉を失い、動揺する。

その後、壇上壮大(浅野忠信)はMRI画像を持って沖田一光(木村拓哉)の元を訪れた。

壇上壮大(浅野忠信)は「ここに腫瘍があるだろ。放っておけば死に至る。だが、場所が場所だから、メスを入れれば死に至る可能性がある。日本でメスを入れられる奴は居ないんだ。お前が切ってくれないか」と頼んだ。

沖田一光(木村拓哉)は「脳は子供しか切ったこと無いし、日本でトップの脳外科医といえば壮大(浅野忠信)だろ」と断った。

壇上壮大(浅野忠信)が「でも、家族のオペは出来ないだろ」と告げると、沖田一光(木村拓哉)は壇上深冬(竹内結子)の顔を思い浮かべて絶句した。

壇上壮大(浅野忠信)が「これは深冬(竹内結子)の画像なんだ。お前が切るしか無い」と告げた。

そして、壇上壮大(浅野忠信)が「本当はどう思ってるんだ。俺と深冬(竹内結子)が結婚してふざけるなと思ってるんじゃないのか?」と尋ねると、沖田一光(木村拓哉)は「思って無いよ」と答えた。

壇上壮大(浅野忠信)は「じゃー、切れるよな?お前しか居ないんだ。切れるよな?」と迫ると、沖田一光(木村拓哉)は厳しい表情で壇上壮大(浅野忠信)を見つめた。

翌日、壇上壮大(浅野忠信)は院長・壇上虎之助(柄本明)に「沖田一光(木村拓哉)がこの病院に残ってくれることになりました」と報告すると、院長・壇上虎之助(柄本明)は喜んだのであった。

A LIFE-愛しき人-第2話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク