A LIFE-愛しき人-第4話のあらすじとネタバレ

浅野忠信が出演するTBSの医療ドラマ「A LIFE-愛しき人」の第4話のあらすじとネタバレです。

このページは「A LIFE-愛しき人-第3話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■A LIFE-愛しき人-第4話のあらすじとネタバレ

副院長・壇上壮大(浅野忠信)が沖田一光(木村拓哉)を呼び出して「まだ、好きなのか?深冬(竹内結子)のこと」と追及すると、沖田一光(木村拓哉)は「本気で言ってるの?あるわけないだろ。もう10年経ってるんだから。彼女(竹内結子)のこと、オペに入れたのは悪かった」と謝った。

壇上壮大(浅野忠信)が帰宅すると、壇上深冬(竹内結子)は手術に加わったことを謝罪し、「私、医者を続けても良いよね?」と尋ねると、壇上壮大(浅野忠信)は「続けたければ、続ければ良い」と答えた。

ある日、片山関東病院との提携を密かに進めていた副院長・壇上壮大(浅野忠信)は、第1外科部長・羽村圭吾(及川光博)に片山関東病院で手術するように頼んだ。

壇上記念病院が羽村圭吾(及川光博)を片山関東病院へ派遣して片山関東病院で手術を行い、その見返りとして、壇上記念病院は片山関東病院から難しい患者をまわしてもらうという提携だった。

ただし、片山関東病院との提携話は、考えの古い院長・壇上虎之助(柄本明)には秘密にされていた。

その後、副院長・壇上壮大(浅野忠信)が羽村圭吾(及川光博)を連れて挨拶に行くが、片山関東病院が求めていたのは、心臓血管外科の沖田一光(木村拓哉)だった。

羽村圭吾(及川光博)は気分を悪くしたが、副院長・壇上壮大(浅野忠信)は「いずれ、羽村先生(及川光博)をここの院長にと思ってる」と教えた。

副院長・壇上壮大(浅野忠信)は、表面上は片山関東病院と対等な業務提携を結ぼうとしていたが、いずれは片山関東病院を飲み込むつもりなのだという。

その後、副院長・壇上壮大(浅野忠信)は壇上記念病院に戻ると、沖田一光(木村拓哉)に片山関東病院で手術するように頼んだ。

副院長・壇上壮大(浅野忠信)は片山関東病院のスタッフ育成のために1人で行って欲しいと頼んだが、沖田一光(木村拓哉)は「難易度が高いオペだから、動ける人が必要だ」と言い、オペナース・柴田由紀(木村文乃)を連れて行くことを条件に引き受けた。

ある日、沖田一光(木村拓哉)はオペナース・柴田由紀(木村文乃)を連れて片山関東病院へ行き、手術に執刀した。

助手に入っていた院長の息子・孝幸がはファバロロという道具を要求したのだが、オペナース・柴田由紀(木村文乃)はこの場合はサテンスキーの方がいいと言い、サテンスキーを渡した。

院長の息子・片山孝幸が「僕に指示するのか?」と激怒したが、沖田一光(木村拓哉)が「僕もサテンスキーの方がいいと思いますよ」と告げると、院長の息子・片山孝幸は何も言わずにサテンスキーを受け取った。

手術後、手術を見学していた井川颯太(松山ケンイチ)は、「柴田さん(木村文乃)は正しい。ナースより、医者になった方が良かったんじゃない?ナースにしとくのはもったいないよ」と褒めるが、柴田由紀(木村文乃)は「簡単に言わないで」と怒って立ち去った。

その後、井川颯太(松山ケンイチ)は沖田一光(木村拓哉)と焼肉へ行き、「オペばっかりして、結婚は考えなかったんですか?」と尋ねると、沖田一光(木村拓哉)は「1度だけだから、結婚を考えたのは」と教えた。

井川颯太(松山ケンイチ)が「どうして結婚しなかったんですか?」と尋ねると、沖田一光(木村拓哉)は「振られたから」と答えた。

翌日、井川颯太(松山ケンイチ)は壇上深冬(竹内結子)に、沖田一光(木村拓哉)と焼肉に行った事を教え、「今の沖田先生(木村拓哉)からは考えられないんですけど、昔、結婚を考えた人が一人だけ居たって」と教えると、壇上深冬(竹内結子)は驚いた。

実は、壇上深冬(竹内結子)も、沖田一光(木村拓哉)も、お互いに「振られた」と思っていたのだ。

一方、片山関東病院は手術成功に満足していたが、副院長・壇上壮大(浅野忠信)に「どうなんでしょう。チームワークを乱すようなスタッフが居る病院との提携というのは」と言い、提携の破棄をチラつかせた。

そこで、壇上壮大(浅野忠信)と羽村圭吾(及川光博)は、片山関東病院で手術を見学していた井川颯太(松山ケンイチ)を呼び出し、手術のことを報告させた。

すると、井川颯太(松山ケンイチ)は「壇上記念病院の技術力を見せつけることが出来た。向こうのレベルの低さを見せつけられた。向こうの片山先生がファバロロを指示したんですが、柴田さん(木村文乃)はサテンスキーを出したんです。もちろん、柴田さん(木村文乃)は間違ったことはしてませんし、沖田先生(木村拓哉)の一言で、結局、サテンスキーを使った。柴田さん(木村文乃)は優秀だ」と鼻高々に話した。

片山関東病院が怒っている原因は、オペナース・柴田由紀(木村文乃)が院長の息子・片山孝幸を怒らせたからだった。

その後、壇上壮大(浅野忠信)と羽村圭吾(及川光博)は、柴田由紀(木村文乃)を呼び出して、「しばらくオペから外れてもらう」と告げた。

柴田由紀(木村文乃)が「沖田先生(木村拓哉)はなんと言ってるんですか?」と尋ねると、壇上壮大(浅野忠信)は「君が主張するようなことは何も」と答えた。

それを聞いた柴田由紀(木村文乃)は失望し、壇上記念病院を辞める事にした。

しかし、壇上壮大(浅野忠信)は沖田一光(木村拓哉)から話など聞いていなかった。

このため、医者に対してコンプレックスを持つ柴田由紀(木村文乃)は、沖田一光(木村拓哉)に「結局、医者は医者を庇う。医者はナースを助手程度にしか見ていない」と不満をぶつけた。

すると、何も事情を知らない沖田一光(木村拓哉)は、怒り、「病院だけじゃなく、ナースも辞めてしまえ」と告げた。

しかし、その後、沖田一光(木村拓哉)は、柴田由紀(木村文乃)が辞める原因は片山関東病院での手術だったことを知り、困惑する。

その後、壇上深冬(竹内結子)は柴田由紀(木村文乃)に「どう考えて向こうが悪い。同じ女として許せないの」と言って引き留めるが、柴田由紀(木村文乃)は「同じじゃ無いです。問題は、女だからじゃなくて、私がナースだからです。深冬先生(竹内結子)は医者だから」と答えた。

それぞれの人の思いがすれ違うなか、井川颯太(松山ケンイチ)は柴田由紀(木村文乃)をドライブに誘った。

井川颯太(松山ケンイチ)は「柴田さんのように出来るナースは居ない。ナースになるために生まれてきた人だ」と褒めるが、柴田由紀(木村文乃)は「成りたくてなったんじゃない。親が医者でも医者になれない人間も居る」と激怒して自分の過去をぶちまけた。

柴田由紀(木村文乃)の実家も病院だったが、1度の手術ミスで訴えられて病院が潰れ、医学部へ行くお金が無いため、しょうがなく、奨学金を借りて看護学校へ行ってナースになったのだという。

柴田由紀(木村文乃)は、自分の過去を明かしたことにより、気分は晴れていった。

一方、副院長・壇上壮大(浅野忠信)は、片山関東病院に柴田由紀(木村文乃)の解雇を報告して関係を改善し、片山関東病院から難しい患者をまわしてもらう事になった。

副院長・壇上壮大(浅野忠信)は、壇上深冬(竹内結子)の手術への肩慣らしとして、片山関東病院から受け入れる患者を沖田一光(木村拓哉)に任せた。

沖田一光(木村拓哉)は手術を引き受けたが、「柴田由紀(木村文乃)の判断は正しかった。難しいオペには絶対に彼女が必要だ。1回の手術で900回の器具の受け渡しがある。1回に1秒の遅れが、トータルで15分の遅れに繋がるんだ。特に脳深部は直接、手が届かない。器具の遅れが命に関わってくるんだ」と言い、柴田由紀(木村文乃)の復帰を条件に出した。

後日、柴田由紀(木村文乃)は壇上記念病院に呼び戻され、沖田一光(木村拓哉)が柴田由紀(木村文乃)に謝罪すると、柴田由紀(木村文乃)は「ナースを認めていなかったのは私自身です。すみませんでした。オペナースとしてどれだけ頑張っても、何かが足りないと感じてたのだと思います」と謝罪した。

沖田一光(木村拓哉)は「僕も学歴コンプレックスで、どれだけオペを頑張っても認められない時期があった。今でも、そうなのかもしれない。自分のことを認めるのは簡単じゃ無い。でも、柴田さんのことは間違いなく認めている。それだけは忘れないで欲しい」と告げた。

その後、沖田一光(木村拓哉)は、オペナースの柴田由紀(木村文乃)入れて手術に執刀し、柴田由紀(木村文乃)の的確によって、沖田一光(木村拓哉)はロスの無い手術を行い、難しい手術を成功させた。

手術後、壇上深冬(竹内結子)は沖田一光(木村拓哉)を屋上に呼び出し、手術成功をねぎらうと、「もう終わった事だから聞くけど、私って、いつ振られたの?本当にいつ振られたのか、分からなかったの。もしかしたら、シアトルに行ったときが、そういうことだったのかなって、色々と考えたんだけど、よく分からないままで」と尋ねた。

自分が振られたと思っている沖田一光(木村拓哉)は困惑して、「ごめん、明日のオペの準備があるから」と言い、何も答えずに立ち去ろうとすると、壇上深冬(竹内結子)は急に意識を失って倒れたのだった。

一方、副院長・壇上壮大(浅野忠信)は片山関東病院を訪れ、「オペナースの柴田由紀(木村文乃)を許して頂けないでしょうか?患者の命を救うためには、どうしても彼女が必要なんです」と頭を下げた。

A LIFE-愛しき人-第5話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク