「陸王」と「こはぜ屋」のモデルは「きねや無敵(MUTEKI)」

池井戸潤の原作小説「陸王」に登場する足袋製造業「こはぜ屋」とマラソン足袋「陸王」のあらすじや実在のモデルのネタバレです。

原作小説「陸王」のあらすじとネタバレは「陸王-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■「陸王」のあらすじとネタバレ

足袋業界の先細りしていくなか、埼玉県行田市にある足袋製造業「こはぜ屋」の社長・宮沢紘一は、ビムラム社の5本足シューズ「フィンガーファイブ」(実在する)を見て新規事業としてランニングシューズの開発の開始を決断する。

すると、「こはぜ屋」の大番頭を務める経理・富島玄三は、先代の時にマラソン足袋「陸王」を製造して、一時期は売れたが、ランニングシューズに取って代わられ、経営が悪化したことを教えて止める。

しかし、社長・宮沢紘一は「陸王」の名前を引き継いで、マラソン足袋の開発に取りかかった。

その後、社長・宮沢紘一は、マラソントレーナーの有村融と出会い、「陸王」についての助言を得る。

そして、顧問・飯山晴之と長男・宮沢大地の努力によって、新素材「シルクレイ」の改良を行い、ランニングシューズの命とも言えるソールの開発に成功した。

さらに、アメリカのシューズ大手「アトランティス」と喧嘩別れしたシューズフィッターの村野尊彦を加え、アトランティスからサポートを打ち切られたダイワ食品・陸上部の茂木裕人をサポートを開始する。

その後、ベンチャー企業「タチバナラッセル」から生地の提供を受けてアッパー素材(足の甲の部分)を改良した「ニュー陸王」が誕生した。

ところが、アトランティスの妨害により、タチバナラッセルから生地の提供を受けられなくなってしまう。

さらに、新素材「シルクレイ」を製造していた機械が故障し、修理不可能となり、「陸王」は生産打ち切りの危機に陥る。

このようななか、「こはぜ屋」は、アメリカのアウトドア系アパレルメーカー「フェリックス」の社長・御園丈治から、「こはぜ屋」を買収したいという提案を受ける。

社長・宮沢紘一は陸王を生産するためには、フェリックスに買収されるしかないと考えたが、顧問・飯山晴之の助言を受けて、フェリックスに業務提携を持ちかけた。

フェリックスはあくまでも買収を主張して業務提携を断ったが、その後、フェリックスは「こはぜ屋」に対して条件付きの融資を持ちかけた。

フェリックスが「こはぜ屋」を子会社に使用と思えば、子会社にできるというリスクのある条件だったが、社長・宮沢紘一はフェリックスの社長・御園丈治を信じて、融資を受け入れ、「陸王」の販売を続けた。

ダイワ食品・陸上部の茂木裕人は「陸王」を履いて、ライバルの毛塚直之に勝った。

アトランティスのサポートを受けていた陸上選手らは、シューズフィッターの村野尊彦を慕って、次々とアトランティスとのサポート契約を解除し、「こはぜ屋」とサポート契約を結び、「陸王」を履いたのであった。

■陸王のモデルは「きねや無敵(MUTEKI)」

原作小説の中に登場するマラソン足袋「陸王」のモデルは、埼玉県行田市佐間にある足袋製造業「きねや足袋株式会社」が発売するランニング足袋「きねや無敵(MUTEKI)」である。

足袋製造業「きねや足袋」は、初代の中澤武男が昭和24年(1949年)に「中澤足袋有限会社」として設立し、昭和27年(1952年)に高級足袋の仕立てを始めた。

そして、昭和39年(1964年)にゴム底の足袋の製造を始め、昭和39年年(1964年)に「きねや足袋株式会社」へと改組した。

平成2年(1990年)に2代目の中澤憲二が社長に就任し、平成25年(2013年)にランニング足袋「きねや無敵(MUTEKI)」を販売した。そして、平成26年(2014年)に3代目の中澤貴之が社長に就任した。

■実在のモデルとの比較

マラソン足袋「陸王」のモデルとなったランニング足袋「きねや無敵(MUTEKI)」は、厚さ5mmの天然ゴムソールを付けた足袋で、他のシューズとは一線を画し、ソールには一切の保護材を使用せず、限りなく裸足に近い感覚で走れるという足袋である。

一方、マラソン足袋「陸王」は、裸足感覚で走るというコンセプトは同じだが、新素材「シルクレイ」を改良してソールを開発している。

■陸王と実在のモデルに隠された秘密

小説「陸王」のモデルは、埼玉県行田市佐間にある足袋製造業「きねや足袋株式会社」が発売するランニング足袋「きねや無敵(MUTEKI)」だが、完全な実在のモデルというわけではない。

あくまでも、原作者の池井戸潤が行田市の「きねや足袋」を取材したという程度のモデルである。

これには裏話があって、原作者の池井戸潤が小説「陸王」を書くために、行田市の「きねや足袋」へ取材にいったところ、偶然にも「きねや足袋」もランニング足袋「きねや無敵(MUTEKI)」という構想を持っていたのである。

実際、原作者の池井戸潤が小説「陸王」の連載を開始したのが、平成25年で、行田市の「きねや足袋」がランニング足袋「きねや無敵(MUTEKI)」を発売したのも平成25年なのである。

だから、池井戸潤が「きねや足袋」を取材したとき、まだランニング足袋「きねや無敵(MUTEKI)」は存在していなかったのである。

原作者の池井戸潤は、小説「陸王」の実在のモデルについて、「モデルがなくても書けるのが作家です」と述べている。

なお、原作小説「陸王」の登場人物の実在のモデル一覧については「陸王の登場人物の実在のモデル一覧のネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する