母になる-原作とあらすじとネタバレ

沢尻エリカが主演する日本テレビの母親ドラマ「母になる」の原作とあらすじとネタバレです。

■母になる-原作と主題歌

母になる-原作と主題歌
主題歌 安室奈美恵の新曲「Just You and I」
原作 原作は無し。水橋文美江のオリジナル脚本
放送局枠 日本テレビの水曜10時枠
放送開始日 2017年4月

ドラマ「母になる」に原作はありません。脚本家・水橋文美江のオリジナル脚本です。

■母になる-あらすじとネタバレ

両親が死んで1人で生きてきた柏崎結衣(沢尻エリカ)は、北海道から上京して、東京の本屋で働き、専門書を注文しに来た柏崎陽一(藤木直人)と出会った。

それから、2人は少しずつ距離を縮めていき、交際に発展し、クリスマスの夜に結ばれた。

やがて、柏崎結衣(沢尻エリカ)は妊娠して、柏崎陽一(藤木直人)と結婚し、柏崎広(こう)という男の子が生まれた。

時を同じくして、柏崎陽一(藤木直人)の上司・西原教授(浅野和之)も西原莉沙子(板谷由夏)と出来ちゃった結婚し、西原繭という娘が生まれた。

柏崎陽一(藤木直人)も大学の非常勤講師から准教授へと出世し、柏崎結衣(沢尻エリカ)は幸せに満ちあふれた結婚生活を送っていた。

それから3年後のある日、柏崎結衣(沢尻エリカ)は幼稚園に長男・柏崎広を迎えに行くのだが、幼稚園で西原莉沙子(板谷由夏)と少し話していた隙に、長男・柏崎広が居なくなってしまった。

付近では幼児連れ去り事件が多発しており、柏崎結衣(沢尻エリカ)は急いで探すが見つからず、警察に通報した。

長男・柏崎広を誘拐した犯人は、柏崎陽一(藤木直人)のゼミの学生・渡良井(吉村界人)だった。

渡良井(吉村界人)は全ての就職に失敗し、柏崎陽一(藤木直人)の研究室に残りたいと思い、柏崎陽一(藤木直人)に「研究室に残りたい」と頼んだのだが、柏崎陽一(藤木直人)は急いでいたので話を聞けなかった。

犯人・渡良井(吉村界人)はそれを恨みに思い、長男・柏崎広を連れ去ったのだが、予想外に大きな事件になり、警察に捕まりそうになってしまったため、長男・柏崎広の居場所を明かさないまま、ビルの屋上から飛び降りてしまった。

その後、川で長男・柏崎広の服と靴が見つかり、警察は川底を調べたが、長男・柏崎広は見つからなかった。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は、それでも生きていると思い、街頭でビラ配りなどをして長男・柏崎広を探したが、手がかりは得られず、結局、この事件が切っ掛けで、柏崎結衣(沢尻エリカ)は柏崎陽一(藤木直人)と離婚することになった。

それから9年後、柏崎結衣(沢尻エリカ)は、児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)からの電話を受け、児童養護施設「汐風園」に長男・柏崎広かもしれない少年(道枝駿佑)が居るという情報を得る。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は直ぐに児童養護施設「汐風園」を訪れて少年に面会。柏崎結衣(沢尻エリカ)は少年(道枝駿佑)を口癖から長男・柏崎広だと確信し、強く抱きしめたのであった。

しかし、長男・柏崎広との間には深い溝があった。長男・柏崎広は7年間、門倉麻子(小池栄子)に育てられており、門倉麻子(小池栄子)の事を母と呼んでいたのだ。

門倉麻子(小池栄子)は幸せを感じていたが、本当の息子ではない事に葛藤を覚えながらも、母親になっていた。

一方、西原莉沙子(板谷由夏)は、普通に自分の子供を育てていたが、「自分は本当に良い母親なのだろうか」「母親とは何だろうか」と苦悩していた。
柏崎結衣(沢尻エリカ)・門倉麻子(小池栄子)・西原莉沙子(板谷由夏)の3人は、母になることに意味について、苦悩しながらも生きていくのであった。

スポンサードリンク

コメントを投稿する