母になる-原作とあらすじとネタバレ

沢尻エリカが主演する日本テレビの母親ドラマ「母になる」の原作とあらすじとネタバレです。

■母になる-原作と主題歌

母になる-原作と主題歌
主題歌 安室奈美恵の新曲「Just You and I」
原作 原作は無し。水橋文美江のオリジナル脚本
放送局枠 日本テレビの水曜10時枠
放送開始日 2017年4月

ドラマ「母になる」に原作はありません。脚本家・水橋文美江のオリジナル脚本です。

■母になる-あらすじとネタバレ

両親が死んで1人で生きてきた柏崎結衣(沢尻エリカ)は、北海道から上京して、東京の本屋で働いていたとき、専門書を注文しに来た柏崎陽一(藤木直人)と出会った。

それから、2人は少しずつ距離を縮めていき、交際に発展し、クリスマスの夜に結ばれた。

やがて、柏崎結衣(沢尻エリカ)は妊娠して、柏崎陽一(藤木直人)と結婚し、柏崎広(こう)という男の子が生まれた。

時を同じくして、柏崎陽一(藤木直人)の上司・西原教授(浅野和之)も西原莉沙子(板谷由夏)と出来ちゃった結婚し、西原繭という娘が生まれた。

やがて、柏崎陽一(藤木直人)は大学の非常勤講師から准教授へと出世し、柏崎結衣(沢尻エリカ)は幸せに満ちあふれた結婚生活を送っていた。

それから3年後のある日、柏崎結衣(沢尻エリカ)は幼稚園に長男・柏崎広を迎えに行くのだが、幼稚園で西原莉沙子(板谷由夏)と少し話していた隙に、長男・柏崎広が居なくなってしまった。

付近では幼児連れ去り事件が多発しており、柏崎結衣(沢尻エリカ)は急いで探すが見つからず、警察に通報した。

さて、長男・柏崎広を誘拐した犯人は、柏崎陽一(藤木直人)のゼミの学生・渡良井(吉村界人)だった。

渡良井(吉村界人)は全ての就職に失敗したため、柏崎陽一(藤木直人)に「研究室に残りたい」と頼んだのだが、柏崎陽一(藤木直人)は急いでいたので話を聞けなかった。

犯人・渡良井(吉村界人)はそれを恨みに思い、長男・柏崎広を連れ去ったのだが、予想外に大きな事件になり、警察に捕まりそうになってしまったため、長男・柏崎広の居場所を明かさないまま、ビルの屋上から飛び降りてしまった。

その後、川で長男・柏崎広の服と靴が見つかり、警察は川底を調べたが、長男・柏崎広は見つからなかった。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は、それでも生きていると思い、街頭でビラ配りなどをして長男・柏崎広を探したが、手がかりは得られず、世間は柏崎結衣(沢尻エリカ)らに同情した。

ところが、犯人の両親が記者会見を開き、土下座で謝罪し、犯人の父親が「2億でも3億でも、要求するのなら、いくらでも払う」と言うと次第に風向きは変わり始めた。

世間は、柏崎結衣(沢尻エリカ)を子供の死を理由に、2億円を手に入れたと噂するようになったのである。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は被害者家族なのに、週刊誌は一転して柏崎結衣(沢尻エリカ)を「育児放棄(ネグレスト)」「出来ちゃった結婚」などと書き立て、悪者扱いをした。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は、それでも、長男・柏崎広が生きている事を願っていたが、柏崎陽一(藤木直人)とのすれ違いもあり、柏崎陽一(藤木直人)と離婚した。

それから9年後、柏崎結衣(沢尻エリカ)は、児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)からの電話を受け、児童養護施設「汐風園」に長男・柏崎広かもしれない少年(道枝駿佑)が居るという情報を得る。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は直ぐに児童養護施設「汐風園」を訪れて少年に面会。柏崎結衣(沢尻エリカ)は少年(道枝駿佑)を口癖から長男・柏崎広だと確信し、強く抱きしめたのであった。

さて、柏崎結衣(沢尻エリカ)は、9年前に長男・柏崎広が行方不明になった事件が原因で、柏崎陽一(藤木直人)と離婚していたが、長男・柏崎広(道枝駿佑)と一緒に暮らすため、柏崎陽一(藤木直人)と「柏崎オート」で同居を開始する。

柏崎陽一(藤木直人)は、9年前の事件の後、准教授を辞めて引きこもっていたが、これを機に「柏崎オート」を再開することにして、長男・柏崎広(道枝駿佑)を迎え入れ、親子3人の生活を開始した。

しかし、長男・柏崎広(道枝駿佑)は児童福祉施設に入るまでの7年間、門倉麻子(小池栄子)と暮らしており、門倉麻子(小池栄子)の事をママと慕っていた。

長男・柏崎広(道枝駿佑)は、最初は非常に素直で、何の抵抗もなく、柏崎結衣(沢尻エリカ)や柏崎陽一(藤木直人)と暮らしていたが、「母親」という存在が理解できずに困惑し、次第にママ・門倉麻子(小池栄子)への思いを強めていき、施設に帰った。

しかし、施設の先輩・ナウ先輩(望月歩)は、最悪で最低な母・田中舞子(伊藤ゆみ)と会うことにより、身をもって長男・柏崎広(道枝駿佑)に「最悪な母親でも母親は母親。家族は作れるが、産んでくれた母親は、世界でたった1人しかいない」と教えた。

こうして、長男・柏崎広(道枝駿佑)は母親という存在について考え、柏崎オートへ帰る事を決意し、再び、柏崎結衣(沢尻エリカ)と柏崎陽一(藤木直人)と暮し始めたのであった。

ところで、柏崎オートを再開するにあたり、井下さなえ(明星真由美)を経理として雇う事になっていたのだが、井下さなえ(明星真由美)が急に熊本へ行って店を出すと言い出したため、新たに経理を探さなければならなかった。

そのようななか、柏崎オートの緒野琴音(高橋メアリージュン)は、井下さなえ(明星真由美)の知り合い門倉麻子(小池栄子)と意気投合する。

門倉麻子(小池栄子)はちょうど仕事を探していたので、緒野琴音(高橋メアリージュン)は門倉麻子(小池栄子)に柏崎里恵(風吹ジュン)を紹介する。

門倉麻子(小池栄子)は、柏崎里恵(風吹ジュン)から「柏崎」「コウ」という名前を聞き、驚いて動揺したが、何かを決意して、柏崎里恵(風吹ジュン)に「ぜひ、柏崎オートで働かせてください」と頼んだ。

こうして、門倉麻子(小池栄子)は、柏崎オートの経理として、柏崎結衣(沢尻エリカ)と柏崎陽一(藤木直人)の前に現れた。

しかし、門倉麻子(小池栄子)は殺人未遂で2年間、刑務所に入っていた事が発覚する。

門倉麻子(小池栄子)は、男性に付きまとわれており、柏崎広(道枝駿佑)に被害が及ぶことを恐れ、柏崎広(道枝駿佑)を施設に預けた後、ナイフで男性を刺したのだ。

男性は全治1ヶ月だったが、ナイフを用意していたことなどから、殺人未遂が適用され、2年間、服役していたのだ。

それを知った柏崎結衣(沢尻エリカ)は「実の母親でもないのに、なぜ、そこまで」と驚き、児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)に「知っている事を全部、教えて欲しい」と頼んだ。

すると、木野愁平(中島裕翔)は、門倉麻子(小池栄子)の過去を明かした。

当時、門倉麻子(小池栄子)は、一流会社に勤務して、彼氏と社内恋愛していたが、その彼氏は重役の娘と結婚することになった。

門倉麻子(小池栄子)は妊娠しており、産みたいと言ったが、彼氏は無言で立ち去った。

門倉麻子(小池栄子)は、これまで2度の中絶手術を受けており、産婦人科医から「これが最後かもしれない」と言われたことから、転職して1人で子供を産んで育てる事にした。

しかし、門倉麻子(小池栄子)はボロアパートの階段から転落して流産してしまった。

その後、門倉麻子(小池栄子)は仕事に復帰してもで、「子供は産んだ方が良い」「門倉は子供を産んだことが亡いからダメだ」などと言われ続けており、プレッシャーを受け続けていた。

そのようななか、門倉麻子(小池栄子)は、空き部屋になっている隣室から子供が泣く声を聞いて隣室を訪れ、3歳の柏崎広を発見したのだ。

そして、門倉麻子(小池栄子)は柏崎広に触れあうことにより、自分がまだ笑えることを知り、柏崎広の母親になることを決めたのだった。

それを聞いた柏崎結衣(沢尻エリカ)は、門倉麻子(小池栄子)を柏崎オートの経理として雇うことを決め、門倉麻子(小池栄子)と「分り合う」と言い、門倉麻子(小池栄子)を昼食に招いたのであった。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は、柏崎陽一(藤木直人)と長男・柏崎広(道枝駿佑)を釣に行かせ、その日の昼食に門倉麻子(小池栄子)を招いた。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は「私はコウの母親として、貴女と揉めたり、争ったりしたくありません」「少しずつ、少しずつ、穏やかな生活を取り戻そうとしている所なんです。だから、心配しないでください。もう、これからは、コウの事は母親の私に任せてください」と話した。

すると、門倉麻子(小池栄子)は、柏崎里恵(風吹ジュン)から事件当時の事を聞いたと言い、「本当に申し訳ありません」と謝罪した。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は謝罪する門倉麻子(小池栄子)を許し、「麻子さん(小池栄子)を責めるつもりはありません。木野さんから、麻子さんの事情を聞きました。色々とやりきれない事があったんですよね。子供が欲しいのに出来なくて、かわいそうに」と話す。

ところが、門倉麻子(小池栄子)は、「子供が欲しいのに出来なくて、かわいそうに」と言われ事に激怒して一転し、「私は、子供が欲しがる物を買い与えたりしないし、子供に媚びたりしない。私の方が母親として相応しい。コウがちゃんと父親と上手くいってるのは、私が躾けたからだ。誰が母親だとしても、コウの中には私が居る。コウの笑顔を作ったのは私」と本音をぶちまけた。

これに激怒した柏崎結衣(沢尻エリカ)は「世間からバッシングされても、母親だから。生きている事だけを願った。母親だから、あの子を産んだ母親だからよ」と発狂して門倉麻子(小池栄子)に掴みかかったのだった。

スポンサードリンク