ひよっこ-牧野鈴子(宮本信子)のあらすじとネタバレ

有村架純が主演するNHKの朝ドラ「ひよっこ」に登場する洋食屋「すずふり亭」の女主人・牧野鈴子(宮本信子)のあらすじとネタバレです。

■牧野鈴子(宮本信子)のあらすじとネタバレ

牧野鈴子(宮本信子)は、東京都赤坂にある洋食屋「すずふり亭」の女主人で、料理長・牧野省吾(佐々木蔵之介)の母親である。

牧野鈴子(宮本信子)は、東京都赤坂に生まれ、赤坂で育ち、父が開いた洋食屋を夫とともに切りもしていたが、空襲で夫と店を失ってしまった。

戦後、牧野鈴子(宮本信子)は焼け野原となった東京で必死に働いて洋食屋「すずふり亭」を再建し、息子・牧野省吾(佐々木蔵之介)とともに頑張っていた。

デミグラスソースが有名な洋食屋「すずふり亭」は、息子・牧野省吾(佐々木蔵之介)が料理長を務め、気軽に食べられる本格的な洋食屋として繁盛していた。

牧野鈴子(宮本信子)は、茨城県から出稼ぎに来た谷田部実(沢村一樹)と親しくしていた事から、谷田部実(沢村一樹)を探しに東京へ出て来た谷田部みね子(有村架純)の面倒を見るようになった。

朝ドラ「ひよっこ」のあらすじとネタバレは「朝ドラ『ひよっこ』-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク