カルテット-最終回のあらすじと結末のネタバレ

松たか子が主演するTBSのドラマ「カルテット」の最終回(第10話)のあらすじと結末ネタバレです。

カルテット-第9話のあらすじとネタバレは「カルテット-第9話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■カルテット-最終回のあらすじと結末のネタバレ

早乙女真紀から戸籍を買い、早乙女真紀を名乗っていた山本彰子(松たか子)は、執行猶予が付いたが、軽井沢には戻らず、どこかの団地で新しい生活を始めようとしていた。

弁護士は「音楽を続けないのか?」と尋ねると、山本彰子(松たか子)は「あの人達(カルテット)は前みたいに受けレ入れてくれると思う。でも、もう私がバイオリンを弾いても、前みたいに聞いて貰えないと思うんです。週刊誌で観た人が弾くモーツアルト。それじゃ楽しんで貰えないですよ。私が弾く音楽は、これからさき、全部、灰色になるとおもうんです。もう、あの(カルテット)中に戻っちゃいけないの。それくらいね、まぶしい時間だったんです」と話した。

一方、カルテットは、真紀(松たか子)の代わりに大橋絵茉という女性をゲストに迎えて仕事に臨んだ。

しかし、大橋絵茉は、動物のコスプレをして肉の日のキャンペーンで演奏するカルテットに対し、「こんな低レベルな仕事だとは思わなかった。恥ずかしいと思わないんですか?みなさん、椅子取りゲームで負けたのに、座っているふりをしているだけですよね?」と言い、帰ってしまった。

ある日、別府司(松田龍平)は音合わせをしようとしたがが、家森諭高(高橋一生)は仕事へ言ってしまい、世吹すずめ(満島ひかり)も練習を拒否して勉強を始めた。

カルテットは壊れ始めており、別府司(松田龍平)は苦悩する。

真紀(松たか子)の裁判が終わり、別府司(松田龍平)は「これでカルテットが復活ですね」と喜んでいたが、真紀(松たか子)は戻ってこなかった。

カルテットは、真紀(松たか子)が居なくなってから、2度目の冬を迎えた。

世吹すずめ(満島ひかり)は眠らなくなり、徹夜でえ資格の試験勉強をするようになっていた。家森諭高(高橋一生)は週7日も働くようになった。

2人ともおかしい。まともなのは僕(松田龍平)だけだ。僕(松田龍平)だけが同じ所に留まっていた。

別荘で1人、苦悩する別府司(松田龍平)は、回想を続けた。

あの日、真紀さん(松たか子)は僕たちの前から姿を消して、しばらくしたあと、住民票や免許証を取得した罪で起訴された。

初めは小さかった記事が段々と大きくなって、あっという間に、テレビに映る超有名人になった。

やがて、カルテット・ドーナッツ・ホールのこと、僕(松田龍平)の家族のこと、すずめちゃん(満島ひかり)の過去も記事になった。家森さん(高橋一生)に触れた記事は無かった。

良いこともあった。すずめちゃん(満島ひかり)も家森さん(高橋一生)も仕事を続けさせてもらい、人の温かさを知った。別荘は買手が付かず、宙ぶらりんのままだ。僕(松田龍平)は会社を辞めた。

疑惑を持たれたまま、真紀さん(松たか子)に執行猶予がつき、僕たちのウエブサイトに沢山の罵倒の声が届いた。

だけど、これでやっと真紀さん(松たか子)が帰ってくる。真紀さん(松たか子)の声が聴ける。僕たちはそれを楽しみにした。しかし、真紀さん(松たか子)は戻ってこなかったのだ。(回想終わり)

ある日、カルテットの元に記者がやってきた。記者は「真紀(松たか子)が父親に毒を飲ませた」という疑惑につて尋ねたが、家森諭高(高橋一生)は「そういう事実が無かったから起訴されなかったんでしょ?」と言い返した。

記者が「でも、みなさんも騙されてたんですよね?」と指摘すると、世吹すずめ(満島ひかり)は「そんなの関係無いんです。私たちは気持ちで繋がってるんです」と答えた。

すると、記者は最新の週刊誌の記事を差し出した。週刊は、笑顔の真紀(松たか子)が男性が歩きながらコロッケを食べている写真を掲載し、「疑惑の美人バイオリニストがコロッケデート」と報じていた。

その日の夜、真紀(松たか子)に片思いをしていた別府司(松田龍平)は「解散しましょうか。僕たち、解散しましょう。真紀さん(松たか子)は帰ってこないと思います。仕事も無いし、これ以上続けても意味が無い」と言いだした。

世吹すずめ(満島ひかり)は「帰ってきますよ」と反論したが、別府司(松田龍平)は「真紀さん(松たか子)は、もうキリギリスじゃなくなったんです。人生を何回も変えてきた人です。帰ってこないんじゃなくて、もう違う道を歩いてるんです」と話した。

さらに、別府司(松田龍平)は「すずめちゃん(満島ひかり)は寝ないし、家森さん(高橋一生)は週7日働いてるし。もうカルテットが無くても大丈夫じゃないですか。2人だって違う道を歩いてるじゃないですか。僕だけが同じ場所に立ったままです。僕も早く自分の中のキリギリスを起こします」と告げた。

すると、世吹すずめ(満島ひかり)は、別荘の2階から真紀(松たか子)のバイオリンを持ってきて、「道が違うなら、違う道を歩いているのなら、このバイオリンはどうするんですか?私は真紀さん(松たか子)から預かっててと言われたんです。一緒に待ってるって約束したんです。解散したいのなら、すれば良い。でも、このバイオリンを真紀さん(松たか子)に返してからにしよう」と主張した。

家森諭高(高橋一生)が「そうだね、真紀さん(松たか子)を捜そうか」と言うと、別府司(松田龍平)らは週刊誌の写真を手がかりに、グーグルマップを使って写真の場所を突き止め、現地を訪れた。

しかし、付近には、もの凄い数の団地があり、真紀(松たか子)が住んでいる部屋を見つけるのは至難の業だった。

すると、世吹すずめ(満島ひかり)は「誘き出します」と言い、真紀(松たか子)のバイオリンを持って広間へ行き、演奏を始めた。

一方、真紀(松たか子)はベランダで洗濯物を干していると、聞き覚えのある音楽が流れてきたので、慌てて部屋を出て、音の方へ向かうと、広場でカルテットのメンバーが楽しそうに演奏をしていた。

こうして、カルテットは真紀(松たか子)と再会すると、世吹すずめ(満島ひかり)は「真紀さん(松たか子)を連れて帰る」と言い抱きしめた。

さて、真紀(松たか子)が別荘に戻ってカルテットに復帰したので、家森諭高(高橋一生)が「これから何て呼べば良いですか」と尋ねると、真紀(松たか子)は「真紀でいいですか」と頼んだ。

家森諭高(高橋一生)が「あれ。見ましたよ。写真。コロッケデート」と告げると、真紀(松たか子)は「あっ、あれはデートじゃ無いですよ。弁護士さんに相談してたら、ああなったんです」と明かした。

別府司(松田龍平)が「ですよね」と安心すると、家森諭高(高橋一生)は「安心しちゃだめだよ。コロッケと弁護士だよ。これを足したら地球上に勝てる物は無いですよ」と指摘したが、真紀(松たか子)は「そういうのじゃ、全然無いんで」と言い、弁護士との熱愛を完全否定した。

世吹すずめ(満島ひかり)が「ご飯食べ終えたら、何をします?」と尋ねると、真紀(松たか子)は「やりますか」と答えた。

食後、バイオリンを持った真紀(松たか子)は「弾けるかな。1年振りだから」と心配すると、家森諭高(高橋一生)は「大丈夫ですよ。僕らも最近は全然だから」と言い、近況を話した。

家森諭高(高橋一生)はレストラン「ノクターン」でアルバイトをしていたが、事件の後、レストラン「ノクターン」は和食に転向して割烹ダイニングになっており、家森諭高(高橋一生)は板前修行する事になっていると教えた。

世吹すずめ(満島ひかり)も就職した不動産屋の社長が引退して閉めることになったので、就職ように資格の勉強をしているのだと教えた。

別府司(松田龍平)は近況を話そうとしなかったが、真紀(松たか子)が尋ねると、ばつが悪そうに、会社を辞めて無職になったことを明かし、できれば音楽教室の先生になれれば一番良いと思っているが、見つからないと教えた。

真紀(松たか子)がみんなの変化を聞いて動揺すると、家森諭高(高橋一生)は「真紀さん(松たか子)のせいじゃありませんよ。1年前にも、こんなふうに話したじゃないですか。好きなことを趣味にするか、夢にするか。趣味に出来たら幸せだけど、夢にしたら泥沼だって。ちょうどそのときが来たんだと思います。夢が終わるタイミング。音楽を趣味にするタイミングが、向こうから来たんですよ」と話した。

別府司(松田龍平)は「夢は諦めなければ叶うわけじゃない。でも、1年間は無駄じゃ無かった」と話して解散をほのめかした。

すると、世吹すずめ(満島ひかり)も「休みの日にみんなで集まって演奏するのもいいんじゃないですか?誰も聞いてくれなくても、私たちが楽しければいいんじゃないですか」と言い、解散をほのめかした。

それを聞いて動揺した真紀(松たか子)は、地方紙に載っているコンサートホールを示し、「コンサート。コンサートをやまりませんか?このホールでコンサートをしませんか?オフシーズンだから空いてると思いますよ」と提案した。

家森諭高(高橋一生)が「このホールのキャパじゃ満員なんで」と呆れると、真紀(松たか子)は「みんな分かってませんね。私は偽・早乙女真紀ですよ。疑惑の美人バイオリニストですよ。有名人なんですよ。偽・早乙女真紀としてステージに立てば、このくらいのホールは満席に出来ます。ずっと話してたじゃないですか。いつか大きなホールで演奏したいなって。今ならカルテット・ドーナッツ・ホールの夢が叶えられます」と話した。

別府司(松田龍平)は「例え、それで人が集まったとしても、その人達は音楽を聴きに来る人じゃ無いし」と疑問を呈したが、世吹すずめ(満島ひかり)は「その中の誰かに届けばいいんじゃないですか?1人でも2人でも」とコンサートに賛成した。

世吹すずめ(満島ひかり)は「私も元・嘘つき魔法少女です。ちょっとは人を集める役に立つかもしれませんよ」と告げると、別府司(松田龍平)も「それなら、僕も別府ファミリーの一員です」と言った。

すると、家森諭高(高橋一生)も「僕も一応、Vシネ出てました」と言い、カルテットはコンサートを開催することを決定した。

ある日、カルテットの元に1通の手紙が届く。手紙の主は、自分の愚かさに気付き、奏者を止めたという人物だった。

その人は、カルテットの演奏を聞いた事があると言い、手紙には「どうして止めないんですか?価値はあると思いますか?意味はあると思いますか?将来はあると思いますか?なぜ続けるんですか?なぜ止めないんですか?教えてください。お願いします」と書いてあった。

さて、コンサートの当日、偽・早乙女真紀の宣伝効果もあり、マスコミも来ていたし、大勢の人が来ていた。

レストランをクビになっていた来杉有朱(吉岡里帆)も、コンサート会場に現れた。

来杉有朱(吉岡里帆)はイケメンの外国人と一緒に、高級車から降りてくると、コンサート会場の入り口に居た谷村大二郎(富澤たけし)と谷村多可美(八木亜希子)を見つけて声を掛け、豪華な指輪を見せ、「人生、ちょろかった。アハハハハ」と言い、コンサート会場へと消えていった。

さて、楽屋で準備をしていた世吹すずめ(満島ひかり)は、真紀(松たか子)が考えたプログラムを見て、「1曲目って、わざとこの曲にしたんですか?」と尋ねた。

真紀(松たか子)が「好きだからだよ」と答えるが、世吹すずめ(満島ひかり)は真顔で「真紀さんを疑ってきた人は別の意味に取りそう。なんでこの曲にしたの?」と真意を尋ねた。

真紀(松たか子)は「こぼれたのかな。内緒ね」と答えると、世吹すずめ(満島ひかり)はうなずいた。

その後、カルテットのメンバーはステージに立ち、1曲目「死と乙女」を演奏しながら、最初にカラオケボックスで出会った時の事を思い出していた。

演奏の途中でステージに空き缶が投げ込まれたが、カルテットは一心不乱に演奏を続けた。

カルテットが2曲目「ドラゴンクエスト」を弾き始めると、疑惑の美人バイオリニストを目当てに興味本位で来た人は、席を立って帰って行った。

演奏が進むにつれて観客は減っていったが、大勢の人が会場に残っており、カルテットは拍手に包まれてながら、コンサートを終えた。

そして、カルテットは、別府司(松田龍平)の元同僚から熱海の商店街の花火で演奏して欲しいと頼まれ、初遠征が決まった。

その日の夜、カルテットは別荘に戻ると、大皿に山盛りの唐揚げを作って祝杯を挙げた。

世吹すずめ(満島ひかり)が自分の前にあったパセリを別府司(松田龍平)の方に追いやって唐揚げを食べると、別府司(松田龍平)はパセリを家森諭高(高橋一生)の方に追いやって唐揚げを食べ始めた。

すると、家森諭高(高橋一生)が「ねえ、ねえ、ねえ、ねえ。君達」と言い出したので、世吹すずめ(満島ひかり)と別府司(松田龍平)はレモンの事だと思い、「レモンは小皿で掛けましたよ」と釈明した。

しかし、家森諭高(高橋一生)は「見て。見て。これ何だろう。そう、パセリ。あるよね?パセリ」と言い、問題はパセリなのだと言い出した。

別府司(松田龍平)が「パセリ嫌いなんですよ。パセリくらい、いいじゃないですか」と呆れると、真紀(松たか子)が聞き取れないほど小さな声で「家森さんが言ってるのは、好き嫌いの事じゃ無いと思います。家森さんが言ってるのは、『パセリ、見ましたか?パセリ、確認しましたか?』ってこと」と話した。

家森諭高(高橋一生)が「そう。パセリが在るときと、無いとき。ある、無い、どう?寂しいでしょ?無いと殺風景でしょ?この子たち言ってるよね『ここに居るよ』って」と面倒な持論を展開すると、世吹すずめ(満島ひかり)は「どうすれば良かったんですか?」と呆れた。

すると、真紀(松たか子)が小さな声で「センキュー・パセリ」と教えた。

家森諭高(高橋一生)が「そう。食べても、食べなくてもいいの。ここにパセリがいる事を忘れちゃわないで」と話すと、世吹すずめ(満島ひかり)と別府司(松田龍平)は「パセリありますね。センキュー・パセリ」と言った。

すると、家森諭高(高橋一生)は「そう」と満足したが、世吹すずめ(満島ひかり)は仕返しに、大皿の唐揚げにレモンを絞り、皿ごと唐揚げを持って逃げ、唐揚げを独り占めした。

ある日、カルテットはワゴン車「カルテット号」に乗り込み、熱海へ初の遠征に出発した。別荘には「for sale(販売する)」という看板が立っていた。

カルテットは海沿いの道を、歌いながら進んでいたのだが、完全に道に迷っていた。

すると、世吹すずめ(満島ひかり)は急に笑い出し、「ミゾミゾしてきました」と言った。

こうしてカルテットは熱海を目指して進んでいったのであった。

スポンサードリンク