ひよっこ-助川時子(佐久間由衣)のあらすじとネタバレ

有村架純が出演するNHKの朝ドラ「ひよっこ」に登場する助川時子(佐久間由衣)のあらすじとネタバレです。

■助川時子(佐久間由衣)のあらすじとネタバレ

助川時子(佐久間由衣)は、茨城県北西部の奥茨城村の出身で、谷田部みね子(有村架純)や角谷三男(泉澤祐希)と幼馴染みで同じ高校に通っている。

助川時子(佐久間由衣)は女優を目指しており、東京のトランジスタラジオ工場「向島電機」に就職を決めていた。

テレビや新聞に写れば、スカウトの目に止るのではないかと考え、角谷三男(泉澤祐希)が提案した「奥茨城村の聖火リレー」に賛成する。

父親が失踪した谷田部みね子(有村架純)にアンカーを譲って第2走者を務め、見事に「奥茨城村の聖火リレー」に導いた。

その後、正月になっても父・谷田部実(沢村一樹)が帰ってこなかった事から、家業の農家を手伝うと言っていた谷田部みね子(有村架純)が、東京へ出て働くことを決めた。

既に就職募集の時期は終わっていたが、幸運にも、助川時子(佐久間由衣)が就職するトランジスタ工場「向島電機」に欠員が出たため、谷田部みね子(有村架純)は向島電機に就職する事ができた。

助川時子(佐久間由衣)は強がっていたが、本当は東京ヘ行く事に不安だったため、谷田部みね子(有村架純)と一緒に就職できることを泣いて喜んだ。

こうして、助川時子(佐久間由衣)は谷田部みね子(有村架純)と一緒に東京のトランジスタ工場「向島電機」で働くことになった。

助川時子(佐久間由衣)は、不器用で失敗ばかりする谷田部みね子(有村架純)のために、自分もわざと失敗するが、それが逆に谷田部みね子(有村架純)を卑屈にしてしまった。

さて、女優を目指す助川時子(佐久間由衣)は、向島電機で働きながら、劇団の稽古に通うようになっていたが、向島電機は受注の低迷から倒産してしまう。

助川時子(佐久間由衣)は、通っていた劇団の伝で、銀座の喫茶店に住み込みながら、演劇の学校に通うことができることになり、谷田部みね子(有村架純)と別れたのであった。

しかし、助川時子(佐久間由衣)は夜遅く帰ってきたり、演技の練習をして部屋で奇声を上げるため、寮を追い出されてしまう。

助川時子(佐久間由衣)は先輩からキャバレーで働く事を薦められたが、なんとか思い止まって、谷田部みね子(有村架純)に頼み込んで居候させて貰うことにした。

谷田部みね子(有村架純)は向島電機が倒産して洋食店「すずふり亭」で働いており、洋食店「すずふり亭」の裏手にある「あかね荘」に住んでおり、助川時子(佐久間由衣)は「あかね荘」の人々とも交流を深めていく。

そのようななか、日本中にミニスカートブームが沸き起こり、ミニスカートコンテストが開催されることになった。

すると、助川時子(佐久間由衣)は角谷三男(泉澤祐希)の為に優勝を決意し、ミニスカートコンテストに出場するのであった。

スポンサードリンク