ひよっこ-安部さおりのネタバレ

有村架純が出演するNHKの朝ドラ「ひよっこ」の安部米店の娘・安部さおりのあらすじとネタバレです。

■ひよっこ-安部さおりのあらすじとネタバレ

朝ドラ「ひよっこ」に登場する安部さおりは、東京・日本橋にある米屋「安部米店」の1人娘である。

あるとき、安部さおりの米屋「安部米店」に、茨城県から集団就職で出て来た角谷三男(泉澤祐希)が入ってきた。

角谷三男(泉澤祐希)は農家の三男坊で、家を出る運命にあったため、集団就職で東京に出て米屋「安部米店」に就職してきたのである。

安部さおりは、父親で安部米店の店主の安部善三とソリが合わず、いつも、いがみ合っており、角谷三男(泉澤祐希)は2人の間に挟まれて苦労することになる。

安部さおりは、いつしか、そんな角谷三男(泉澤祐希)が気になるようになり、休日に角谷三男(泉澤祐希)が出かけると、密かに後を付け、ストーカーをした。

ある日、安部さおりは角谷三男(泉澤祐希)のストカーをすると、角谷三男(泉澤祐希)は喫茶店で、幼馴染みの谷田部みね子(有村架純)・助川時子(佐久間由衣)と会っていた。

角谷三男(泉澤祐希)が勤め先の安部米店の話しをすると、谷田部みね子(有村架純)も助川時子(佐久間由衣)も「米店の娘・安部さおりは角谷三男(泉澤祐希)の事が好きなのではないか」と指摘した。

すると、角谷三男(泉澤祐希)は、全力で安部さおりを嫌がり、否定したのである。

喫茶店に潜伏して3人の話しを盗み聞きしていた安部さおり、それを聞いて激怒し、喫茶店を出て行った。

スポンサードリンク

コメントを投稿する