ひよっこ-角谷三男(泉澤祐希)のあらすじとネタバレ

有村架純が主演するNHKの朝ドラ「ひよっこ」に登場する角谷三男(泉澤祐希)のあらすじとネタバレです。

■ひよっこ-角谷三男(泉澤祐希)のあらすじとネタバレ

角谷三男(泉澤祐希)は、茨城県北西部の奥茨城村出身で、谷田部みね子(有村架純)助川時子(佐久間由衣)の幼馴染みで、密かに助川時子(佐久間由衣)に恋心を抱いている。

角谷三男(泉澤祐希)は、角谷家の三男に生まれたため、生まれながらに角谷家を出る運命を背負い、高校3年生になると、東京の安部米店に就職を決めた。

角谷三男(泉澤祐希)は、三男坊なので家を出るという運命を受け入れていたが、奥茨城村に居たという証を残すために「奥茨城村の聖火リレー」を提案した。

そして、幼馴染みの谷田部みね子(有村架純)・助川時子(佐久間由衣)と計画を進め、見事に「奥茨城村の聖火リレー」を成功させた。

こうして、角谷三男(泉澤祐希)は故郷の奥茨城村に爪痕を残し、高校卒業後は東京の安部米店に就職した。

安部米店は、店主・安部善三と娘・安部さおりだけの小さな米屋で、店主・安部善三と娘・安部さおりが対立しており、角谷三男(泉澤祐希)は2人の間に立たされて、苦労する。

さて、幼馴染みの谷田部みね子(有村架純)・助川時子(佐久間由衣)も集団就職で、東京のトランジスタラジオ工場「向島電機」に就職しており、東京に出ても交流していた。

ところが、角谷三男(泉澤祐希)が休みを取って谷田部みね子(有村架純)・助川時子(佐久間由衣)に会いに行くと、なぜか、安部米店の娘・安部さおりが遠くから角谷三男(泉澤祐希)の事を見つめていた。

しかし、3人は、そのことに気付いていなかった。

ある日、角谷三男(泉澤祐希)は、喫茶店で、谷田部みね子(有村架純)・助川時子(佐久間由衣)と会い、安部米店の愚痴を言っていた。

それを聞いた谷田部みね子(有村架純)らは、安部米店の娘・安部さおりは角谷三男(泉澤祐希)の事が好きなで、店主・安部善三は角谷三男(泉澤祐希)を安部米店の養子に迎えようとしているのではないか、と指摘した。

すると、角谷三男(泉澤祐希)は、本気で娘・安部さおりとの結婚を嫌がった。

そのとき、安部米店の娘・安部さおりは喫茶店の中に潜んでおり、角谷三男(泉澤祐希)の言葉を聞いて喫茶店を出た。

しかし、3人は、安部米店の娘・安部さおりが喫茶店で話しを聞いていたことなど知るよしも無かった。

その他のネタバレについては「ひよっこ-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク