ひよっこ-漫画家・新田啓介の実在のモデルとネタバレ

有村架純が主演するNHKの朝ドラ「ひよっこ」に登場する漫画家・新田啓介のあらすじとネタバレと実在のモデルについて。

■ひよっこ-漫画家・新田啓介のあらすじとネタバレ

坪内祐二(浅香航大)と新田啓輔(岡山天音)は、富山県高岡市出身で、同じく高岡市出身の漫画家・藤子不二雄に憧れて、自分たちにもできると思い込み、誰に認められたわけでもないのに、高校を卒業すると、泣いている親を振り切って、上京して漫画を書き始めた。

それから、泣かず飛ばすで、5年が経過しており、久しぶりに実家に帰って、美味しいものを食いだめし、あわよくばお小遣いを貰おうという甘い考えで帰省した。

新田啓輔(岡山天音)は約束通り、東京に戻ってきたものの、相棒の坪内祐二(浅香航大)は実家に帰ったまま帰ってこず、返事も無く、音信不通になってしまうのであった。

新田啓輔(岡山天音)は、藤子不二雄のようなコンビを諦めて、1人で漫画を描こうと思い始めていたとき、「あかね荘」に谷田部みね子(有村架純)がやってくる。

そのようななか、相棒の坪内祐二(浅香航大)も「あかね荘」に戻ってきたので、再びコンビを再結成する。

坪内祐二(浅香航大)と新田啓輔(岡山天音)は、全く漫画を知らない谷田部みね子(有村架純)の意見が聞きたいと言い、漫画を読んで貰うと、谷田部みね子(有村架純)は笑ってあげなければ悪いと思い、嘘で笑ってあげた。

さらに、谷田部みね子(有村架純)は漫画を読み終えると、つまらない漫画でも苦労して描いたんだろうと思い、「頑張ってください」と言い、涙を流した。

すると、坪内祐二(浅香航大)と新田啓輔(岡山天音)は、自分たちの漫画が谷田部みね子(有村架純)の感性を揺さぶったのだと勘違いして、漫画の制作意欲に燃えた。

やがて、谷田部みね子(有村架純)と島谷純一郎(竹内涼真)が交際を始めた。

すると、坪内祐二(浅香航大)と新田啓輔(岡山天音)は、谷田部みね子(有村架純)をモデルにした恋愛漫画「恋の初心者」を書き始めたのであった。

■坪内祐二と新田啓輔のモデル

色々と調査したのですが、坪内祐二(浅香航大)と新田啓輔(岡山天音)に相当するような漫画家は居ないので、「ひよっこ」のオリジナルキャラクターだと考えられます。

スポンサードリンク