ごめん、愛してる-あらすじとネタバレ

長瀬智也が主演するTBSのドラマ「ごめん、愛してる」のあらすじとネタバレです。

■ごめん、愛してる-あらすじとネタバレ

三田凛華(吉岡里帆)は、ピアニスト・日向サトル(坂口健太郎)のスタイリストを務めていた。

ピアニスト・日向サトル(坂口健太郎)は、三田凛華(吉岡里帆)の幼馴染みで、三田凛華(吉岡里帆)は日向サトル(坂口健太郎)の事が好きだった。

しかし、日向サトル(坂口健太郎)は、サックス奏者・古沢塔子(大西礼芳)の事が好きだった。

あるとき、三田凛華(吉岡里帆)は、ピアニスト・日向サトル(坂口健太郎)のコンサートで韓国に渡っていた。

三田凛華(吉岡里帆)は、仕事を終えて帰国する時に韓国人に荷物を盗まれ、警察に助けを求めるが、全く言葉が通じず、困っているとき、岡崎律(長瀬智也)に助けられて無事に帰国する事が出来た。

岡崎律(長瀬智也)は、幼い頃に母親に捨てられて施設に入り、新たな家庭に引き取られたが、韓国へ家族旅行したときに身をくらませ、それ以降、韓国のアウトロー社会で生きており、韓国でヤクザのボスのボディーガードをしていた。

岡崎律(長瀬智也)は、三田凛華(吉岡里帆)を助けた後、ヤクザのボスを守るために盾となって銃弾を浴びた。

岡崎律(長瀬智也)は、一命を取り留めたが、脳に残った銃弾は取り出すことができず、いつ死ぬか分からないと宣告されたため、残りの人生は自分を捨てた母親の為に生きようと考え、日本に戻って母親を探すことにした。

帰国した岡崎律(長瀬智也)は、育った施設を訪れ、施設時代の友達・河合若菜(池脇千鶴)と再会すると、河合若菜(池脇千鶴)は30歳を過ぎているのに子供のように無邪気に遊んでいた。

河合若菜(池脇千鶴)は、岡崎律(長瀬智也)の事が好きで、施設を出て行った岡崎律(長瀬智也)を追いかけようとして交通事故に遭い、7歳程度の知能で止っていたのだ。

しかも、河合若菜(池脇千鶴)には河合魚(大智)という息子が居たが、父親は分からないのだという。

さて、岡崎律(長瀬智也)は自分を産んだ母親を探し始める。手がかりは母親の指輪だけで、母親の行方を捜すのは不可能に近かった。

ところが、岡崎律(長瀬智也)を尾行している男が居り、尾行に気付いた岡崎律(長瀬智也)は男を取り押さえた。

すると、尾行していた男は、、日向麗子(大竹しのぶ)の暴露記事を書こうとしている加賀美修平(六角精児)というジャーナリストだった。

このため、加賀美修平(六角精児)は記事にする事と引き替えに、「お前の母親の居場所を知っている」と言い、岡崎律(長瀬智也)に母親の居場所を教えた。

岡崎律(長瀬智也)が教えられた住所へ行くと、白くて大きな豪邸だった。

そして、岡崎律(長瀬智也)は豪邸の中に入り、自分を産んだ母・日向麗子(大竹しのぶ)に手を伸ばすが、日向麗子(大竹しのぶ)に「早く出て行っていきなさい。警察を呼ぶわよ」と拒絶された。

しかも、母・日向麗子(大竹しのぶ)には、ピアニスト日向サトル(坂口健太郎)という息子まで居た。

岡崎律(長瀬智也)は、母親は貧しくて仕方なく自分を捨てたのだと思っていたが、母・日向麗子(大竹しのぶ)は裕福な暮しをしていたので、肩を落として立ち去るのであった。

さて、母・日向麗子(大竹しのぶ)に拒絶された岡崎律(長瀬智也)は、ジャーナリスト加賀美修平(六角精児)に電話して、母・日向麗子(大竹しのぶ)の暴露記事を書くように頼んだ。

ある日、三田凛華(吉岡里帆)は「困ってるんでしょ?韓国のお礼もしたいし」と言い、岡崎律(長瀬智也)に日向サトル(坂口健太郎)の運転手の仕事を紹介した。

岡崎律(長瀬智也)は「岡崎リュウ」という偽名を使って履歴書を書き、日向麗子(大竹しのぶ)の面接を受けるが、ボロクソに言われて不採用になってしまう。

岡崎律(長瀬智也)はふて腐れて帰ろうとするが、三田凛華(吉岡里帆)に「今日1日だけ、アルバイトで運転手をして欲しい」と頼まれ、仕方なく運転手を引き受けた。

向かった先は湖で、日向サトル(坂口健太郎)はサックス奏者・古沢塔子(大西礼芳)と共演でCM撮影をした。

撮影後、古沢塔子(大西礼芳)が湖に飛び込んだので、日向サトル(坂口健太郎)は古沢塔子(大西礼芳)を助けるために飛び込んだが、日向サトル(坂口健太郎)は心臓が悪いので、溺れてしまう。

すると、岡崎律(長瀬智也)が湖に飛び込んで、溺れている日向サトル(坂口健太郎)を助けた。

一命を取り留めた日向サトル(坂口健太郎)は「彼が居なければ死んでたかもしれない」と言い、岡崎律(長瀬智也)を運転手になって欲しいと頼んだ。

ある日、ジャーナリスト加賀美修平(六角精児)が日向麗子(大竹しのぶ)の暴露記事を描き上げ、週刊誌に持ち込もうとしたが、岡崎律(長瀬智也)に止められてしまう。

一方、日向麗子(大竹しのぶ)は、岡崎律(長瀬智也)が韓国のヤクザに居た事を調べており、岡崎律(長瀬智也)に日向サトル(坂口健太郎)のボディーガードになって欲しいと頼んだ。

そのようななか、三田凛華(吉岡里帆)の父・三田恒夫(中村梅雀)は、三田凛華(吉岡里帆)と岡崎律(長瀬智也)が一緒に居る所を目撃する。

このとき、岡崎律(長瀬智也)は日向麗子(大竹しのぶ)からもらった指輪をネックレスにしていた。

その指輪を見た三田恒夫(中村梅雀)は、昔、指輪と「律」と書いた紙をお守りに入れ、赤ちゃんと一緒に捨てに行った時の事を思い出した。

そして、三田恒夫(中村梅雀)は興奮して、岡崎律(長瀬智也)から三田凛華(吉岡里帆)を引き離し、岡崎律(長瀬智也)を罵倒したのであった。

なお、「僕たちがやりました」のあらすじとネタバレは僕たちがやりました-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク