ごめん、愛してる-あらすじとネタバレ

長瀬智也が主演するTBSのドラマ「ごめん、愛してる」のあらすじとネタバレです。

「ごめん、愛してる」のあらすじとネタバレ

岡崎律(長瀬智也)は、母・日向麗子(大竹しのぶ)に捨てられ、劣悪な環境で育ったため、生きるため、裏社会に身を置いていた。

そのようななか、岡崎律(長瀬智也)は、ある事件に巻込まれて頭を負傷し、余命を宣告されてしまう。

岡崎律(長瀬智也)は、貧しくて子供を育てられないから、母・日向麗子(大竹しのぶ)は仕方なく自分を捨てたのだろうと考えており、最後に親孝行をしようと思い、自分を捨てた母・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てた。

ところが、母・日向麗子(大竹しのぶ)は裕福な暮しをしており、息子・サトル(坂口健太郎)を溺愛して幸せそうに生活していたのである。

しかも、息子・サトル(坂口健太郎)は母の愛を一身に受けて育ち、母親譲りの卓越した演奏技術と甘いルックスでピアニストとして活躍し、テクニシャンとして若い女性から絶大な支持を受けていた。

じゃー、なぜ、俺を捨てたんだ!

幸せそうな母・日向麗子(大竹しのぶ)を見た岡崎律(長瀬智也)は、母・日向麗子(大竹しのぶ)に対する憎悪を募らせる一方で、母への愛に目覚めて葛藤し、苦悩する。

そのようななか、岡崎律(長瀬智也)は、ひょんなことから出会った三田凛華(吉岡里帆)と再会する。

三田凛華(吉岡里帆)は、サトル(坂口健太郎)の幼馴染みで、サトル(坂口健太郎)のことを愛していたが、その思いが届かず、苦悩していた。

しかし、三田凛華(吉岡里帆)は、誰からも愛されずに生きてきた人生を怨みながら苦悩して葛藤する岡崎律(長瀬智也)に触れる事により、次第次第に岡崎律(長瀬智也)に引かれていく。

愛されることを知らない岡崎律(長瀬智也)は、苦しみ抜いた末、ついに禁断の扉を開き、復讐の鬼と化すのであった。

スポンサードリンク

コメントを投稿する