先に生まれただけの僕-原作とあらすじとネタバレ

嵐の櫻井翔が主演する日本テレビの学園ドラマ「先に生まれただけの僕」の原作とあらすじとネタバレです。

■先に生まれただけの僕-原作と主題歌

先に生まれただけの僕-原作と主題歌
主題歌 未定
原作 福田靖のオリジナル脚本
放送局枠 日本テレビの土曜日10時枠
放送開始日 2017年7月

■先に生まれただけの僕-あらすじとネタバレ

一流の総合商社「樫松物産」に勤務する鳴海涼介(櫻井翔)は、エリートサラリーマンとしての道を確実に歩んでいた。松原聡子(多部未華子)という彼女とも交際しており、順風満帆の人生だった。

ところがある日、鳴海涼介(櫻井翔)は、総合商社「樫松物産」が経営する私立高校「京明館」へ校長として出校することを命じられる。

私立高校「京明館」は、経営不振に陥っており、鳴海涼介(櫻井翔)は不採算部門の私立高校「京明館」の立て直しを命じられたのである。

一流商社マンとしての道を歩んできた鳴海涼介(櫻井翔)は、教育現場など一切、知らなかったが、私立高校「京明館」を改革するべく、次々と改革案を出していくが、教師も生徒も誰も耳を傾けてくれなかった。

しかし、当初は校長・鳴海涼介(櫻井翔)に反発していた現代社会教師・真柴ちひろ(蒼井優)は、次第に鳴海涼介(櫻井翔)に影響され、心引かれていくのであった。

スポンサードリンク

コメントを投稿する