リバース-第3話のあらすじとネタバレ

武田鉄矢が主演するTBSの告発文ドラマ「リバース」の第3話のあらすじとネタバレです。

原作のあらすじとネタバレは「湊かなえの原作「リバース」-あらすじと犯人のネタバレ」をご覧ください。

第2話のあらすじとネタバレは「リバース-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■リバース-第3話のあらすじとネタバレ

深瀬和久(藤原竜也)は、ジャーナリスト笠原俊雄(武田鉄矢)から「あの事故は殺人だった」と言われ、苦悩した末、「あのとき、広沢君(小池徹平)は酒を飲んでたんです。缶ビール1本か2本」と告白した。

しかし、笠原俊雄(武田鉄矢)は「そんなことだろうと思った」と言って大きな関心は示さず、地図を取り出し、広沢由樹(小池徹平)の遺体は車が転落した場所から10㎞も川を下った所で見つかったことを教えた。

そして、笠原俊雄(武田鉄矢)は「そもそも、なんで車の外に投げ出されたんだろうな。シートベルトをしてたんだろ?シートベルトをしていれば、車の外に投げ出される確率は低くなるはずだ。広沢君(小池徹平)は本当に車に乗ってたのかな?」と言った。

深瀬和久(藤原竜也)が「どういうことですか?」と驚くと、笠原俊雄(武田鉄矢)は「車が崖から落ちて死んだのでは無く、別の理由で死んだのではないか」と指摘した。

さらに、笠原俊雄(武田鉄矢)は、動揺する深瀬和久(藤原竜也)に、事件現場に最初に着いたのは谷原康生(市原隼人)だったことを教え、「谷原君(市原隼人)に、あの日のことを聞いといてくれ」と頼んだ。

笠原俊雄(武田鉄矢)は、第1発見者の谷原康生(市原隼人)が、広沢由樹(小池徹平)と車を崖から落としたと考えているのだろうか…。

一方、浅見康介(玉森裕太)は、サッカー部員飲酒問題の件でサッカー部員の保護者と話し合っていた。

そして、キャプテンの父・相良成行(堀部圭亮)が「もう1人、目撃者が居るそうですね。先生の同級生で出入り業者だとか。その人からも話を聞きましょうよ」と提案し、深瀬和久(藤原竜也)から話を聞くことになった。

さて、深瀬和久(藤原竜也)・浅見康介(玉森裕太)・村井隆明(三浦貴大)・谷原康生(市原隼人)の4人全員に「○○は人殺しだ」という告発文が届いており、4人は告発文の件で居酒屋に集まった。

浅見康介(玉森裕太)は学校で問題になって保護者が乗り込んできており、深瀬和久(藤原竜也)も彼女と別れる羽目になった。村井隆明(三浦貴大)も、事務所に貼られて実害が出ていた。

しかし、谷原康生(市原隼人)は、ハイテンションで、告発文をみんなに見せるが、「会社の総務に呼ばれたけど。ノーダメージでした。むしろ頑張れって励まされた」と話した。

そして、谷原康生(市原隼人)は、「大きな意味で言えば殺したのは、俺たちかもしれないけど、あんなことになるなんて誰も思わないじゃん。一生背負うような罪じゃないだろ。事故るなんて運が悪かったんだよ。広沢は」と話した。

すると、深瀬和久(藤原竜也)は小笠原俊雄(武田鉄矢)の顔を思い出し、谷原康生(市原隼人)に「あれは事故なの?事故だったのかな?」と尋ねた。

村井隆明(三浦貴大)が「これを送ってきたのって、俺らのウチの誰かって事は無いよな?」と尋ねると、浅見康介(玉森裕太)は「こんなことをしたって誰も得しない」と答えた。

村井隆明(三浦貴大)は、深瀬和久(藤原竜也)を疑ったが、深瀬和久(藤原竜也)は「俺はみんなの住所を知らない」と否定した。

不穏な空気がになるが、谷原康生(市原隼人)が「その話しは止めよう。せっかく集まったんだから、みんなで飲もう」と言い、話を打ち切った。

その後、4人は居酒屋を出て別れると、村井隆明(三浦貴大)は深瀬和久(藤原竜也)に「話がある」と言って呼び止めた。

村井隆明(三浦貴大)は「実のところ、どう思ってる?谷原(市原隼人)と浅見(玉森裕太)が現場に駆けつけたとき、車は崖から落ちてたと思うか?もし、2人が事故った車を崖から落としたとしたら?」と尋ねた。

深瀬和久(藤原竜也)が「なんで、そんなことをするの?」と驚くと、村井隆明(三浦貴大)は「広沢(小池徹平)が酒を飲んでたこと、警察に知られたくないからだろ。車ごと燃やせばバレない」と答えた。

深瀬和久(藤原竜也)が「第1発見者は谷原(市原隼人)なんだよね?」と尋ねると、村井隆明(三浦貴大)は「ああ。浅見(玉森裕太)とは二手に分かれて広沢(小池徹平)を探していたらしい。パトカーが着いた頃には、浅見(玉森裕太)も現場に到着してた」と教えた。

深瀬和久(藤原竜也)が「車落としたりする?」と動揺すると、村井隆明(三浦貴大)は「バレたら内定を取り消される。事故に見せかける状況が揃っていたら?」と答えた。

深瀬和久(藤原竜也)は必死に反論するが、村井隆明(三浦貴大)は「火を付けて落とせばいい。何で、小笠原(武田鉄矢)は事故じゃなくて事件だと言い張ってるんだ。酒のことだけで、そんなに言い張るか?」と告げた。

深瀬和久(藤原竜也)が絶句すると、村井隆明(三浦貴大)は冷静になったのか、「馬鹿な事を言った。忘れてくれ」と言い、立ちさった。

深瀬和久(藤原竜也)が茫然と立ち尽くしていると、居酒屋の店員が追いかけてきて、「忘れ物です」と言い、深瀬和久(藤原竜也)にスマートフォンを渡した。

深瀬和久(藤原竜也)は村井隆明(三浦貴大)のスマートフォンだと思い、慌てて村井隆明(三浦貴大)を追いかけ、村井隆明(三浦貴大)は不倫相手・沼淵ことは(篠原ゆき子)とタクシーに乗り込むところを目撃してしまう。

しかも、スマートフォンの待ち受け画面を見て、それは谷原康生(市原隼人)のスマートフォンだと知る。

一方、小笠原俊雄(武田鉄矢)は、浅見康介(玉森裕太)の教え子から話を聞き、「浅見康介(玉森裕太)が大学の時に酒で失敗し、一生飲まないという誓いをたてている」という情報を得る。

他方、生徒・藤崎莉子(山口まゆ)は、教師・浅見康介(玉森裕太)に「目撃者になってあげる。サッカー部の子がビールを買ってるのを見ちゃった。誰に言えばいい?誰に言えば、アサミン(玉森裕太)が有利になるの?」と申し出た。

しかし、浅見康介(玉森裕太)は「言わなくていいよ。こういうのは、当事者が正直にならないと、解決しない。そこまで導くのが俺の役目だ」と答えた。

翌日、越智美穂子(戸田恵梨香)は、小銭を落としたおばあちゃんのために、小銭を拾い集める深瀬和久(藤原竜也)を目撃する。

その日、深瀬和久(藤原竜也)が会社に出勤すると、上司から「やったな。今月は、お前が営業成績トップだ」と言われ、商談中の男性を紹介された。

商談に来ていたのは、サッカー部キャプテンの父・相良成行(堀部圭亮)だった。

キャプテンの父・相良成行(堀部圭亮)は「取引先で、深瀬君(藤原竜也)の評判を聞いてきた」と言うが、深瀬和久(藤原竜也)は全く心当たりが無く、困惑する。

しかし、キャプテンの父・相良成行(堀部圭亮)は、そんなことは気にせず、「席を変えて話がしたい」と言い、深瀬和久(藤原竜也)を食事に招いた。

深瀬和久(藤原竜也)が喜んで、ウナ重を食べようとすると、キャプテンの父・相良成行(堀部圭亮)は「浅見先生(玉森裕太)からサッカー部の話しは聞いているかい?私はサッカー部のサポーターで、穏便にすませたい。営業を欲しがっている会社を知っている。深瀬君、興味はあるか?」と尋ねた。

さらに、父・相良成行(堀部圭亮)が「今の会社に満足してるんですか?年収は2倍。生活を変えたいと思いませんか?」と持ちかけると、深瀬和久(藤原竜也)の心は揺らいだ。

その後、深瀬和久(藤原竜也)は、父・相良成行(堀部圭亮)と別れて、1人になって考えていると、谷原康生(市原隼人)のスマートフォンを預かっていることを思い出し、谷原康生(市原隼人)の勤務先「九条物産」に届けに行った。

しかし、会社の受付で、谷原康生(市原隼人)は本社勤務ではなく、物流センター豊洲支店に勤務していると教えられ、物流センター豊洲支店へと向かった。

そして、深瀬和久(藤原竜也)が物流センター豊洲支店へ行くと、谷原康生(市原隼人)が上司に虐められている所を目撃してしまい、少し気まずい雰囲気になった。

深瀬和久(藤原竜也)が谷原康生(市原隼人)にスマートフォンを渡すと、谷原康生(市原隼人)は「深瀬は本当に見なくてもいい物を見るよね?このこと、言っていいよ」と告げた。

深瀬和久(藤原竜也)が「言ってないの?」と尋ねると、谷原康生(市原隼人)は「言う話しじゃないし、嫁にも行ってないし。誤魔化すのもそろそろ限界。良い会社は行っても、一生楽できるわけじゃない。教師になりたくてなった浅見(玉森裕太)みたいなのが、真の勝ち組だな」と話した。

深瀬和久(藤原竜也)が「俺から見れば谷原(市原隼人)だって勝ってるよ。友達が一杯居て、好きな子と結婚して」と羨ましがった。

谷原康生(市原隼人)は「自分は負けてる側だと思ってる?正直言って、俺も大学の時は、お前の事をそう思ってた」と言い、大学時代の事を話した。

大学時代、谷原康生(市原隼人)が広沢由樹(小池徹平)に「深瀬(藤原竜也)と一緒に居たら、お前も負け組みみたいになるぞ」と言ったら、広沢由樹(小池徹平)は「深瀬(藤原竜也)は戦ってるよ。戦っているうちは負け組にはならない」と答えたのだという。

谷原康生(市原隼人)は深瀬和久(藤原竜也)に「そういう考え方もありだと思う。俺ももう少し頑張ってみるわ」と告げた。

すると、深瀬和久(藤原竜也)は勇気を出して「広沢(小池徹平)のことなんだけど、やっぱり、あのとき、俺も広沢由樹(小池徹平)と一緒に村井を迎えに行けば良かったのかなって」と尋ねると、谷原康生(市原隼人)は「そしたら、深瀬も死んでたよ」と答えた。

翌日、キャプテンの父・相良成行(堀部圭亮)から電話がかかってきた。

深瀬和久(藤原竜也)が「僕は具体的に何をすれば?」と尋ねると、キャプテンの父・相良成行(堀部圭亮)は「浅見先生(玉森裕太)の前で、ビールだったのか、ノンアルコールだったのか、お答えいただきたい。それでサッカー部は救われます」と告げた。

すると、深瀬和久(藤原竜也)が「明日、必ず返事します」と言って電話を切った。

そして、深瀬和久(藤原竜也)は、広沢由樹(小池徹平)の事を思い出して苦悩する。

大学生のとき、深瀬和久(藤原竜也)は九条物産に内定した谷原康生(市原隼人)を見て「結局、要領の良い奴が勝つんだよ」と羨ましがると、広沢由樹(小池徹平)は「みんなどういう動機で就活してるんだろう?」と尋ねた。

深瀬和久(藤原竜也)は「俺は次こそって思ってる。今度こそ馬鹿にされないようにって思うんだけど、いつもダメでさ。就職が人生を変える最後のチャンスなんだ」と話すと、広沢由樹(小池徹平)は「深瀬が変えたいと思っていれば、最後じゃないよ」と答えた。

さて、深瀬和久(藤原竜也)は広沢由樹(小池徹平)の言葉を思い出していると、駅のホームで、向かいのホームに居る越智美穂子(戸田恵梨香)を見つけて声を掛け、必死に階段を駆け上り、向こう側のホームへと向かう。

すると、電車が出発したので、越智美穂子(戸田恵梨香)は電車に乗ってしまったのかと落ち込んだが、越智美穂子(戸田恵梨香)は待っていてくれた。

深瀬和久(藤原竜也)は「どうしても言いたいことがあって、俺、広沢の事を何も知ろうとしていなかった。心のどこかで自分のせいじゃないって、逃げてた。それを認めるのが嫌で、美穂子(戸田恵梨香)からも逃げてた。手遅れかもしれないけど、こんな自分をどうにかして変えたい。もし、変われたら、また一緒にコーヒーを飲んでください」と頼んだ。

すると、越智美穂子(戸田恵梨香)は笑顔でうなずいた。

翌日、越智美穂子(戸田恵梨香)がパン屋で働いていると、店主が「また、こんな物が」と言い、越智美穂子(戸田恵梨香)に封筒を渡した。

越智美穂子(戸田恵梨香)が封筒を空けると、「深瀬和久はお前を不幸にする」と書いてあった。今度は手書きだった。

一方、村井隆明(三浦貴大)が大きな花を持って不倫相手・沼淵ことは(篠原ゆき子)の自宅を訪れると、なぜか、花瓶などが割れて部屋が散乱しており、部屋に妻・村井香織(趣里)が居たのだった。

他方、谷原康生(市原隼人)は草野球チームの試合に出ており、チームメートから「今日、勝ったら、カワベちゃんが飲み会に来てくれるよ」と教えられ、張り切っていた。

さて、深瀬和久(藤原竜也)が部屋の掃除をしていると、浅見康介(玉森裕太)から電話がかかってきた。

浅見康介(玉森裕太)は「深瀬、何とも無いか?谷原(市原隼人)がホームから突き落とされた。気をつけろ。告発文はただの嫌がらせじゃ無い」と告げたのだった。

リバース-第4話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク