ウチの夫は仕事ができない-原作とあらすじとネタバレ

関ジャニ∞の錦戸亮が主演する日本テレビのドラマ「ウチの夫は仕事ができない」の原作とあらすじとネタバレです。

■ウチの夫は仕事ができない-原作と主題歌

ウチの夫は仕事ができない-原作と主題歌
主題歌 関ジャニ∞の新曲「奇跡の人」
原作 原作は無し。渡辺千穂のオリジナル脚本
放送局枠 日本テレビの土曜日9時枠
放送開始日 2017年7月8日

■ウチの夫は仕事ができない-あらすじとネタバレ

小林沙也加(松岡茉優)は父親が「理想のお父さん」だったことから、「理想の夫」と結婚することを夢見ていた。

その小林沙也加(松岡茉優)は、山の中で遭難していたとき、奇跡的に粘菌好きの小林司(錦戸亮)と出会い、助けられ、交際に発展し、結婚した。

こうして、小林沙也加(松岡茉優)は、イケメンで仕事が出来る理想の夫・小林司(錦戸亮)を手に入れ、幸せな新婚生活を送っていた。

そのようななか、イベント会社「マックスエンターテインメント」で働く小林司(錦戸亮)は、会社で最も忙しい花形の第一制作部に異動になり、小林沙也加(松岡茉優)は「やっぱり、内の夫は仕事が出来る」と喜んでいた。

しかし、小林司(錦戸亮)は全く仕事の出来ないお荷物社員で「ニモ」と呼ばれており、第一制作部への異動は出世ではなく、小林司(錦戸亮)に自主退社を促すための肩たたき人事だった。

ある日、小林沙也加(松岡茉優)は、小林司(錦戸亮)の忘れ物を会社に届けに行ったとき、小林司(錦戸亮)が仕事の出来ないダメ社員だと知ってしまうが、その事実を受け入れられなかった。

一方、小林司(錦戸亮)は、小林沙也加(松岡茉優)に気付かれたのではないかと焦り、第一制作部で頑張ろうとして広告の仕事を引き受けたが、やっぱりミスをしてしまい、上司に叱られてしまう。

実は、最初の依頼通りの広告のデザインは完成していたのだが、急遽、クライアント側が広告のコンセプトを変えたため、デザインを作り替えなければならなくなった。

しかし、デザイナーは故郷に居る母親が危篤になったので、小林司(錦戸亮)はデザイナーにコンセプトの変更をデザイナーに伝えず、デザイナーを母親の所へ行かせたのだ。

小林司(錦戸亮)は仕事が出来ないのではなく、優しすぎる男だったので、仕事よりも人助けを優先するため、仕事で成果を上げられなかったのだ。

しかし、小林司(錦戸亮)は仕事で成果を出せないため、会社では無能なダメ社員というレッテルを貼られていたのだ。

さて、小林司(錦戸亮)は妻・小林沙也加(松岡茉優)の為に「理想の夫」になろうと頑張ってきた、心の中で「ゴメン」と謝り、仕事を辞める事を決意し、退職願を書いた。

そして、その日の夜、小林司(錦戸亮)は妻・小林沙也加(松岡茉優)に、会社を辞めることを報告しようとした。

しかし、妻・小林沙也加(松岡茉優)から「妊娠した」と明かされたため、小林司(錦戸亮)は「仕事を辞めたい」と言えなくなり、1人で苦悩する。

一方、妻・小林沙也加(松岡茉優)は、小林司(錦戸亮)のカバンの中に退職願が入っているのを見て、小林司(錦戸亮)が会社を辞めようとしていた事を知る。

翌日の夜、小林司(錦戸亮)は改めて、「僕は仕事ができません。ごめん。僕は君の理想の夫とは、ほど遠い人間なんです」と謝罪し、会社を辞めることを、妻・小林沙也加(松岡茉優)に報告した。

すると、妻・小林沙也加(松岡茉優)は、母親の死に目に会えたデザイナーが礼を言いに着た事を明かし、「司さん(錦戸亮)は私の理想の夫です。司さんの良さが分からない会社なんて辞めていいです。何ヶ月か無職かもしれないけど、私も働く。家族が居て、美味しいご飯が食べられて、健康だったら、お金は沢山要らない。ずっと、ずっと、私の大好きな司さんでいてください」と言い、会社を辞めることに賛成した。

さらに、妻・小林沙也加(松岡茉優)は「もう立派な夫で居る必要はありません。いつの間にか、私の理想を押しつけていた、無理をさせてた。ごめんなさい。理想とか、もうどうでも良いです。優しすぎて損をする事があってもいい。だって、それが司さんなんだもん」と告げた。

しかし、妻・小林沙也加(松岡茉優)から勇気をもらった小林司(錦戸亮)は、もう少しだけ頑張る事を決め、翌日、出勤すると、上司の土方俊治(佐藤隆太)に「僕に仕事をさせてください」と頭を下げた。

すると、土方俊治(佐藤隆太)は黒川昌(壇蜜)に、小林司(錦戸亮)の面倒を見るように頼んだ。

黒川昌(壇蜜)は、重要なイベント「東京おもちゃエキスポ」を手がけており、小林司(錦戸亮)の面倒を見る暇はなく、新人がやる弁当発注の仕事を小林司(錦戸亮)に命じた。

一方、妻・小林沙也加(松岡茉優)は小林司(錦戸亮)に「司さんの良さが分からない会社なんか辞めていいです」と言ったが、マタニティー友達から「今のご時世、再就職は大変」「出産にどれだけお金がかかるか」「路頭に迷う」という話しを聞き、不安になる。

不安になった妻・小林沙也加(松岡茉優)は本屋に行き、出産に関する本を購入しようとしたとき、「できない男からできる男への道」という本を発見したので、一緒に購入する。

レジで本を購入すると、くじ引きが引け、妻・小林沙也加(松岡茉優)は3等の食事券が当たった。

帰宅した妻・小林沙也加(松岡茉優)は、購入した「できない男からできる男への道」を読むと、「できる男になるにはプレゼンが大事だ」と書いてあった。

その日の夜、妻・小林沙也加(松岡茉優)は小林司(錦戸亮)に「できる男になるにはプレゼンが大事。プレゼンの訓練をしよう」と提案し、今日の出来事を話すように促した。

しかし、小林司(錦戸亮)の話しはダラダラと長く、オチもなく、面白くなかった。完全に仕事の出来ない男のプレゼンの典型だった。

話しに飽きた妻・小林沙也加(松岡茉優)が「今、どんな仕事をしてるの?」と尋ねると、小林司(錦戸亮)は「東京おもちゃエキスポのスタッフの弁当の発注を任された」と話した。

そして、小林司(錦戸亮)は「僕の教育係の黒川先輩(壇蜜)に任された。黒川昌先輩、覚醒時大はバリバリの体育会系で、学生時代は空手をやっていたらしい。筋が通った人だ」と話した。

それを聞いた妻・小林沙也加(松岡茉優)は、体育会系のゴツイ男性を想像して、黒川先輩ができる男だと考え、小林司(錦戸亮)に「黒川先輩(壇蜜)に付いていきましょう」「お弁当だってチャンス」と言った。

すると、小林司(錦戸亮)は「沙也加に毎日弁当を作ってもらって、毎日頑張ろうと思える。そういう弁当を作りたい」と言い、翌日から弁当に関するアンケートを採り、発注する弁当の研究を始めた。

ある日、小林司(錦戸亮)らは、本屋の抽選で当てた食事券を使ってホテルへのレストランへ行くと、沢山のデザートの中から好きなデザートを5つ選ぶことが出来たので、妻・小林沙也加(松岡茉優)は大はしゃぎする。

それを観た小林司(錦戸亮)は、沢山の種類の弁当を用意して、弁当が選べたら楽しいのではないかと考えた。

そして、イベント「東京おもちゃエキスポ」の当日、小林司(錦戸亮)は数社に弁当を発注し、和食からイタリアンまで5種類の弁当を用意し、スタッフから好評を得た。

しかし、上司の土方俊治(佐藤隆太)に呼び出され、「予算を考えずに、好きな物を発注するって、どういう発想だ。1社にまとめれば30%の経費を削減出来た。みんなが経費削減に頑張っているのに」と叱られてしまう。

マタニティー友達と一緒にイベントを見に来ていた妻・小林沙也加(松岡茉優)は、その現場を目撃してしまい、夫だと紹介できなくなってしまう。

一方、黒川昌(壇蜜)は、イベント「東京おもちゃエキスポ」をフランスでも開催するため、頑張っていたが、フランスのスポンサーは女性ではなく、男性をリーダーにつけて欲しいと要請してきたので、落ち込んだ。

さて、イベント「東京おもちゃエキスポ」が無事に終了し、クライアントの広報部長・関根が挨拶に来た。

広報部長・関根は「今回はスタッフの弁当が良かった。スタッフやゲストの士気が上がった」と褒めると、土方俊治(佐藤隆太)は「時期的に食中毒も怖いので、業者をばらけさせたのもリスクヘッジの1つです。今回は新人に任せた」と答えた。

すると、広報部長・関根が田所陽介(薮宏太)を見て勘違いし、「君か。覚えておくよ」と言い、上機嫌で帰って行った。

このため、小林司(錦戸亮)の成功は、同僚・田所陽介(薮宏太)の手柄になってしまった。

その日の夜、帰宅した小林司(錦戸亮)が、弁当の件は同僚・田所陽介(薮宏太)の手柄になった事を報告すると、妻・小林沙也加(松岡茉優)は「その場で言えば、よかったじゃない?担当は僕ですって。悔しくないの?」と怒った。

しかし、小林司(錦戸亮)は「沙也加のおかげで、せっかく評価されたのに、自分のものに出来なくて、本当に申し訳ないし、悔しい。でもさ、お弁当を5つ用意して、みんなが嬉しそうだった。悔しいけど、これでいいんだと思うことにした。次は勘違いされないように頑張る」と話した。

すると、妻・小林沙也加(松岡茉優)は、手柄よりもみんなの笑顔が大切だと思える優しい夫だと気づいた。

妻・小林沙也加(松岡茉優)は、イベント「東京おもちゃエキスポ」を見に行って小林司(錦戸亮)が上司・土方俊治(佐藤隆太)に怒られていた現場を目撃した事を明かした。

そして、恥ずかしくて、マタニティー友達に「家の夫です」と紹介する事が出来なかった事を謝罪した。

すると、小林司(錦戸亮)は妻・小林沙也加(松岡茉優)を抱きしめ、「いつか、うちの夫ですと自慢したくなるような夫になります」と告げた。

翌日、土方俊治(佐藤隆太)は、小林司(錦戸亮)に多摩川のショッピングモールの企画書を出すように命じた。

小林司(錦戸亮)は妻・小林沙也加(松岡茉優)に電話で、新たなチャンスをもらえた事を報告し、上司の黒川昌(壇蜜)に飲みに誘われた事を報告した。

すると、妻・小林沙也加(松岡茉優)は喜び、上司の黒川昌(壇蜜)と飲みに行って親交を深めるように応援した。

ところが、上司の黒川昌(壇蜜)が女性だと判明する。

妻・小林沙也加(松岡茉優)は、上司の黒川昌(壇蜜)を体育会系のゴツイ男性だと思い込んでいたので、驚き、「家の夫は仕事が出来ない。でも、女にはもてる…かもしれない。最悪だ」と嘆いたのだった。

■ウチの夫は仕事ができない-第3話のあらすじとネタバレ

小林司(錦戸亮)は、妻・小林沙也加(松岡茉優)に樺ヶ谷ショッピングモールの集客イベントの企画に参加できる事を報告した。

すると、妻・小林沙也加(松岡茉優)は本「できない男からできる男への道」に「出来ない男は1つの企画に固執するが、できる男は企画は10個を考える」と書いてあったので、小林司(錦戸亮)に「企画を10個考えよう」と提案した。、

そのようななか、アルバイトを探していた妻・小林沙也加(松岡茉優)は、パン屋の面接に行くと、元彼がパン屋で働いており、元彼と再会した。

しかし、妻・小林沙也加(松岡茉優)は、小林司(錦戸亮)に嘘を付き、元彼とあったことはは秘密にした。

小林司(錦戸亮)は、妻・小林沙也加(松岡茉優)や姉・小林みどり(江口のりこ)の協力もあり、10個の企画を提出する事が出来た。

そして、チームリーダー土方俊治(佐藤隆太)は、小林司(錦戸亮)の「レイジ・カキタニの個展」という企画を採用した。

ただ、チームリーダー土方俊治(佐藤隆太)は「個展は無理だが、Tシャツのデザインならいける」と言い、同僚・田所陽介(薮宏太)の企画した「Tシャツを配るイベント」と合せた共同企画となり、同僚・田所陽介(薮宏太)と一緒に企画を担当することになった。

しかし、同僚・田所陽介(薮宏太)は「簡単に有名人の名前を出して、俺のハードルが上がった」と愚痴った。

さて、Tシャツを完成させるには、2週間以内にデザインを完成させなければならなかったが、同僚・田所陽介(薮宏太)はレイジ・カキタニに引き受けさせ、報道発表してから、「納期が早まった」と言い、本当の納期を言うことにした。

その後、2人はレイジ・カキタニの自宅を訪れ、Tシャツのデザインを依頼すると、レイジ・カキタニは「デザインに2ヶ月は必要になる」と言った。

同僚・田所陽介(薮宏太)は「大丈夫です」と言い、契約をしようとしたが、小林司(錦戸亮)は「納期を確認するため、いったん、持ち帰らせてください」と言い、引きあげた。

契約を取れなかった同僚・田所陽介(薮宏太)は「納期は早まることは良くある事」と怒るが、小林司(錦戸亮)は「嘘は良くない」と反論する。

そのようななか、小林司(錦戸亮)は上司・黒川昌(壇蜜)から、「嘘は嫌だと言うけど、嘘じゃ無くなるように努力はしたのか?」と言われてしまう。

小林司(錦戸亮)は,Tシャツの制作会社へ行って仕事を手伝い、納期を3週間に延ばしてももらった。

翌日、小林司(錦戸亮)と同僚・田所陽介(薮宏太)は、レイジ・カキタニの自宅を訪れる。

同僚・田所陽介(薮宏太)は「納期は2ヶ月で大丈夫です」と言い、レイジ・カキタニと契約の話を進めた。

ところが、小林司(錦戸亮)は「工場にかけあって納期を延ばしてもらいました。本当の納期は3週間です。3週間でお願いできないでしょうか?」と打ち明けた。

すると、レイジ・カキタニは「2ヶ月で大丈夫と言っておいて、後から納期が変わったとか言うつもりだったんだろ?」と言い、仕事を断った。

小林司(錦戸亮)は「なんとか3週間でお願いできないでしょうか?」と頼むと、レイジ・カキタニは「なんで僕にデザインを頼もうとしたわけ?」と尋ねた。

小林司(錦戸亮)は正直に「10個の企画を考えて、その1つがレイジ・カキタニにデザイン頼む企画で、企画が採用されて喜んでいた妻にもTシャツを着せてやりたくて」と話すと、レイジ・カキタニは「妻?もう良いよ」と呆れた。

レイジ・カキタニの自宅を出ると、同僚・田所陽介(薮宏太)は小林司(錦戸亮)に「ふざけるのはいい加減にしてください。何でも正直に話せばいいってことじゃない」と激怒した。

レイジ・カキタニは、その様子を、ベランダから見ていた。

同僚・田所陽介(薮宏太)が会社に戻って、別のデザイナーをピックアップしたが、全滅して困っていると、レイジ・カキタニから「オンスピレーションが沸いてしかたが無いので、Tシャツのデザインにでも使ってください」というメッセージと共に、ファックスでデザイン画が送られてきた。

それは、大きなカバが小さなカバを叱っている所だった。

同僚・田所陽介(薮宏太)が小林司(錦戸亮)を叱っている様子がモデルになっているようだ。

こうして、同僚・田所陽介(薮宏太)と小林司(錦戸亮)は無事にTシャツを完成させることが出来た。

一方、妻・小林沙也加(松岡茉優)は小林司(錦戸亮)に、元恋人に出会った事を打ち明け、嘘をついていた事を謝罪した。

すると、小林司(錦戸亮)は「それは付いて言い嘘だと思う」と言い、許してくれた。

翌日、妻・小林沙也加(松岡茉優)はパン屋へ行き、「もう少し家から近い場所でアルバイトを探すことにした」と言い、パン屋のアルバイトを断った。

■第4話のあらすじとネタバレ

小林司(錦戸亮)は、妻・小林沙也加(松岡茉優)が「できない男からできる男への道」という本を隠れて読んでいる事を知り、嫌われたのではないかと心配する。

翌日、小林司(錦戸亮)は、上司・土方俊治(佐藤隆太)から、レビ局のイベントの隙間企画「毒舌ラッパー対決」の責任者に任命された。

そのようななか、町田あかり(イモトアヤコ)の夫・ブヒ丸(脇知弘)に不倫疑惑が浮上する。

結局、ブヒ丸(脇知弘)は不倫はしておらず、税理士を目指すために勉強を始めようとしていただけだった。

しかし、町田あかり(イモトアヤコ)は何の相談も無かった事が納得できず、夫婦喧嘩に発展した。

それを知った小林司(錦戸亮)は、夫・ブヒ丸(脇知弘)にラップバトルへの出場して、ラップバトルで妻・町田あかり(イモトアヤコ)に思いを伝えることを勧めた。

しかし、小林司(錦戸亮)の確認ミスから、出場者が「テレビ放送が無いのなら出ない」と出場を拒否した。

上司・土方俊治(佐藤隆太)は「中止にしろ。どうせ隙間企画だから本隊には影響が無い」と命じたが、小林司(錦戸亮)は夫・ブヒ丸(脇知弘)の思いを知り、出場者を説得してまわり、なんとか出演を承諾してもらった。

こうして、無事に「毒舌ラッパー対決」が開催される事になったが、出演した夫・ブヒ丸(脇知弘)は毒舌ラッパーDOTAMAにボロクソに言われ、何も言い返せなかった。

それを見た町田あかり(イモトアヤコ)は、激怒してステージに上がり、夫・ブヒ丸(脇知弘)の代わりに、毒舌ラッパーDOTAMAにラップで反撃し、さらには、夫・ブヒ丸(脇知弘)に「仕事のことなんか期待してね-。できる男と結婚したければ、アンタとは結婚してねー。年を取っても楽しく暮らせると思ったから、アンタと結婚したんだよ」と叱咤した。

こうして、ラップイベント「毒舌ラッパー対決」は大盛り上がりして、大成功した。

土方俊治(佐藤隆太)が小林司(錦戸亮)に「お前に任せて良かった」と褒めたので、妻・小林沙也加(松岡茉優)も大喜びする。

しかし、小林司(錦戸亮)は本のことを気にしていたので、妻・小林沙也加(松岡茉優)は本を隠していたことを謝罪し、「前よりも好きになった」と言いキスをしたのだった。

なお、「愛してたって、秘密はある」のあらすじとネタバレは「愛してたって、秘密はある。原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク