あなたのことはそれほど-第3話のあらすじとネタバレ

鈴木伸之が出演するTBSの不倫ドラマ「あなたのことはそれほど」の第3話のあらすじとネタバレです。

第2話のあらすじとネタバレは「あなたのことはそれほど-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

原作のあらすじとネタバレは「あなたのことはそれほど-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■あなたのことはそれほど-第3話のあらすじとネタバレ

渡辺美都(波瑠)は有島光軌(鈴木伸之)と不倫温泉旅行に出かけたが、有島光軌(鈴木伸之)は子供が生まれるため、途中で帰ってしまう。

その後、渡辺美都(波瑠)がお土産を買って帰ろうとすると、三好悦子(麻生祐未)が外出中に階段から落ちて意識不明になったという知らせを受けた。

渡辺美都(波瑠)は「やっぱり見てたのかな?お天道様は」と不倫温泉を懺悔した。

さて、渡辺美都(波瑠)が病院へ駆けつけるが、受付で「三好悦子さん(麻生祐未)なら、先ほど、ご家族に連れられて帰りました」と教えられた。

渡辺美都(波瑠)は「ご家族?」と不思議に思いながら帰宅すると、渡辺涼太(東出昌大)が三好悦子(麻生祐未)を渡辺家へ連れて帰っていた。

渡辺美都(波瑠)は「どうせ酔っ払って階段を踏み外したんでしょ?いい加減に年を考えてよ。お母さんに何かあったら、私の人生まで変わっちゃうんだから」と呆れると、三好悦子(麻生祐未)は「ありがたいね。一応、私のことを面倒見るつもりがあるんだ」と嫌みったらしく喜んだ。

その後、渡辺涼太(東出昌大)が渡辺美都(波瑠)に「お母さんは目が悪いみたい。緑内障で視野狭窄を起こして階段を踏み外したんじゃないかって、救急の先生が。でも、お母さん、平気だって言い張ってて。眼科で一度、ちゃんと診てもらった方がいいって先生が言ってた。みっちゃん(波瑠)の病院に連れて行ってみたら?」と話した。

渡辺美都(波瑠)は「そうだね、本当にありがとう。ごめんね」と礼を言った。

翌日、渡辺涼太(東出昌大)が料理を作っていると、三好悦子(麻生祐未)が渡辺美都(波瑠)に「料理までしてくれて、本当にアンタは良い旦那さんを捕まえたね」と感心すると、渡辺涼太(東出昌大)は「僕がみっちゃん(波瑠)を捕まえたんです。運命だって」と答えた。

そして、渡辺涼太(東出昌大)は「よかったら、ここでしばらく、一緒に暮らしませんか?」と誘うと、三好悦子(麻生祐未)は大喜びした。

一方、有島麗華(仲里依紗)は無事に赤ちゃんを出産し、有島光軌(鈴木伸之)と母(清水ミチコ)と一緒に、赤ちゃんを眺めていた。

自分の名前にコンプレックスを持つ有島麗華(仲里依紗)は「『ありがとう』と『ごめんなさい』がちゃんと言える子に育ってくれることくらい。大それた願いは名前に背負わせたくないの」と話した。

母(清水ミチコ)が「でもさ、亜胡(あこ)って名前、ちょっと地味じゃ無い?光軌君(鈴木伸之)はいいの?」と尋ねると、有島光軌(鈴木伸之)は「亜胡って名前、俺は好きですよ。でも、実感がないな」と答えた。

有島麗華(仲里依紗)は「怖いとか言って、一度も抱っこしてないでしょ?だから、実感できないのよ」と言い、有島光軌(鈴木伸之)に娘・亜胡を抱かせた。

翌日、渡辺美都(波瑠)はお土産を持って飯田香子(大政絢)の元を訪れ、口裏合わせて欲しいと頼むが、飯田香子(大政絢)はお土産を受け取ってくれなかった。

飯田香子(大政絢)が「この後、どうするの?」と尋ねると、渡辺美都(波瑠)は「子供が居るみたいなの。有島君(鈴木伸之)に。旅行の途中で、子供が生まれるってなっちゃって、帰っちゃったの」と教えた。

飯田香子(大政絢)が「最低。でも、早く分かって良かったじゃない」と安心するが、渡辺美都(波瑠)は「最低なのは分かったけど、嫌いになれなくて」と話した。

呆れた飯田香子(大政絢)は「あんた、それじゃ動物だよ。現実は、子供が生まれる間のお手軽な浮気相手が美都(波瑠)だった。それだけ。これで終わりにしなよ」と告げた。

その日の夜、帰宅した渡辺美都(波瑠)は、「子供か。男の子かな?女の子かな?」と思いながら、お土産のチーズケーキを1人で食べていると、急に吐き気がしたので、トイレに駆け込んだ。

そこへ、夫・渡辺涼太(東出昌大)が帰宅する。渡辺涼太(東出昌大)は「吐いてたの?まさか…子供」と尋ねたが、渡辺美都(波瑠)は「子供なんかじゃ無いから。食べ過ぎちゃっただけ」と否定した。

夫・渡辺涼太(東出昌大)は「そっか。それなら、いいんだけど」と言い、夕食は渡辺美都(波瑠)のために軽い物を作った。

夕食を食べていると、夫・渡辺涼太(東出昌大)が「小田原(山崎育三郎)が出張を付き合ったお礼にってワインをくれたよ」と言い、ワインを取り出した。

三好悦子(麻生祐未)が「それ、すっごく高いやつじゃない。私でも知ってるよ」と驚くと、夫・渡辺涼太(東出昌大)は「帰って悪い事をしちゃったな。お返しするのも変だし、今度、寿司でもおごるか」と言った。

それを聞いた渡辺美都(波瑠)が「今度、ウチに招待したら?ワインに合う料理、私が作るよ」が提案すると、夫・渡辺涼太(東出昌大)と三好悦子(麻生祐未)は「出来るの?」と驚いた。

夫・渡辺涼太(東出昌大)が「そんなに無理しなくても良いよ」と止めたが、渡辺美都(波瑠)は「私だって、やるときはやります。涼ちゃん(東出昌大)のためにやりたいの」と言い、小田原真吾(山崎育三郎)の好物を尋ねた。

すると、夫・渡辺涼太(東出昌大)は喜び、「スイーツ男子っていうの?甘い物が好き」と教えた。

渡辺美都(波瑠)は仕事の休みが水曜日で、ちょうど、三好悦子(麻生祐未)も水曜日は常連さんと芝居を観に行く予定で居ないため、水曜日に小田原真吾(山崎育三郎)を招待することにした。

その後、不倫相手・有島光軌(鈴木伸之)から「東京に戻った。今度、埋め合わせをする。来週、いつ空いてる?俺は土日以外はいつでもOK」というメールが届いた。

しかし、渡辺美都(波瑠)は、「このままなら、忘れられるかもしれない。このまま会わないで居れば、きっと…」と思い、「来週は無理そう」と返信した。

渡辺美都(波瑠)は、「『好き』とか『嫌い』とか一端忘れてみよう。それで忘れられるのなら、その程度の事だ」と決意し、不倫相手・有島光軌(鈴木伸之)からかかってきた電話も切った。

約束の水曜日、渡辺美都(波瑠)は夫・渡辺涼太(東出昌大)を送り出した後、芝居を見に行く三好悦子(麻生祐未)を下まで送る。

渡辺美都(波瑠)は「ついでに眼科に行って診てもらって。目のことを隠したにのは分かるけど、私に迷惑を掛けたくないのなら、ちゃんと病院に行って」と告げる。

すると、三好悦子(麻生祐未)は「腐っても親子だね。今晩はいい妻をやるんだね。涼太さん(東出昌大)のためにも、アンタのためにも」と言ってタクシーに乗り込んだ。

さて、渡辺美都(波瑠)が料理の買い出しに行こうとすると、不倫相手・有島光軌(鈴木伸之)から「今日、ランチで外出られない?帝東ホテルのレストランでご馳走するから、この前のお詫びをさせてください」というメールが届いた。

すると、渡辺美都(波瑠)は「ランチだけなら、帰りに買物をして3時に戻れば間に合うし、お詫びならしょうがない。しょうがないなら…」と考え、ランチをOKした。

その後、渡辺美都(波瑠)は不倫相手・有島光軌(鈴木伸之)とホテルのレストランでローストビーフを食べた。

不倫相手・有島光軌(鈴木伸之)は会社のゴルフコンペで食事券をもらったと言っていたが、支払いのとき、出産祝いから3万円を抜いて支払っていた。

さて、食事が終わると、渡辺美都(波瑠)は「これで終わり。このまま家に帰って、言い奥さんをすれば、良い思い出になる、明るく軽く、最後は笑って綺麗な私を覚えて置いて欲しい」と決意した。

エレベーターを待っている間、渡辺美都(波瑠)が、つい、生まれた子供の事を尋ねると、不倫相手・有島光軌(鈴木伸之)は写真を見せてくれた。

しかし、写真を見た渡辺美都(波瑠)は「他人の子供なんて、ちっとも可愛くない」と言い、写真を返した。

渡辺美都(波瑠)は言い過ぎたと思ったが、「いいや。これで嫌われるなら、それで」と思い、エレベーターに乗り込んだ。

エレベーターに乗った渡辺美都(波瑠)は「少し正直に言いすぎたか?」と思い、不倫相手・有島光軌(鈴木伸之)に釈明しようとしたとき、不倫相手・有島光軌(鈴木伸之)に突然、抱きしめられた。

そして、エレベーターが1階に到着すると、不倫相手・有島光軌(鈴木伸之)は何も言わずに、「閉まる」のボタンを押し、「23階・客室」のボタンを押した。

渡辺美都(波瑠)は不倫相手・有島光軌(鈴木伸之)を見て、「ずるいな。『ごめん』も『ありがとう』も言わせてくれない。忘れるわけない。わすれられるわけないじゃん。有島君(鈴木伸之)が世界で一番好き。…大丈夫、4時までに帰れば、ギリギリ間に合う」と自分を言い聞かせ、ホテルの個室へと消えた。

あなたのことはそれほど-第3話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク