母になる-第5話のあらすじとネタバレ

道枝駿佑が出演する日本テレビの母親ドラマ「母になる」の第5話のあらすじとネタバレです。

第4話のあらすじとネタバレは「母になる-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■母になる-第5話のあらすじとネタバレ

ジュースを買っている隙に姿を消した柏崎広(道枝駿佑)は、ナウ先輩(望月歩)と合流してどこかへ向かった。

その後、柏崎広(道枝駿佑)を探していた児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)は、柏崎結衣(沢尻エリカ)に電話をして、柏崎広(道枝駿佑)が見つかった事を報告する。

ナウ先輩(望月歩)が、居場所を連絡してきたので、児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)は今から向かうのだという。

児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)は柏崎結衣(沢尻エリカ)に「門倉さん(小池栄子)は関係ありません。僕に任せてください」と告げると、電話を切った。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は不安でたまらず、柏崎陽一(藤木直人)に電話したが、柏崎陽一(藤木直人)は「でーんと構えて母親になるって言ったの誰だよ。木野先生(中島裕翔)に任せよう」と答えた。

その後、柏崎結衣(沢尻エリカ)は、心配で溜まらず、長男・柏崎広(道枝駿佑)にメールを送ろうとしたが、メールの送信を思い止まった。

そのとき、玄関の方で音がしたので、柏崎結衣(沢尻エリカ)は長男・柏崎広(道枝駿佑)だと思って慌てて玄関に向かうが、帰ってきたのは柏崎陽一(藤木直人)だった。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は「コウ(道枝駿佑)とナウ先輩(望月歩)、姿をくらませてから、ずっと24時間営業のネットカフェに居るんだって」と教えた。

柏崎陽一(藤木直人)は突然、柏崎結衣(沢尻エリカ)に抱きついたが、柏崎結衣(沢尻エリカ)は「何考えてるの?今、それどころじゃないでしょ。子供の話しをしてるのに、バカか」と呆れた。

柏崎結衣(沢尻エリカ)が「ナウ先輩がコウを誘ったんだって」と話すと、柏崎陽一(藤木直人)は「聞いた。もしかして、門倉さん(小池栄子)の所に行ったんじゃないかと思って、木野さん(中島裕翔)に電話した。今はグッスリ眠ってるから、朝になったら話しを聞くって。安心してください。門倉さん(小池栄子)は関係なかったのでって」と明かした。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は「もしそうだったら、許せなかった。以前会ったときは、コウが見つかった喜びの方が強くて、気持ちを抑えることが出来たけど、もし、また会うような事になったら、私何するか分からない。許せない。本当は施設に戻りたいって、あの人(小池栄子)が言わせたんじゃないかとか、あの人が匿ったんじゃないかとか、色々考えちゃって」と話した。

柏崎陽一(藤木直人)は「でも違った。大丈夫」と話すと、柏崎結衣(沢尻エリカ)は「うん」と答えた。

すると、柏崎結衣(沢尻エリカ)は柏崎陽一(藤木直人)が子供の事を考えていた事に感心し、「ゴメンね、さっき。良いよ、今なら」と抱きつく事を許可したが、柏崎陽一(藤木直人)は「いいです。いいです。あ、お風呂」と言って逃げた。

一方、門倉麻子(小池栄子)は、児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)に電話して、「あの子は見つかりましたか?」と尋ねた。

木野愁平(中島裕翔)は「すみません。門倉さんの所へ行ったのかと思って、つい連絡してしまって。もう大丈夫ですので。見つかりました」と報告した。

門倉麻子(小池栄子)が「今、どこに居るんですか?どうして柏崎さんの所から施設に?」と尋ねるが、木野愁平(中島裕翔)は「それを柏崎さんに教える事は出来ません」と言って電話を切った。

さて、酔っ払って帰宅した緒野琴音(高橋メアリージュン)は、ようやく酔いが覚め、「私どうやって帰ってきたんだろう?」と不思議がると、柏崎里恵(風吹ジュン)は門倉麻子(小池栄子)が運んできてくれた事を教えた。

柏崎オートの経理を頼んでいた井下さなえ(明星真由美)が急にヒーさんと熊本でお店を出すと言って、柏崎オートで経理として働く話しを無かった事にした。

仕方ないので、他の人を探さなければと思っていた矢先、緒野琴音(高橋メアリージュン)は門倉麻子(小池栄子)と出会い、カラオケで意気投合した。

そして、門倉麻子(小池栄子)が酔っ払った緒野琴音(高橋メアリージュン)を運んできてくれたのだという。

緒野琴音(高橋メアリージュン)が「それで、どうです?彼女(小池栄子)。仕事探しているみたいで」と尋ねると、柏崎里恵(風吹ジュン)は「いいんじゃない。柏崎オートで働いてもらいましょうよ」と答えた。

そこへ、緒野琴音(高橋メアリージュン)の為に酔い覚ましのアイスクリームを買いに行っていた門倉麻子(小池栄子)が戻ってきた。

そこで、緒野琴音(高橋メアリージュン)が改めて、「私が16歳の時からお世話になっている里恵さん(風吹ジュン)です」と言い、柏崎里恵(風吹ジュン)を紹介する。

柏崎里恵(風吹ジュン)が「柏崎里恵(風吹ジュン)です」と自己紹介すると、門倉麻子(小池栄子)は「柏崎」という名前に驚きながらも、「よろしくお願いします」と頭を下げた。

翌朝、児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)は、ネットカフェから上司に電話し、「分かってます。僕だけの判断では決められないことは。でも、2人がどうしてもと言い張って。改めて報告します。申し訳ありません」と報告して電話を切った。

ナウ先輩(望月歩)がネットカフェのパソコンを操作しながら、「ヤバイですよね?立場的に。仕事クビになるんじゃないですか?」と話すと、木野愁平(中島裕翔)はそれには答えず、「何をやろうとしてるんだ」と尋ねた。

ナウ先輩(望月歩)は「2人でやるから放っといて」と答えたが、木野愁平(中島裕翔)は「そういうわけにいくか。何の場所を探してるんだ」と尋ねた。

ナウ先輩(望月歩)はGoogleマップのストリートビューを見ていたので、木野愁平(中島裕翔)は「場所じゃない…人?人を見てるのか?…お母さん、お母さんを探してるのか?どういう事だ」と尋ねた。

すると、ナウ先輩(望月歩)は「この前、喧嘩したじゃないですか。その中に施設出身の人が居て。お前の母ちゃん、木更津に居たぞって。写ってたって。男とツーショットでアパートの前の駐車場で写り込んでた。お前の母ちゃんで間違いないって」と話した。

さて、柏崎結衣(沢尻エリカ)は、ドバイから帰国した西原莉沙子(板谷由夏)の部屋で、メークをしてもらっていた。

西原莉沙子(板谷由夏)が「グーグルマップ?ネットの?」と驚くと、柏崎結衣(沢尻エリカ)は「そう。その地図の中に、時折、人が映り込んでる事があるの。その映り込んだ駐車場がどこにあるのか、探しているんだって」と教えた。

やがて、カツラを被せて柏崎結衣(沢尻エリカ)のメイクが完成する。

長女・西原繭(藤澤遥)が「変な事になってるよ」と教えると、西原莉沙子(板谷由夏)は「変じゃないわよ。こういうメークなの。ツーオク。最新のアルバムはこうなの。ヘビメタ」と教えた。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は慌てて鏡を見ると、シルバーの髪に、目の周りに涙目ペンにとをしており、「ツーオク」がヘビーメタルのバンドだった事を知って驚いた。

さて、長男・柏崎広(道枝駿佑)がナウ先輩(望月歩)と一緒に、ネットカフェのパソコンで、Googleストリートビューに映り込んだ母親を探していると、柏崎結衣(沢尻エリカ)から写真が届いた。

柏崎結衣(沢尻エリカ)はツーオクのメークをして、指を立てて絶叫していたので、長男・柏崎広(道枝駿佑)は「マジか」と驚いた。

一緒にパソコンを見ていた児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)が「どうした?」と尋ねると、柏崎広(道枝駿佑)は「いや、何でも」と言い、スマホをしまって再び母親探しに戻った。

一方、写真を送った柏崎結衣(沢尻エリカ)は「既読」が付いたので喜んだが、返事が無く、既読スルーされたので「やっぱ、やらなきゃよかった。嫌われた」と落ち込んだ。

西原莉沙子(板谷由夏)は「そんなことないよ。こういうことで気持ちがほぐれて、あの人案外、乗り良いじゃんって思ってくれて…」とフォローしたが、長女・西原繭(藤澤遥)は「…あるいは、なんだ、この母親、イタイと思われるか」と告げた。

それを聞いた柏崎結衣(沢尻エリカ)は「絶対に後者だ。どうしよう」と困り、長男・柏崎広(道枝駿佑)に「泣きながら謝罪するスタンプ」を送った。

すると、長男・柏崎広(道枝駿佑)はそのスタンプを見て、クスッと笑った。

そのとき、ナウ先輩(望月歩)がついに、Googleストリートビューに映り込んだ母親を発見した。顔はモザイクがかかっているが、カバンに見覚えがあるのだという。

そして、ナウ先輩(望月歩)は、そこへ行くと言い、柏崎広(道枝駿佑)と一緒にネットカフェを出た。

児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)は仕方なく同行しながら、柏崎結衣(沢尻エリカ)に電話して状況を報告した。

さて、ナウ先輩(望月歩)は、母・田中舞子(伊藤ゆみ)の内縁の夫と上手くいかず、7歳の時に施設に保護された。

母・田中舞子(伊藤ゆみ)は月に1度は会いに来ると約束していたが、面会は3ヶ月に1度、半年に1度となっていき、ここ数年は年に1度あるかどうかとなっていた。

しかも、母・田中舞子(伊藤ゆみ)は住居を転々としており、現在はどこに住んでいるのかも分からなくなって、連絡も取れなくなっていた。

さて、ナウ先輩(望月歩)は、同行している児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)と二人っきりになると、「分かってる。俺の母親は最低の母親だってこと。自分を産んでくれた母親は世界にたった1人しかいない。たとえ、どんな母親だって、かけがえのない存在だってことを、コウ(道枝駿佑)に分からせたいんだ」と話した。

その後、柏崎広(道枝駿佑)は「せっかくだから、かっこよく成長した姿を母親に見せてやろうぜ」と言い、貯金を叩いて、母親と再会するナウ先輩(望月歩)の為に服を買ってあげた。

さらに、柏崎広(道枝駿佑)は、ナウ先輩(望月歩)のために、母親に渡す花束とケーキを買った。

さて、ナウ先輩(望月歩)らが目的地の近くでバスを降りると、柏崎広(道枝駿佑)は様子を見てくると言い、1人で先に様子を観に行った。

すると、ナウ先輩(望月歩)は、児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)に「本当はコウ(道枝駿佑)と2人が来るはずだったので、木野さんは黙ってて欲しいんです。大人が介入すると、整理整頓されちゃんで。その場を取り繕って綺麗に治めようとするから。そういうのをコウに見せたって、何の意味も無いんで」と頼むと、児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)は「分かった」と約束した。

母になる-第5話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク