リバース-第5話のあらすじとネタバレ

三浦貴大が出演するTBSのドラマ「リバース」第5話のあらすじとネタバレです。

原作のあらすじとネタバレは「湊かなえの原作「リバース」-あらすじと犯人のネタバレ」をご覧ください。

第4話のあらすじとネタバレは「リバース-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■リバース-第5話のあらすじとネタバレ

ある日、村井隆明(三浦貴大)と県会議員・沼淵ことは(篠原ゆき子)のダブル不倫が報じられ、双方の事務所は対応に追われる。

県会議員の父・村井明正(村井國夫)は、村井隆明(三浦貴大)に「脇が甘いんだ。しばらく隠れてろ」と命じた。

そこで、村井隆明(三浦貴大)は、深瀬和久(藤原竜也)の部屋に転がり込んだ。

村井隆明(三浦貴大)が「2~3日世話になる。でも、彼女が来るようだったら…」と告げると、深瀬和久(藤原竜也)は「大丈夫、ここには来ないから」と答えた。

村井隆明(三浦貴大)が「別れた?」と尋ねると、深瀬和久(藤原竜也)は「事故のことを話したら、気まずくなっちゃって」と答えた、。

村井隆明(三浦貴大)が「お前、話したのかよ」と驚くと、深瀬和久(藤原竜也)は「ゴメン、ゴメン。彼女の所にも、告発文が届いちゃって」と釈明した。

一方、越智美穂子(戸田恵梨香)はマスクをしてフードを被ったストーカーに襲われそうになり、必死に逃げていたところを、クローバーコーヒーのママ・乾恭子(YOU)に保護された。

その後、乾恭子(YOU)は深瀬和久(藤原竜也)に電話して、「お店出てから、ずっと後を付けられてたみたい。先週も脅しみたいな手紙が届いたんだって。心配だから、しばらく、ここに泊まってもらう事にした。深瀬君には知らせておこうと思って。今日はもう遅いから、しばらくしたら、顔を出して」と教えた。

翌日、深瀬和久(藤原竜也)は、パン屋に様子を見に行き、越智美穂子(戸田恵梨香)と再会する。

深瀬和久(藤原竜也)が「大丈夫?」と尋ねると、越智美穂子(戸田恵梨香)は「警察にも相談したし、しばらくの間、恭子さん(YOU)が送り迎えしてくれるから」と話した。

深瀬和久(藤原竜也)が「何かあったら、いつでも、連絡して」と言うと、越智美穂子(戸田恵梨香)は「心配かけてゴメンね。会社、遅れちゃうよ」と言って深瀬和久(藤原竜也)を見送った。

翌日、浅見康介(玉森裕太)が尋ねてきたので、深瀬和久(藤原竜也)・浅見康介(玉森裕太)・村井隆明(三浦貴大)の3人で食事をした。

そこで、深瀬和久(藤原竜也)は「村井があの日、遅れてきたのは、前の日に事故ったからなんだよね?村井はあのとき…」と10年前の事故について切り出したが、最後まで言えなかった。

すると、浅見康介(玉森裕太)が「最後に広沢(小池徹平)を見たのは、お前じゃないのか?あの時、何かしたのか」と核心に迫った。

しかし、村井隆明(三浦貴大)は「してない。俺は何もしてないし、広沢(小池徹平)も見てない。本当だ」と答えた。

浅見康介(玉森裕太)が「あのころ、村井と広沢(小池徹平)と揉めてたよな。明日香ちゃん(門脇麦)が二股を掛けられてたって」と追及すると、村井隆明(三浦貴大)は「あれか。広沢の事を1回殴ったことがあるよ」と言い、大学時代のエピソードを話し始めた。

大学4年生のとき、広沢由樹(小池徹平)と村井明日香(門脇麦)が仲良くなり、村井隆明(三浦貴大)も「広沢なら良いかな」と思っていた。

しかし、広沢由樹(小池徹平)に彼女が居る事が発覚し、村井隆明(三浦貴大)は「お前、二股を掛けてるらしいな」と激怒し、広沢由樹(小池徹平)を殴り飛ばした。

ところが、良く話しを聞いてみると、広沢由樹(小池徹平)と村井明日香(門脇麦)は付き合っておらず、村井明日香(門脇麦)が広沢由樹(小池徹平)に片思いしているだけだったのである。

村井隆明(三浦貴大)が謝罪すると、広沢由樹(小池徹平)は「あんな可愛い妹が居たら、心配するのは当然だ」と言い、笑って許してくれたのだった。

10年前の事を話し終えた村井隆明(三浦貴大)が「本当に彼女が居たのかは分からない。明日香(門脇麦)を傷つけないために付いた嘘かもしれないし」と話すと、原康生(市原隼人)は「話が聞けて良かったよ」と答えた。

翌日、深瀬和久(藤原竜也)と浅見康介(玉森裕太)は、ジャーナリスト・小笠原俊雄(武田鉄矢)を呼び出した。

浅見康介(玉森裕太)は「村井(三浦貴大)のスクープ写真をマスコミに流したのは貴方ですか?村井が言っていた。写真をチラつかせていたって」と追及するが、小笠原俊雄(武田鉄矢)はノラリクラリと交わした。

次に深瀬和久(藤原竜也)が「貴方が言ったとおり、俺たちだけじゃなく、周りの人間も巻込まれ始めている。俺の彼女・越智美穂子(戸田恵梨香)も襲われそうになりました」と話すと、小笠原俊雄(武田鉄矢)は「そうなのか?」と驚いた。

さらに、浅見康介(玉森裕太)は小笠原俊雄(武田鉄矢)に、事故当日に谷原康生(市原隼人)らが撮影した野球の集合写真を見せ、写真の隅に広沢昌子(片平なぎさ)らしき人物が写っている事を指摘する。

小笠原俊雄(武田鉄矢)が「広沢くん(小池徹平)のおかあさん(片平なぎさ)を疑ってるのか?」と尋ねると、浅見康介(玉森裕太)は「広沢昌子(片平なぎさ)1人では全てやれると思えない」と指摘した。

小笠原俊雄(武田鉄矢)が「誰かを雇ったと?あっ、俺か?」と驚くと、浅見康介(玉森裕太)は「小笠原さんはどうして僕たちの前に現れたんですか?」と尋ねた。

浅見康介(玉森裕太)は小笠原俊雄(武田鉄矢)を犯人と疑っていたが、小笠原俊雄(武田鉄矢)は「村井君(三浦貴大)の単独インタビューを用意してくれたら、その質問に答えよう」と答えて立ち去ったので、肝心な事は聞けなかった。

一方、村井隆明(三浦貴大)は、ダブル不倫騒動の件を父・村井明正(村井國夫)と話し合うため、ホテルの一室を訪れていた。父・村井明正(村井國夫)は、もうすぐ到着するのだという。

そのとき、テレビに、マスコミから辞任を追及されて困っている不倫相手・沼淵ことは(篠原ゆき子)が映っていた。

村井隆明(三浦貴大)は居ても立っても居られず、不倫相手・沼淵ことは(篠原ゆき子)の元に向かおうとすると、秘書・甲野伸之(山崎銀之丞)が「貴方が言ったところで余計に混乱するだけです。もう少し頭を使えよ。騒ぎが大きくなれば、あの人はますます窮地に立たされます。そうすれば、辞職は免れない。沼淵先生の事を思うのなら、ご自分が何をすれば良いのか、よく考えてください」と叱責した。

その後、村井隆明(三浦貴大)が深瀬和久(藤原竜也)の部屋に戻ると、不倫相手・沼淵ことは(篠原ゆき子)から電話がかかってきた。

不倫相手・沼淵ことは(篠原ゆき子)は「議員を辞めようと思うの。明日、離職と届けを出してくる。でも、後悔はしてない。私、貴方の事を本当に…」と話した。

すると、村井隆明(三浦貴大)は言葉をさえぎり、「大げさなんじゃないの?お互いにちょっと遊んだだけじゃん。俺は後悔している。愛情の無い相手と関係を持つと痛い目を見るってよく分かったよ。良い機会だから、無かった事にしよう。正直、面倒になってきてたんだ。香織(趣里)とも別れる気が無いし」と話した。

不倫相手・沼淵ことは(篠原ゆき子)が「最後に確認させて、本当に少しも愛情が無かったの?」と尋ねると、村井隆明(三浦貴大)は「無かったよ」と答えて電話を切った。

村井隆明(三浦貴大)は電話を切ると、しゃがみ込み、不倫相手・沼淵ことは(篠原ゆき子)の事を思い出しながら、スマホから不倫相手・沼淵ことは(篠原ゆき子)の電話番号を削除した。

その後、不倫相手・沼淵ことは(篠原ゆき子)は記者会見を開いて、不倫疑惑も議員辞職も否定し、議員としてよりいっそう頑張る事を表明した。

一方、得意先回りをしていた深瀬和久(藤原竜也)のスマホに「10年前の事件を、これ以上、詮索するな。もし、忠告を無視したら、お前にも、周りの人間にも、不幸が続くことになる」というメールが届いた。

そのメールを見て越智美穂子(戸田恵梨香)の事を心配した深瀬和久(藤原竜也)は仕事が終わると、慌ててパン屋に向かうが、越智美穂子(戸田恵梨香)は本社の研修に行っていて、まだ戻ってきていないと言うことだった。

深瀬和久(藤原竜也)は心配して、慌ててパン屋の本社へと向かっていると、越智美穂子(戸田恵梨香)の悲鳴が聞こえてきた。

越智美穂子(戸田恵梨香)は、1人で夜道を歩いていると、マスクしたストーカーに襲われ、工事現場に連れ込まれていた。

深瀬和久(藤原竜也)は越智美穂子(戸田恵梨香)の悲鳴を聞いて駆けつけ、マスクをしたストーカーと格闘したが、一方的にやられて負傷した。

深瀬和久(藤原竜也)はマスクの人物に刺されそうになったが、通行人が騒動に気付き、越智美穂子(戸田恵梨香)が助けを求めたので、マスクの人物は逃げ去った。

その後、越智美穂子(戸田恵梨香)は深瀬和久(藤原竜也)をクローバーコーヒーへ連れて行って手当てし、「ごめんなさい。ごめんなさい」と言って泣いた。

深瀬和久(藤原竜也)は「大丈夫だから」と言い、越智美穂子(戸田恵梨香)を抱きしめた。

その後、深瀬和久(藤原竜也)は越智美穂子(戸田恵梨香)と別れると、駅前で村井隆明(三浦貴大)と会った。

話しを聞いた村井隆明(三浦貴大)が「お前は凄いな。一歩間違えれば、殺されてたかもしれないのに」と感心すると、深瀬和久(藤原竜也)は「村井だって、彼女(不倫相手の篠原ゆき子)を守ったじゃない」と答えた、

村井隆明(三浦貴大)が「俺、守れたのかな?」と尋ねると、深瀬和久(藤原竜也)は「守れたよ。きっと、彼女も村井の本当の気持ちを分かっていると思う。あと、余計な事かもしれないけど、奥さんにもちゃんと話した方が良いんじゃないかな」と話した。

村井隆明(三浦貴大)は「深瀬ってさ、人の事にやたらと一所懸命だな。初めて分かったよ、こういう奴だったんだって」と話すと、深瀬和久(藤原竜也)は「俺もそうだよ。村井も谷原も浅見も、俺が持ってない物を全部持っていると思ってた。だけど、俺が勝手に羨ましがってただけなんだよね。みんなそれぞれ、人には言えない苦しいことを沢山持ってた」と話した。

すると、村井隆明(三浦貴大)は「前に話したよな。10年前のあの日、浅見(玉森裕太)と谷原(市原隼人)が車を谷底に落としたんじゃないかって。あの話し、ただの想像ってわけじゃないんだ」と言い、10年前の事を話し始めた。

10年前、駅に着いた村井隆明(三浦貴大)は、別荘の谷原康生(市原隼人)に電話して、「とにかく迎えに来い」と怒った。

しかし、電話を切った直後、偶然、回送のタクシーが通りかかったので、村井隆明(三浦貴大)と妹・村井明日香(門脇麦)は頼み込んで、タクシーに乗せてもらい、タクシーで別荘へと向かった。

妹・村井明日香(門脇麦)がタクシーの中から、迎えに来る広沢由樹(小池徹平)に電話して知らせようとしたが、電源が落ちており、繋がらなかった。

やがて、タクシーは雪で進めなくなったので、村井隆明(三浦貴大)は「ここまでくれば、何とかなる」と言い、タクシーを降りて、歩いて別荘まで行くことにした。

そのとき、村井隆明(三浦貴大)は、崖の方に居る浅見康介(玉森裕太)と谷原康生(市原隼人)を目撃したので、2人の元へと向かった。

すると、浅見康介(玉森裕太)と谷原康生(市原隼人)の2人は崖の所で何かをしており、まるで、2人で何かを隠蔽しているようだったのだという。

10年前の事を話し終えた村井隆明(三浦貴大)は「実家に戻る。ありがとうな。お前の所に行って良かったわ」と言い、深瀬和久(藤原竜也)に部屋の鍵を返して立ち去った。

翌日、深瀬和久(藤原竜也)が会社に行くと、会社が倒産していた。社長が会社の金を持って逃げたのだという。

その日の夜、深瀬和久(藤原竜也)が落胆して帰宅すると、秘書・甲野伸之(山崎銀之丞)が待っていた。

秘書・甲野伸之(山崎銀之丞)は自己紹介すると、「隆明さん(三浦貴大)と連絡が取れません。ご存じないですか?最後に会ったのは?」と尋ねると、深瀬和久(藤原竜也)は「一昨日の夜、駅前で会いました」と答えた。

しかし、秘書・甲野伸之(山崎銀之丞)は、村井隆明(三浦貴大)が帰ってきていないと言ったので、深瀬和久(藤原竜也)は犯人に襲われたのではないかと心配したのであった。

リバース-第6話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する