小さな巨人-第5話のあらすじとネタバレ

長谷川博己が出演するTBSの刑事ドラマ「小さな巨人」の第5話のあらすじとネタバレです。

第4話のあらすじとネタバレは「小さな巨人-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■小さな巨人-第5話のあらすじとネタバレ

香坂真一郎(長谷川博己)らは、自殺として処理された風見京子(富永沙織)の事件が殺人事件だった事を突き止めた。

そして、香坂真一郎(長谷川博己)は、犯人・中田隆一(加藤晴彦)と内通している黒幕を捜査一課長・小野田義信(香川照之)だと考えて罠をはったが、黒幕は小野田義信(香川照之)ではなく、芝警察署の署長・三笠洋平(春風亭昇太)だった。

しかし、署長・三笠洋平(春風亭昇太)が関与したという決定的な証拠が無く、自首してきた山本アリサ(佐々木希)も警視庁捜査一課に奪われてしまった。

黒幕として疑われた捜査一課長・小野田義信(香川照之)は激怒し、香坂真一郎(長谷川博己)に「内通者がお前達、所轄のトップに居るんだ。お前達が捜査に加わること自体がおかしい。余計な事はするな。指示があるまで待機」と命じた。

さて、芝警察署の刑事・渡部久志(安田顕)らは、署長・三笠洋平(春風亭昇太)が黒幕だったので激怒した。

しかし、山田春彦(岡田将生)は、インサイダー取引の線では署長・三笠洋平(春風亭昇太)を逮捕できず、風見京子(富永沙織)事件でも、100%の証拠が無いため、逮捕は難しいと教えた。

すると、若手刑事・中村俊哉(竜星涼)が、自首してきた山本アリサ(佐々木希)の所持品にUSBメモリがあるので、これが証拠にならないかと尋ねた。

刑事・渡部久志(安田顕)は、USBメモリに付いていたお守りに見覚えがあり、確認すると、殺された風見京子(富永沙織)のお守りだと判明した。

香坂真一郎(長谷川博己)は、USBメモリが曲がっていたことから、風見京子(富永沙織)がビル屋上から転落したときに所持していた物ではないかと推定した。

さらに、USBメモリが少し欠けていたことから、転落した時の衝撃で欠けたのではないかと推定した。

しかし、鑑識が押収した証拠品の中に、USBメモリの破片は無く、黒幕の署長・三笠洋平(春風亭昇太)が破片を持ち去って隠蔽したのではないかと疑った。

香坂真一郎(長谷川博己)らは、署長・三笠洋平(春風亭昇太)が署長室に鍵を掛けるようになった事から、署長室に証拠を隠していると考え、「今日は署長会議で、その後は幹部の懇親会がある。今夜はこの署には戻りません」と言い、署長・三笠洋平(春風亭昇太)が出かけると、スペアキーで署長室へと進入し、証拠を探した。

一方、署長・三笠洋平(春風亭昇太)は、署長会議に出席しようとしていたとき、芝警察署の警務係・大島から「鍵を持ち帰られましたか?署長室の鍵が見当たらなくて」という確認の連絡が来た。

署長・三笠洋平(春風亭昇太)は「私はちゃんと警務に返した」と答えて驚き、電話を切ると、「急用が入った」と言い、署長会議への出席をとりやめて、芝警察署へと戻った。

さて、香坂真一郎(長谷川博己)らは、署長室で証拠を探していたが、証拠は発見出来なかった。まだ、探していない場所は、鍵のかかった机の引き出しだけだった。

香坂真一郎(長谷川博己)は、引き出しの中に証拠があると確信したが、机の鍵は署長・三笠洋平(春風亭昇太)が所持しており、開けられなかった。

そのとき、署長会議に出ているはずの署長・三笠洋平(春風亭昇太)が戻ってきたという知らせが入り、香坂真一郎(長谷川博己)らは慌てて署長室を片付け始めた。

しかし、そんなに早く片付けられるはずがなく、署長・三笠洋平(春風亭昇太)が署長室のドアノブに手を掛けた。

香坂真一郎(長谷川博己)らが万事休すと思ったそのとき、所轄の動きを察知していた捜査一課長・小野田義信(香川照之)が、話が有ると言って、署長・三笠洋平(春風亭昇太)を呼び止めて別の部屋に連れて行った。

九死に一生を得た香坂真一郎(長谷川博己)は、ドライバーを使い、引き出しの鍵の周りを傷つけ、こじ開けようとした痕を付けて署長室を出た。

さて、署長・三笠洋平(春風亭昇太)は捜査一課長・小野田義信(香川照之)との話しを早々に切り上げると、急いで署長室に戻ってみたが、何も変わった様子はなかったので安堵した。

一方、証拠を押えることに失敗した香坂真一郎(長谷川博己)らが、悔しがり、「次は絶対に見つける」と話し合っていると、山田春彦(岡田将生)が来て「次は無い。中田隆一(加藤晴彦)は明日の朝に日本を離れる予定です。手は打ったという署長の言葉の意味はこれだったんですよ」と教えた。

渡部久志(安田顕)が「直ぐ近くに証拠があるのに、手が出せないなんて」と悔しがると、香坂真一郎(長谷川博己)は「まだ手はあります」と言い、警務係・大島に一芝居打つように頼んだ。

さて、署長室に居る署長・三笠洋平(春風亭昇太)は、机の引き出しをこじ開けようとした痕に気づき、慌てて引き出しを開けると、証拠は無事だったので安堵した。

そこへ、警務係・大島がやってくる。

警務係・大島は、署長・三笠洋平(春風亭昇太)に「鍵は見つかりました。今回は何事も無かくて良かったですが、貴重品の管理は十分にお気を付けください。署長室の備品の家具は古いですから、その気になればこじ開けられてしまいます。警察署の署長室に泥棒が入るとは思いませんけどね」と告げた。

こうして、香坂真一郎(長谷川博己)は警務係・大島を使って署長・三笠洋平(春風亭昇太)に罠を仕掛けると、捜査一課長・小野田義信(香川照之)の元を訪れた。

そこで、香坂真一郎(長谷川博己)は、中田隆一(加藤晴彦)の出国を阻止するため、逮捕を訴えるが、小野田義信(香川照之)は「仮に逮捕して落とせなかったらどうする。失敗すれば、警察は二度と動かん。中田隆一(加藤晴彦)だけじゃない。ようやく掴んだ三笠洋平(春風亭昇太)のシッポも手放すことになる。それは警察の敗北を意味する」と拒否した。

山田春彦(岡田将生)が食い下がると、小野田義信(香川照之)は「証拠をもってこい。証拠が無ければ、逮捕状は出ない。逮捕状を出すには3時間かかる。タイムリミットは明日の朝5時だ」と告げた。

さて、署長・三笠洋平(春風亭昇太)は、警務係・大島から署長室の家具は危ないと言われたが、今夜は大事な懇親会に出席しなければならないため、引き出しにしまっていた証拠品を、芝警察署の証拠品保管庫に隠して、懇親会へと向かった。

しかし、それは、机の引き出しを上げられなかった香坂真一郎(長谷川博己)の罠だった。

香坂真一郎(長谷川博己)らは、署長・三笠洋平(春風亭昇太)が出て行くと、証拠品リストを用意し、証拠品保管庫の中から、証拠品リストに記載されていない物を探し始めた。

証拠品保管庫には5000もの証拠品が保管されており、到底、間に合いそうも無かったが、小野田義信(香川照之)の命令で捜査一課の藤倉良一(駿河太郎)らが応援に来て手伝ってくれた。

こうして、香坂真一郎(長谷川博己)は、捜査一課の応援を得て、署長・三笠洋平(春風亭昇太)が隠した証拠を発見する事に成功し、タイムリミットギリギリで、空港に居た中田隆一(加藤晴彦)を逮捕して出国を阻止した。

さて、香坂真一郎(長谷川博己)と山田春彦(岡田将生)が、中田隆一(加藤晴彦)の取り調べを行う。

事前に池沢菜穂(吉田羊)にも取り調べを行っており、池沢菜穂(吉田羊)はUSBメモリを見ると偽証を認め、事件当日のことを話していた。

事件の発端は、中田隆一(加藤晴彦)が風見京子(富永沙織)からUSBメモリを盗んだ事だった。

盗まれた事に気付いた風見京子(富永沙織)は、USBメモリに保存していた特許に関する権利を返すように求め、ビルの屋上で話し合った。

池沢菜穂(吉田羊)は「ゴーンバンクの新事業は進んでいるし、既に特許も認可されている。今更、白紙になんて戻せない」と説得したが、風見京子(富永沙織)は「そんな事は私には関係無い」と拒否した。

その場に居た中田隆一(加藤晴彦)が「1億で買い取ろう」と言ったが、風見京子(富永沙織)は「お金の問題じゃ無い。あのシステムは私とお父さんの全てなの」と怒った。

中田隆一(加藤晴彦)が「それって、これのことか?」と言い、USBメモリを見せると、風見京子(富永沙織)は「やっぱり盗んだのね」と言ってUSBメモリを取り返そうとた。

そして、風見京子(富永沙織)と中田隆一(加藤晴彦)はもみ合いになり、中田隆一(加藤晴彦)が風見京子(富永沙織)をはね飛ばすと、風見京子(富永沙織)はビルの屋上から転落したのだ。

すると、中田隆一(加藤晴彦)は池沢菜穂(吉田羊)に「誰にも言うな。あの女は自分から飛び降りたんだ。監視カメラの映像も書き換えろ。誰も居なかったことにするんだ」と命じた。それが事件当日の真相だった。

中田隆一(加藤晴彦)は「それで、証拠は?その話しが本当だという証拠は無いでしょ?」と呆れると、香坂真一郎(長谷川博己)は証拠品保管室で発見した証拠を突きつけた。

取り調べを止めに来た署長・三笠洋平(春風亭昇太)は、香坂真一郎(長谷川博己)が出した証拠を見て、「どうやって、それを」と驚いた。

香坂真一郎(長谷川博己)は「貴方が隠した後、見つけたんですよ。私一人では絶対に見つけることが出来なかった。私の部下、仲間達のおかげです。貴方は中田隆一(加藤晴彦)の殺人を隠蔽した。貴方は警察官ではない。犯罪者だ」と言い放つと、署長・三笠洋平(春風亭昇太)は崩れ落ちたのだった。

その後、香坂真一郎(長谷川博己)は所轄の部下に「ありがとう。みんなのおかげだ」と礼を言うと、みんなは「所轄の意地を見せてやったんだ」と大喜びした。

その後、山本アリサ(佐々木希)は捜査二課によってインサイダー取引が立証されて逮捕された。

一方、中田和正(桂文枝)は一切の関与を否定し、全ての罪を中田隆一(加藤晴彦)に押しつけた。

昏睡状態に陥っていた風見康夫(長江英和)は目覚めたので、渡部久志(安田顕)は、中田隆一(加藤晴彦)の逮捕を報告した。

さて、香坂真一郎(長谷川博己)は、マスコミに情報をリークした件で、監察官・柳沢肇(手塚とおる)に呼ばれ、情報のリークを認めた。

その結果、香坂真一郎(長谷川博己)は、豊洲署へ飛ばされることになった。

一方、人事課の三島祐里(芳根京子)は、「尊敬する刑事が居て、その人のような立派な刑事になりたいんです」と言い、移動願いを出した。

こうして、風見京子(富永沙織)殺害事件は終わるはずだったが、事件の黒幕だった署長・三笠洋平(春風亭昇太)は、別の所轄へ警察署長として移動しただけで、殺人を隠蔽した事についての処分は一切無かった。

驚いた香坂真一郎(長谷川博己)は、捜査一課長・小野田義信(香川照之)に抗議した。

すると、小野田義信(香川照之)は「捜査一課長というのは警視庁の顔だ。その元捜査一課長が犯罪に荷担し、殺人を隠蔽したと知れてみろ、警察への国民の信頼は崩れ去り、今まで起きた全ての事件に疑問の声が上がる。…それが表向きの理由だ」と話した。

香坂真一郎(長谷川博己)が「表向き?」と驚くと、山田春彦(岡田将生)は「三笠署長(春風亭昇太)は業務のかたわらで警察幹部の天下り先を斡旋していました。そのなかで、中田社長と大きな癒着関係になっていた。その関係があって、今回の事は断る事が出来なかった」と教えた。

小野田義信(香川照之)は「今回の事が表向きになれば、困る人間が沢山いるんだ。外部では無く、警察内部にな。三笠(春風亭昇太)の処分に待ったを掛けてきたのは警察組織だ。国民の安全を守るための警察組織自体を、我々は守らなければならない。我々警察にとっての最も厄介な的は警察組織そのものなのかもしれない」と告げた。

そして、小野田義信(香川照之)は「お前達も、この立場になれば分かる。正義だけでは国民の真の安全というのは守れない。お前達が目指す、捜査一課長というのは、そういうものなのだ」と笑った。

香坂真一郎(長谷川博己)と山田春彦(岡田将生)は部屋を出ると、署長・三笠洋平(春風亭昇太)と出会った。

すると、署長・三笠洋平(春風亭昇太)は「香坂(長谷川博己)、お前はまだ何も分かっちゃいない。本当に恐ろしいのは、あの男なんだよ。現場畑の小野田(香川照之)がなぜ、捜査一課長にまで成れたと思う?刑事として優秀なだけでは成れない。出世のために仲間を裏切ったからだ。敵は味方の振りをする。お前もせいぜい、気をつけることだな」と言って笑ったのだった。

小さな巨人-第6話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク