愛してたって、秘密はある。原作とあらすじとネタバレ

福士蒼汰が主演する日本テレビの恋愛ミステリードラマ「愛してたって、秘密はある。」の原作とあらすとネタバレです。

■愛してたって、秘密はある。原作と主題歌

愛してたって、秘密はある。-原作と主題歌
主題歌 家入レオの新曲「ずっと、ふたりで」
原作 原案は秋元康/脚本は桑村さや香
放送局枠 日本テレビの日曜日の夜10時
放送開始日 2017年7月18日

■愛してたって、秘密はある。あらすじとネタバレ

奥森黎(福士蒼汰)は、11年前、中学3年生のとき、父・奥森皓介(堀部圭亮)のDVから母・奥森晶子(鈴木保奈美)を守るため、父・奥森皓介(堀部圭亮)をトロフィーで殴って殺害した。

奥森黎(福士蒼汰)は自首しようとしたが、母・奥森晶子(鈴木保奈美)は、「母さんを救ってくれてありがとう。今度は母さんの番。母さんが黎を守るから」「罪は無かったことにすれば、罪じゃ無くなるのよ」と言い、庭の隅に死んだ夫・奥森皓介(堀部圭亮)を埋め、失踪したことにした。

こうして秘密を抱えた奥森黎(福士蒼汰)は、友達も恋人も作らず、人とは関わらずに生きていき、11年後、弁護士を目指して司法修習生となっていた。

そして、3年前に検事を志望する法科大学院の立花爽(川口春奈)と出会って恋に落ち、立花爽(川口春奈)から逆プロポーズされ、結婚を決めた。

しかし、立花爽(川口春奈)も秘密を打ち明けられずに居た。なんと、立花爽(川口春奈)の父親は、特捜の出身で「特捜の鬼」と恐れられていた神奈川地方検察庁の検事正・立花弘晃(遠藤憲一)だったのである。

立花家に結婚の挨拶に行った奥森黎(福士蒼汰)は、立花爽(川口春奈)の父親が検事正・立花弘晃(遠藤憲一)だったので驚いたが、結婚の意思は変わらなかった。

立花爽(川口春奈)は秘密を打ち明けられたと安堵したが、奥森黎(福士蒼汰)は父親を殺したという秘密を抱えたままだった。

そのようななか、奥森黎(福士蒼汰)のスマートフォンに、「庭のお父さんには彼女を紹介しないの?」というメールが届き、奥森黎(福士蒼汰)は激しく動揺する。

さらに、翌日、自宅の庭が掘り返され、庭に埋めた父・奥森皓介(堀部圭亮)と凶器のトロフィーが無くなっていたのだった。

奥森黎(福士蒼汰)は「自首する」と言ったが、母・奥森晶子(鈴木保奈美)に止められた。

そのようななか、奥森黎(福士蒼汰)は中学3年生(15歳)の少年・深水柊二の事件を担当し、加害者の家族が酷い扱いを受けている事を知る。

一方、立花爽(川口春奈)は帰宅するとドアに封筒が挟まっており、封筒の中には奥森黎(福士蒼汰)の戸籍謄本が入っていた。

奥森黎(福士蒼汰)の戸籍謄本には、父・奥森皓介(堀部圭亮)が「失踪宣言」で死亡扱いになっており、「父親は病気で死んだ」と言っていた奥森黎(福士蒼汰)を追及した。

しかし、奥森黎(福士蒼汰)は「俺のこと、許せないのなら、それでいいよ」と言ったので、立花爽(川口春奈)は怒って立ち去った。

その後、立花爽(川口春奈)は苦悩するが、法を犯しても良いと思えるほど愛しているからこそ、奥森黎(福士蒼汰)と結婚しようと決めたことに気付き、奥森黎(福士蒼汰)の秘密を受け入れる事にした。

しかし、奥森黎(福士蒼汰)は、父親を殺害したことは言わず、「父さんは急に居なくなったんだ。理由は分からない。捜索願を出したんだけど、事件性が無かったから、ちゃんと捜査してもらえなくて、4年前に失踪宣告されて、戸籍上では亡くなったことになっている」と話したのだった。

そのようななか、警察は何者かの通報により、崖から海に落とした父・奥森皓介(堀部圭亮)の車を発見する。

一方、奥森黎(福士蒼汰)の元には、「奥森黎の落とし物」というメッセージとともに、父・奥森皓介(堀部圭亮)の車の鍵が届いたのであった。

なお、「僕たちがやりました」の原作のあらすじとネタバレは「僕たちがやりました-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

愛してたって、秘密はある。原作とあらすじとネタバレへのコメント

嵐の二宮くんが主演して、あややも出てた凄く切ない映画「青の炎」をすぐ思い出した。青の炎は、父親殺害して自分もトラックに突っ込んで死ぬって感じだったような。二宮くんとあややの淡い恋も描かれて悲しくて重たかったけど、良かったです。この話も似たような感じかな?

  • 投稿者-
  • 巷のとみ子
  • -2017年5月18日