リバース-谷原康生(市原隼人)を突き落とした犯人ネタバレ

戸田恵梨香が出演するTBSのドラマ「リバース」の第8話のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「リバース-第8話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■リバース-第8話のあらすじとネタバレ後編

越智美穂子(戸田恵梨香)は「これ、浅見君に渡してくれる?広沢君(小池徹平)が借りっぱなしで気にしてた本。浅見君は忘れてるかも知れないけど」と言い、深瀬和久(藤原竜也)に本を渡した。

深瀬和久(藤原竜也)が本をめくってみると、浅見康介(玉森裕太)の名前が書いてあった。どうやら、本当のようだ。

深瀬和久(藤原竜也)が「俺は広沢(小池徹平)の事を知らなかった。あの告発文が届くまで。あれを送ったのは美穂ちゃんだよね?」と尋ねると、越智美穂子(戸田恵梨香)はうなずいた。

深瀬和久(藤原竜也)が広沢由樹(小池徹平)との関係を尋ねると、越智美穂子(戸田恵梨香)は「広沢君(小池徹平)は同じ高校の先輩。高校のときは、そんなに仲は良くなかったけど、こっちに出て来た最初の年に偶然、会ったの。広沢君は大学3年生だった。こんな偶然あるんだね。凄いねって、お互いにメルアドを交換して」と話した。

それから、よく会うようになって、広沢由樹(小池徹平)の方から越智美穂子(戸田恵梨香)に告白し、付き合いだした。

しかし、広沢由樹(小池徹平)が4年生のときに、急に関係が上手くいかなくなったのだという。

越智美穂子(戸田恵梨香)が「卒業したらどうするの?」と尋ねると、広沢由樹(小池徹平)は「就職はせん。卒業したら、1年、外国を旅したい」と言った。

越智美穂子(戸田恵梨香)の両親が離婚した原因は、父親が働かないからだった。だから、越智美穂子(戸田恵梨香)は就職しないと言われて不安に成り、「就職しないのなら別れる」と告げた。

すると、広沢由樹(小池徹平)は「ごめん、考えるけん」と答えたのだという。

越智美穂子(戸田恵梨香)は「聞けば良かったよね。外国ってどこ?私は置いて行かれるの?待ってて良いのって。軽く聞ければ、答えたかも知れない」と悔やむと、深瀬和久(藤原竜也)は「軽く聞けるのは、自分に自信を持てる人だけだよ。俺なら、怖くて聞けない」と告げた。

越智美穂子(戸田恵梨香)は「旅行先で行方不明になっている事も、しばらく知らなかった」と話した。

深瀬和久(藤原竜也)は「最初の目的は、復讐じゃなかったんじゃない?最初の目的は広沢を知る事だったんじゃない?俺たちに近づいたのは?」と尋ねる。

越智美穂子(戸田恵梨香)は「貴方たちを見たのは、3回忌。お葬式も1周忌も辛くて行けなかった。大学時代の友達だって直ぐに分かった。最後に一緒に居たのは、あの人だって。聞いてみたかった。貴方たちの目に、広沢君はどんなふうに映ってたのか。最後の1日は楽しく過ごせたのか」と話した。

越智美穂子(戸田恵梨香)は、3回忌の後、浅見康介(玉森裕太)に電話したが、聞きたいことは聞けず、ずっと心に残っていた。

そして、越智美穂子(戸田恵梨香)は大阪で母親と一緒に暮らそうと決めたとき、もう東京には戻ってこないと思い、やり残した事をやろうと考え、深瀬和久(藤原竜也)らに話しを聞きに行く事にした。

偶然、知り合ったふりをして近づき、さりげなく話しを聞き出した方が、本当の話しが聞けると思い、偶然を装って、深瀬和久(藤原竜也)・村井隆明(三浦貴大)・谷原康生(市原隼人)の3人に近づいた。

3人とも良い人だったので、越智美穂子(戸田恵梨香)は「この人たちなら、最後の1日も楽しく過ごせただろうなって」と思い、大阪に行くつもりだったが、話をしてみたい人が出来た。広沢君が、良くその人の話をしてたから。

それが深瀬和久(藤原竜也)だった。

越智美穂子(戸田恵梨香)は深瀬和久(藤原竜也)と付き合うようになり、初めて深瀬和久(藤原竜也)の部屋に泊まったとき、ゴミ袋の中に「人殺し」と書かれた紙を発見した。

越智美穂子(戸田恵梨香)は、深瀬和久(藤原竜也)が人殺しには思えなかったが、人殺しというのが本当なら、広沢君(小池徹平)の事なんじゃないかと考えた。

それで、越智美穂子(戸田恵梨香)はパン屋の自分宛に「深瀬和久は人殺しだ」という告発文を送り、他の3人にも告発文を送ったのだ。

そして、越智美穂子(戸田恵梨香)は、深瀬和久(藤原竜也)から10年前の真相を聞き、「思い出して欲しいと思った。みんな、何をしたのか忘れて暮らしてる。お酒を飲んでた広沢君に運転を押しつけて、それを警察にも、ご両親にも隠して。なのに、何も無かったかのように振る舞ってる」と話した。

深瀬和久(藤原竜也)が「みんな忘れてないよ」と言うと、越智美穂子(戸田恵梨香)は「でも、谷原君(市原隼人)は」と言い、声を荒げた。

深瀬和久(藤原竜也)が驚いて「何があったの?」と尋ねると、越智美穂子(戸田恵梨香)は駅のホームでの出来事を話した。

野球チームの打ち上げの後、谷原康生(市原隼人)と越智美穂子(戸田恵梨香)は駅のホームに立っていた。

谷原康生(市原隼人)が「やっぱり車で送っていくよ」と言うと、越智美穂子(戸田恵梨香)は「でも、お酒飲んでるでしょ?」と注意した。

それでも、谷原康生(市原隼人)が車で送ると言ったので、越智美穂子(戸田恵梨香)は「友達が交通事故にあったって聞いたけど。10年前、事故があったって」と尋ねた。

谷原康生(市原隼人)は「あの時は免許持ってなかったから、分からなかったけどさ、このぐらい飲んでても、全然、いけると思うんだよね。要は反射神経?まっ、運が悪かったってことから」と言って笑った。

それを聞いた越智美穂子(戸田恵梨香)が怒りをかみ殺して我慢していると、谷原康生(市原隼人)は「よし、車で帰ろう」と言い、越智美穂子(戸田恵梨香)の手を取って歩き出そうとしたので、越智美穂子(戸田恵梨香)は思わず、谷原康生(市原隼人)を突き飛ばした。

そして、谷原康生(市原隼人)は駅のホームに転落した。それが転落事件の真相だった。

越智美穂子(戸田恵梨香)は「死ぬかも知れないと思ったのに、逃げた。怖くて」と話すと、深瀬和久(藤原竜也)は「それは俺たちも同じ。広沢に同じ事をした。どうすれば許して貰える?」と尋ねた。

越智美穂子(戸田恵梨香)は「貴方は私のことが許せる?騙して近づいて、人殺しだって責めて。谷原君に酷いことをして。広沢君のためじゃない。全部、自分のため、自分の気持ちを晴らすためにやったの」と話した。

深瀬和久(藤原竜也)は「それで気が済むの?済むはず無いよね?」と尋ねると、越智美穂子(戸田恵梨香)は「自分がしたことを全て警察に話そうと思います。今まで騙しててすみませんでした」と言い謝罪して、クローバーコーヒーを出て行った。

深瀬和久(藤原竜也)は越智美穂子(戸田恵梨香)を追いかけて、「全部嘘だったの?」と尋ねると、越智美穂子(戸田恵梨香)は「全部、嘘。貴方のこと、好きでも何でも無かった」と言い、タクシーに乗り込んで走り去った。

深瀬和久(藤原竜也)は立ち尽くしてタクシーを見送った。越智美穂子(戸田恵梨香)はタクシーの中で泣いていた。

その日の夜、小笠原俊雄(武田鉄矢)は深瀬和久(藤原竜也)の自宅の近くから、深瀬和久(藤原竜也)に電話して「ちょっと逢えないかな?この辺で話しを整理しておきたいんだ」と告げた。

しかし、深瀬和久(藤原竜也)は、越智美穂子(戸田恵梨香)に振られて項垂れながら帰っていた途中なので、「できれば、日を改めて。気持ちの整理が付かなくて」と断った。

小笠原俊雄(武田鉄矢)が「なんで、どういうことだ?」と尋ねていると、小笠原俊雄(武田鉄矢)は突然、ヘルメットを被った人物に刺されてしまった。

脇道から、バイクがもの凄いスピードで走ってきたので、深瀬和久(藤原竜也)はが、脇道の方を見てみると、石段でで小笠原俊雄(武田鉄矢)が倒れているのが見えた。

深瀬和久(藤原竜也)が慌てて駆け寄ると、小笠原俊雄(武田鉄矢)が腹部から血を流して苦しんでいたのだった。

リバース-第9話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク