過保護のカホコ-原作とあらすじとネタバレ

高畑充希が主演する日本テレビのドラマ「過保護のカホコ」の原作とあらすじとネタバレです。

■過保護のカホコ-原作と主題歌

過保護のカホコ-原作と主題歌
主題歌 星野源の新曲「Family Song」
原作 原作は無し。遊川和彦のオリジナル脚本
放送局枠 日本テレビの水曜10時枠
放送開始日 2017年7月12日

■過保護のカホコ-あらすじとネタバレ

何から何まで母・根本泉(黒木瞳)が面倒を見てくれる超過保護の箱入り娘に育った大学4年生・根本加穂子(高畑充希)は、エントリーシートだけで落とされており、未だに就職が決まっていなかった。

父・根本正高(時任三郎)は過保護を心配していたが、母・根本泉(黒木瞳)は自分が過保護にしていることすら気付いていなかった。

そのようななか、根本加穂子(高畑充希)は大学で、画家を目指す麦野初(竹内涼真)と出会い、「お前みたいな過保護が居るから日本はダメになるんだ」と言われてしまう。

麦野初(竹内涼真)の言葉について考え続けていた根本加穂子(高畑充希)は、麦野初(竹内涼真)のアルバイトを手伝うことにより、労働することを覚えた。

そして、麦野初(竹内涼真)のスケッチを見て感動した根本加穂子(高畑充希)は、自分も人を幸せにする仕事をしようと決意するのであった。

そのようななか、プロのチェリストを目指していた従兄弟の糸(久保田紗友)が右手首を負傷して、チェリストとしての道を断たれてしまう。

根本加穂子(高畑充希)は、糸(久保田紗友)を励まそうと思って千羽鶴を折るが、糸(久保田紗友)から罵倒されてしまう。

糸(久保田紗友)は、何の才能も無く、何の努力もせず、家族や親戚からチヤホヤされてる根本加穂子(高畑充希)を激しく嫌っていたのである。

根本加穂子(高畑充希)は、これまで知らなかった糸(久保田紗友)の一面に触れ、激しく動揺し、麦野初(竹内涼真)の胸に飛び込んで泣いたのであった。

さて、根本加穂子(高畑充希)は、麦野初(竹内涼真)のことが好きなるが、過保護な母・根本泉(黒木瞳)は麦野初(竹内涼真)との交際を禁じた。

しかし、根本加穂子(高畑充希)は麦野初(竹内涼真)と交際すると言って、生まれて初めて母・根本泉(黒木瞳)に反発し、母・根本泉(黒木瞳)と対立するのであった。

その後、根本加穂子(高畑充希)は麦野初(竹内涼真)に告白するが、秒殺で断られてしまい、ネットで「失恋から立ち直る方法」を検索して、色々と実行するが、今ひとつ効果は無かった。

そのようななか、根本加穂子(高畑充希)は麦野初(竹内涼真)のことを忘れるため、お酒を飲んだ。

酔っ払った根本加穂子(高畑充希)は、アトリエへ行き、麦野初(竹内涼真)の絵画を「こんなのダメ」と言い、次々と破り捨てるが、麦野初(竹内涼真)のデッサンがについては「どんなに辛くても、絶対に絵を諦めないでね。初君の絵は世界中の人を幸せに出来るんだからね」と絶賛し、そのまま寝てしまった。

やがて、目覚めた根本加穂子(高畑充希)は、とんでもないことをしたことに気がつき、もう二度と麦野初(竹内涼真)とは会って貰えないだろうと後悔した。

しかし、自分の絵に迷いを持っていた麦野初(竹内涼真)は、根本加穂子(高畑充希)に「正直、恋愛感情なんか持てないけど、俺にはお前が必要なんだ。お前が俺の絵を良いと言ってくれたのは、お世辞や嘘じゃなくて、心からそう思ってるって信じることができるし、自信が湧くし。これからも、ちょくちょく、俺のを絵を見て感想をいってくれないか」と頼んだ。

こうして、麦野初(竹内涼真)から頼られた根本加穂子(高畑充希)は、家族以外に自分を必要してくれることに喜びを感じたのだった。

さて、根本加穂子(高畑充希)と母・根本泉(黒木瞳)は仲直りしたが、父・根本正高(時任三郎)は2人の為に奔走したにもかかわらず、全く感謝されないことに激怒して家を飛び出した。

そのようななか、根本加穂子(高畑充希)は麦野初(竹内涼真)に頼まれて絵のモデルを務めていた。

根本加穂子(高畑充希)は麦野初(竹内涼真)から「人を幸せにする仕事がしたいと言っていたが、13歳のハローワークを読んだだけで、何もしてないだろ。インターンシップとかしてみろ」と言われ、インターンシップで働くようになる。

そのようななか、根本加穂子(高畑充希)は麦野初(竹内涼真)が大事に持っているボロボロのインクの秘密を知る。

ボロボロのインクは母親に買って貰った物で、画家を目指しているのも、母親から「大きくなったら、画家になれば?」と言われたからだった。

しかし、麦野初(竹内涼真)が7歳のときに、母親はテーブルにおにぎりと「ごめんね」と書いた紙を残し、居なくなった。

その後、麦野初(竹内涼真)は施設に入ったが、性格が悪いので養子のもらい手が居なかったので、高校を卒業後は奨学金を貰ってアルバイトをしながら大学生をしているのだという。

様々な経験をして、麦野初(竹内涼真)の苦悩を知った根本加穂子(高畑充希)は、母・根本泉(黒木瞳)に「自分で考えてからママに伝えるようにする。そうしないと、いつまで経っても大人になれない様な気がする」と言い、過保護卒業を宣言した。

それを聞いた母・根本泉(黒木瞳)は激怒。家出していた父・根本正高(時任三郎)が戻ってきたが、今度は母・根本泉(黒木瞳)が家を出たのだった。

その後、紆余曲折を経て母・根本泉(黒木瞳)は戻ってきたが、「これからは自分がやりたいようにやる」と言い、根本加穂子(高畑充希)に対して放任主義を取ることを宣言したので、根本加穂子(高畑充希)も「自分のことは自分でやる」と宣言した。

そのようななか、麦野初(竹内涼真)と交際を始めた根本加穂子(高畑充希)は、祖母・並木初代(三田佳子)の余命がわずかであることを知ってしまう。

それにショックを受けた根本加穂子(高畑充希)は、祖母・並木初代(三田佳子)に孫を見せてあげるため、麦野初(竹内涼真)に子供を作りたいと迫るのであった。

なお、「愛してたって、秘密はある。」のあらすじとネタバレは「愛してたって、秘密はある。原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する