過保護のカホコ-原作とあらすじとネタバレ

高畑充希が主演する日本テレビのドラマ「過保護のカホコ」の原作とあらすじとネタバレです。

■過保護のカホコ-原作と主題歌

過保護のカホコ-原作と主題歌
主題歌 未定
原作 原作は無し。遊川和彦のオリジナル脚本
放送局枠 日本テレビの水曜10時枠
放送開始日 2017年7月

■過保護のカホコ-あらすじとネタバレ

21歳になる女子大生の根本加穂子(高畑充希)は、両親から溺愛され、何から何まで全てを両親がやってくれるという「究極の箱入り娘」「超過保護」として育った。

根本加穂子(高畑充希)は、外泊もアルバイトもしたことが無く、支払いのときも自分でお金を払ったことも無いという有様で、1人では服すら選べなかった。

そんな根本加穂子(高畑充希)は、ある男性と出会う。

そして、根本加穂子(高畑充希)は、男性から「お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ」と言われてしまう。

根本加穂子(高畑充希)は、これを切っ掛けに自分探しの度に出て、自分の隠れていた能力を次々に発見し、秘めたる能力で次々に問題を解決していくのだった。

なお、「俺たちがやりました」のあらすじとネタバレは「僕たちがやりました-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する