母になる-第9話のあらすじとネタバレ

小池栄子が出演する日本テレビの母親ドラマ「母になる」の第9話のあらすじとネタバレです。

第8話のあらすじとネタバレは「母になる-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■母になる-第9話のあらすじとネタバレ

長男・柏崎広(道枝駿佑)の携帯電話から折り返しの電話がかかってきたが、電話の主が女性・桃(清原果耶)だったため、柏崎結衣(沢尻エリカ)と門倉麻子(小池栄子)は激しく動揺する。

その後、長男・柏崎広(道枝駿佑)が電話を替わり、柏崎結衣(沢尻エリカ)に事情を説明して、「心配しないで」と告げ、電話を切った。

柏崎結衣(沢尻エリカ)と門倉麻子(小池栄子)は、一緒になって「なんなのアレ」と言い、女性・桃(清原果耶)に憤慨したが、柏崎結衣(沢尻エリカ)は我に返ると、「門倉さん(小池栄子)には関係無い事です。貴女とは、もう二度と会いたくありません。今後、一切、関わらないでください」と告げて別れた。

その後、帰宅した柏崎結衣(沢尻エリカ)は、不安な気持ちで居ると、柏崎里恵(風吹ジュン)から「陽一(藤木直人)から聞いた。コウが逢い引きしてたんですって?」と電話がかかってきたので、長男・柏崎広(道枝駿佑)の事を報告する。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は「公園で待ち合わせして、図書館で勉強するつもりだったって、本人は言うんですけど」と話すと、柏崎里恵(風吹ジュン)は「陽一(藤木直人)は薄々、気づいてたのかね。あんまり、騒ぎ立てるなって言うのよ」と言った。

柏崎結衣(沢尻エリカ)が「陽一さん(藤木直人)が何時も使ってるミントウォッシュの減りが早かったり、部屋に居るときの様子も、何か怪しかったり。私、全然、気付かずに」と話した。

柏崎里恵(風吹ジュン)が「そのミントなんとかって何?」と尋ねると、柏崎結衣(沢尻エリカ)は「口内洗浄液、口の中を綺麗にする…。え?…なんで急に口の中を綺麗に?はっ?えっ?そういうこと?まさか。え?違いますよね」と言い、いけない事を想像して混乱した。

すると、柏崎里恵(風吹ジュン)は「みんなで話し合いましょう」と言い、柏崎結衣(沢尻エリカ)に家族会議を提案した。

一方、門倉麻子(小池栄子)は、喫茶店で緒野琴音(高橋メアリージュン)と会っていた。

緒野琴音(高橋メアリージュン)は「働くところも住むところも決まって無くて、どうするつもり?」と言い、仕事の紹介状を渡した。

その日の夜、柏崎里恵(風吹ジュン)が柏崎オートで家族会議を開いた。

柏崎家の家族会議なのに、西原莉沙子(板谷由夏)一家や児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)、さらに、柏崎オートの従業員まで参加していた。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は驚いて「家族会議ですよね?」と尋ねると、柏崎里恵(風吹ジュン)は「みんな家族みたいなもんじゃない。関わっている人、みんなに声を掛けたのよ」と教えた。

柏崎結衣(沢尻エリカ)が「もしかして、あの人も?門倉さん(小池栄子)」と驚くと、柏崎里恵(風吹ジュン)は「ないない。来たら困るでしょ?あの人は家族じゃ無いから」と答えた。

さて、家族会議が始まり、柏崎広(道枝駿佑)が学校をサボった件について話し合いが始まる。柏崎広(道枝駿佑)が一緒に居た女性は、女子高生・里中桃(清原果耶)だという。

柏崎里恵(風吹ジュン)が「どうして学校をサボったの?理由があるのなら、話してごらん」と尋ねると、理由は言わず、崎広(道枝駿佑)は「黙ってサボるような事はもうしないから、ゴメンね、バアバ。お母さんにも言ったけど、もう大丈夫だから。お騒がせしてすみませんでした」と謝った。

さて、家族会議が終わって、みんなが帰り、柏崎結衣(沢尻エリカ)が後片付けをしていると、柏崎里恵(風吹ジュン)が忘れていったスカーフに気づき、後を追いかけた。

すると、緒野琴音(高橋メアリージュン)と柏崎里恵(風吹ジュン)が話しながら歩いていた。

緒野琴音(高橋メアリージュン)が「結局、よく分かりませんでしたね」と残念がると、柏崎里恵(風吹ジュン)は「いいの、いいの。今日のは結衣ちゃん(沢尻エリカ)の為に開いたから。コウに何かあったら、ああやって、色んな人が集まって話してくれるって事を、知って欲しかったの。だいたい、1人で子育て出来るはずが無いのよ。母親が何もかも背負うこと無いの」と話した。

それを聞いた柏崎結衣(沢尻エリカ)は「私のためだったんですね。ありがとうございました」と礼を言い、柏崎里恵(風吹ジュン)にスカーフを渡した。

そこで、緒野琴音(高橋メアリージュン)が「そうだ。門倉麻子さん(小池栄子)、居なくなりますよ。働き口を紹介したので。奥能登の小さな旅館。紹介状を渡しました。東京から離れた方が良い。あの人にとっても、柏崎家にとっても遠くに行った方が良い。私がそう言ったら、うなずいてましたよ。だから、来週あたりかな。東京から居なくなりますよ」と教えた。

しかし、柏崎結衣(沢尻エリカ)の反応が良くなかったので、緒野琴音(高橋メアリージュン)は「良かったんですよね?」と尋ねると、柏崎結衣(沢尻エリカ)は慌てて「助かります。ありがとう」と礼を言った。

ある日、柏崎広(道枝駿佑)が待っていると、女子高生・里中桃(清原果耶)がやって来た。

柏崎広(道枝駿佑)が「花火大会どうする?行きたいって言ってたからさ」と尋ねると、里中桃(清原果耶)は「どうしよっかな。後で、連絡する」と答えた。

柏崎広(道枝駿佑)が「じゃー連絡して。じゃーな」と言って立ち去ろうとすると、里中桃(清原果耶)は「もう帰っちゃうの?」と尋ねた。

柏崎広(道枝駿佑)は引き返して「じゃー…」と言って何か言おうとしたが、里中桃(清原果耶)は「分かった。じゃーね。連絡するね」と言い、柏崎広(道枝駿佑)と別れた。

柏崎広(道枝駿佑)は途中で振り返って、里中桃(清原果耶)を見たが、里中桃(清原果耶)は振り返ること無く、歩いていった。

さて、柏崎広(道枝駿佑)が帰宅すると、柏崎結衣(沢尻エリカ)は喜んで玄関へと向かったが、柏崎広(道枝駿佑)はスマホばかり気にして、「ただいま」と言うと、素っ気なく2階へと上がってしまった。

柏崎結衣(沢尻エリカ)が心配して、柏崎広(道枝駿佑)の部屋の外でドア越しに聞き耳を立てていると、柏崎広(道枝駿佑)は溜息ばかりついていた。

そのとき、スマートフォンにメールが着信した。

柏崎広(道枝駿佑)は急いでスマートフォンを取ると、里中桃(清原果耶)から「花火大会OK一緒に行こう」というメールが届いており、それを読んだ柏崎広(道枝駿佑)は「やったー、よし」と喜んだ。

柏崎広(道枝駿佑)が部屋から出てこようとしたので、柏崎結衣(沢尻エリカ)が急いで下に降りると、柏崎広(道枝駿佑)が2階から降りてきた。

そして、柏崎広(道枝駿佑)が「明日、花火大会あるだろ?」と尋ねたので、柏崎結衣(沢尻エリカ)は「行こう、行こう」と喜んだ。

しかし、柏崎広(道枝駿佑)が言いにくそうに「いや、行くけど、お母さんとじゃなくて…」といったので、柏崎結衣(沢尻エリカ)は女子高生・里中桃(清原果耶)の事を思い出し、動揺した。

柏崎広(道枝駿佑)が「いいかな?」と尋ねると、柏崎結衣(沢尻エリカ)は思わず、「お弁当箱を出して」と言い、話題を変えた。

柏崎広(道枝駿佑)が弁当箱を取りに2階へ行くと、柏崎結衣(沢尻エリカ)は「桃ちゃんか。クソ!クソ!」と言って地団駄を踏んだ。

その日の夜、柏崎広(道枝駿佑)が柏崎陽一(藤木直人)に「花火大会行っても善いよね?」と許可を求める。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は柏崎陽一(藤木直人)に許可しないように合図を送ったが、柏崎陽一(藤木直人)は「いいんじゃない。でも、8時までには帰ってこい」と言い、アッサリと許可した。

柏崎広(道枝駿佑)は「8時だと全部見られない」と言い、門限10時を主張したが、柏崎陽一(藤木直人)は「全部見てたら、帰りが遅くなる。中学生だから8時。時間厳守」と厳命した。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は門限5時を主張したが、柏崎広(道枝駿佑)から「花火が始まってない」と言われて相手にもしてもらえなかったので、「世界が急に変わった。思ってもみなかった。コウにそういう相手が現れるなんて。コウが遠くへ行っちゃうような感じ」と落ち込んだ。

翌日、高校生・里中桃(清原果耶)が浴衣を着て柏崎オートに柏崎広(道枝駿佑)を迎えにきた。

柏崎結衣(沢尻エリカ)は、高校生・里中桃(清原果耶)に挨拶して、高校生・里中桃(清原果耶)の事をチェックすると、柏崎広(道枝駿佑)を呼びに行った。

さて、柏崎陽一(藤木直人)が忘れ物だといい、出かけようとする柏崎広(道枝駿佑)に携帯用のミントウォッシュを渡すと、柏崎結衣(沢尻エリカ)は「必要?花火観るのに、それ必要かな?」と言い、ささやかな抵抗をしたが、相手にされなかった。

柏崎陽一(藤木直人)が「初めてだからって、浮かれるなよ」とアドバイスすると、柏崎広(道枝駿佑)は「初めてじゃないよ」と答えたので、柏崎結衣(沢尻エリカ)は動揺する。

柏崎結衣(沢尻エリカ)が「雨カッパ持って行く?途中で雨降ると困るでしょ」と尋ねると、柏崎広(道枝駿佑)は「何かあれば、何とかするよ。俺慣れてるから」と答えた。

柏崎結衣(沢尻エリカ)が「慣れてるの?女の子と2人で出かけた事あるんだ」と尋ねると、柏崎広(道枝駿佑)は「当然だろ」と言い、柏崎オートを出て高校生・里中桃(清原果耶)の元へと向かった。

それを聞いた柏崎結衣(沢尻エリカ)は、ショックを受けて泣き出しそうだった。

その後、柏崎結衣(沢尻エリカ)は児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)に電話し、「コウが以前にも彼女が居たみたいなことを言ってたんですけど、どうなんですか?」と尋ねた。

すると、木野愁平(中島裕翔)は「施設に居た頃は、聞いた事無いです。その前は分かりません。今時の子供だし、その辺は、あってもおかしくないと思いますけど」と話した。

電話を切った柏崎結衣(沢尻エリカ)は、気が引けたが、意を決して門倉麻子(小池栄子)に電話をかけ、喫茶店へ呼び出した。

さて、柏崎結衣(沢尻エリカ)が喫茶店で門倉麻子(小池栄子)と会うと、門倉麻子(小池栄子)は「私も最後に連絡しようと思ってました。東京を離れる事にしました」と報告した。

そして、門倉麻子(小池栄子)は「正直言って、気持ちの整理が付いたわけでは無いです。あの子は、私の事なんか、もう何とも思って無いんだなって。それに、女の子と学校をサボったりしてるなんて、なんだか急に、あの子は遠くに行ってしまったんだなって。だから、東京を離れて仕事について、少しずつ気持ちを整理していこうと思います。私の連絡先を削除してください。私も2人の連絡先を削除します」と話した。

柏崎結衣(沢尻エリカ)が「最後に知っておきたいことはないですか?あの子のことだったら、私、何でも知ってるから」と言い、柏崎広(道枝駿佑)の情報を色々と話し始めた。

それを聞いた柏崎結衣(沢尻エリカ)は、対抗心を燃やし、「結構です。失礼します」と行って立ち去ろうとしたが、思い直して引き返し、「1つありました。実は、聞きたい事があって来たんでした。コウの彼女って、どんな子でした?前にも付き合っていた子が居たでしょ?貴女と一緒に暮らしていた頃」と尋ねた。

しかし、門倉麻子(小池栄子)は、柏崎広(道枝駿佑)に彼女が居た事を知らなかったので動揺する。

柏崎結衣(沢尻エリカ)が「なんだ」と勝ち誇ると、門倉麻子(小池栄子)は「貴女は知ってたんですか?この間の女の子のこと。気付かなかったんですね」と言い返した。

柏崎結衣(沢尻エリカ)が「母親だからって、何でも知ってると思ったら、大間違いです」と答えると、門倉麻子(小池栄子)は「知らなかったんだ」と言って勝ち誇った。

柏崎結衣(沢尻エリカ)が「今は知ってます。里中桃(清原果耶)っていうんです」と教えると、門倉麻子(小池栄子)は「会ったんですな?可愛かったんですか?」と驚いた。

柏崎結衣(沢尻エリカ)が「可愛いというか、年上ですから、綺麗なお姉さんという感じ」と教えると、門倉麻子(小池栄子)は「何それ。もうヤダ」と言って落ち込んだ。

柏崎結衣(沢尻エリカ)が「でも、嬉しそうで。今日、花火大会に行ってるんで。今頃、仲良く、観てるんじゃないかな」と教えた。

そして、柏崎結衣(沢尻エリカ)は、門倉麻子(小池栄子)と簡単な会話を終えると、門倉麻子(小池栄子)と別れた。

その帰り道、柏崎結衣(沢尻エリカ)は、スマートフォンに登録している門倉麻子(小池栄子)の電話番号を消去した。

母になる-第9話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

スポンサードリンク