リバース-第9話のあらすじとネタバレ

武田鉄矢が出演するTBSのドラマ「リバース」の第9話のあらすじとネタバレです。

第8話のあらすじとネタバレは「リバース-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

原作のあらすじとネタバレは「湊かなえの原作「リバース」-あらすじと犯人のネタバレ」をご覧ください。

■リバース-第9話のあらすじとネタバレ

ジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)が何者かに刺され、深瀬和久(藤原竜也)にも「10年前の事を追いかけるな。警告を無視すれば、次の犠牲者が出る」という警告のメールが届いた。

深瀬和久(藤原竜也)は、浅見康介(玉森裕太)・村井隆明(三浦貴大)・谷原康生(市原隼人)・谷原明日香(門脇麦)の4人を居酒屋に集め、告発文を送った犯人は越智美穂子(戸田恵梨香)だったことを報告する。

そして、ジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)が何者かに刺され、警告メールが届いた事を教えた。

そこへ、小笠原俊雄(武田鉄矢)が現れた。警察の事情聴取が面倒で、病院を抜け出してきたのだという。

村井隆明(三浦貴大)が「どして俺らをつけ回すのですか」と尋ねると、小笠原俊雄(武田鉄矢)は「とある週刊誌の依頼で、県議会議員の不正献金を追いかけ回していた。その議員の息子が村井君だった。運命だと思ったよ」と答えた。

村井隆明(三浦貴大)が「運命?何が聞きたいんですか?」と尋ねると、小笠原俊雄(武田鉄矢)は「車が爆発したとき、君はどこに居た?」と尋ねた。

すると、村井隆明(三浦貴大)は「浅見(玉森裕太)から電話が来て、川の方に言ったら、車が落ちてて。オヤジに電話した」と言って打ち明けた。

父・村井明正(村井國夫)は「火を付けろ」と言ったが、村井隆明(三浦貴大)は「出来るわけないだろ」と言い、広沢由樹(小池徹平)を助けに行こうとしたのだが、車が爆発してしまったのだ。

それを聞いた小笠原俊雄(武田鉄矢)は、深瀬和久(藤原竜也)に脅迫メールが届いた事から、「10年前の事件の真相を知られたくない奴が、まだ他に居るということだ」と話した。

さて、居酒屋での話し合いが終わり、深瀬和久(藤原竜也)が自宅でコーヒーを淹れていると、神奈川県警から電話がかかってきた。

越智美穂子(戸田恵梨香)が告発文の件で出頭してきたので、話しが聞きたいのだという。

翌日、深瀬和久(藤原竜也)は神奈川県警を訪れて事情聴取に応じ、越智美穂子(戸田恵梨香)の処罰を求めないことを告げた。

さて、神奈川県警を出ようとした深瀬和久(藤原竜也)は、越智美穂子(戸田恵梨香)を見かけて呼び止めるが、「もう会いたくないの。連絡もしてこないで」と拒絶されてしまう。

一方、仕事に復帰した谷原康生(市原隼人)は、上司・下村から早期退職希望者の手続きを迫られるが、「辞める気はありませんから」と答えた。

他方、サッカー部のキャプテンは浅見康介(玉森裕太)を拒否して授業をボイコットしていたが、一部のサッカー部員が浅見康介(玉森裕太)に飲酒を認めて謝罪した。

車にビールをかけたのも、校内に告発文の写真をばらまいた犯人もサッカー部のキャプテンが犯人だった。

ある日の夜、深瀬和久(藤原竜也)はジャーナリスト小笠原俊雄(武田鉄矢)から連絡を受ける。小笠原俊雄(武田鉄矢)は自分を刺した犯人を見つけたのだという。

深瀬和久(藤原竜也)は小笠原俊雄(武田鉄矢)と合流し、県議会議員・村井明正(村井國夫)の元を訪れた。

秘書・甲野伸之(山崎銀之丞)が「誰が通したんだ」と怒ると、村井隆明(三浦貴大)は「俺だよ」と答えた。

小笠原俊雄(武田鉄矢)は秘書・甲野伸之(山崎銀之丞)に「深瀬君に脅迫メールを送ったのは、アンタだね。アンタには、どうしても探られたくない10年前の一件がある。村井先生がもみ消した、一件だ」と告げた。

県議会議員・村井明正(村井國夫)は、広沢由樹(小池徹平)が酒を飲んで事故を起こした事を知り、村井香織(趣里)の父・朝比奈元大臣を頼って、警察に圧力を掛けてもみ消していた。

そして、村井隆明(三浦貴大)は、父・村井明正(村井國夫)の命令で、朝比奈元大臣の娘・村井香織(趣里)と結婚させられていたのだ。

村井隆明(三浦貴大)の結婚は単なる政略結婚ではなかったのである。

さて、秘書・甲野伸之(山崎銀之丞)は「刺せとは言ってない。ちょっと、脅せと言っただけ」と容疑を認めて動機を明かした。

秘書・甲野伸之(山崎銀之丞)は、村井隆明(三浦貴大)よりも自分の方が政治家に向いていると思い、県議会議員・村井明正(村井國夫)の後を継いで政界に進出しようと考えていた。

このため、10年前の秘密を守る必要があり、深瀬和久(藤原竜也)に警告メールを送ったのだ。

県議会議員・村井明正(村井國夫)は怒って秘書・甲野伸之(山崎銀之丞)をクビにし、秘書・甲野伸之(山崎銀之丞)は逮捕された。

さて、小笠原俊雄(武田鉄矢)は会場を出ると、深瀬和久(藤原竜也)に「車を運転していて崖から転落したのなら、道路に血痕が残っているのはおかしいだろ?広沢君は本当に車を運転していたのか?あの現場には広沢君以外の誰かが居たんじゃないか?そうそう。現場に落ちてたテントウムシのキーホルダーの持ち主の名簿が手に入ったよ。案外、ゴールは近いかもしれない」と話した。

深瀬和久(藤原竜也)が「手伝えることがあれば言ってください」と告げると、小笠原俊雄(武田鉄矢)は「君はやることがあるだろ。越智さん(戸田恵梨香)の処分が決まったよ。厳重注意だそうだ。谷原君が、ホームから落ちたのは足を滑らせたからで、越智さんは関係無いって言い張ったてさ。脅迫文についても、親告罪だから、君達が訴えないと罪として成立しないんだ」と教えた。

深瀬和久(藤原竜也)は「良かった」と安心するが、小笠原俊雄(武田鉄矢)は「罪を犯したのに、罪を償わしてもらえない。案外、しんどいことだぜ」と話した。

翌日、谷原康生(市原隼人)は本社を訪れ、藤堂部長に社内募集しているプロジェクトの企画を提出した。

藤堂部長は谷原康生(市原隼人)を歓迎して企画書を受け取ろうとしたが、谷原康生(市原隼人)を嫌っている上司・下村が「じゃ、私が」と言い、横から谷原康生(市原隼人)の企画書を受け取った。

一方、サッカー部のキャプテンは、同級生・藤崎莉子(山口まゆ)から「2年生がビール飲んでたことを認めたよ。もう止めなよ、ボイコットなんて」と教えられた。

キャプテンは「大会の前に1回だけ乾杯するだけじゃん。毎年やってる伝統行事だよ。そんなちっぽけな事が俺たち全員の夢を潰す理由になるの?」と嘆いた。

藤崎莉子(山口まゆ)が「嘘付いた自分が悪いと思わないの?」と尋ねると、キャプテンは「思わない。もし、インターハイに出られてたら、最高の思い出になってたはずなんだ。10年後、あの時、嘘付いて良かったなって絶対に思う」と答えて立ち去った。

他方、村井隆明(三浦貴大)は、「親の決めた結婚だからって、香織(趣里)に寂しい思いをさせて良いとは思わない。香織を自由にすることが、今の俺にできる事だと思う」と謝罪し、妻・村井香織(趣里)に離婚届を差し出した。

妻・村井香織(趣里)が「私と別れたら、貴方、政治家になれないわよ」と告げると、村井隆明(三浦貴大)は「もういいんだよ、そういうのは。香織の好きなようにして欲しい」と言い立ち去った。

ある日、浅見康介(玉森裕太)は、クローバーコーヒーのママ乾恭子(YOU)に頼み、越智美穂子(戸田恵梨香)を呼んでもらった。

浅見康介(玉森裕太)が「もう深瀬とは会わないんですか?」と尋ねると、越智美穂子(戸田恵梨香)は「私は彼を騙していたんですよ。私には彼に会う資格が無いんです」と答えた。

翌日、谷原康生(市原隼人)は、「ママ感謝デイ」で妻・谷原明日香(門脇麦)に休みをあげるのため、浅見康介(玉森裕太)と深瀬和久(藤原竜也)を誘い、娘を連れて遊園地へ行って遊んだ。

そして、遊園地からの帰り、谷原康生(市原隼人)は、越智美穂子(戸田恵梨香)のアパートの近くで車を止めた。

すると、越智美穂子(戸田恵梨香)が引っ越しをしていた。

深瀬和久(藤原竜也)が「なんで?」と驚くと、浅見康介(玉森裕太)は「クローバーコーヒーの奥さんから、今日、引っ越すって聞いたんだ」と教えた。

浅見康介(玉森裕太)が「このまま別れて後悔しないの?」と尋ねたが、深瀬和久(藤原竜也)は「見送れて良かったよ。ありがとう」と言った。

谷原康生(市原隼人)が「これで、携帯まで変えられたら、2度と逢えないよな」と告げたが、深瀬和久(藤原竜也)は行動を起こさなかったので、谷原康生(市原隼人)は呆れて車を走らせた。

しかし、深瀬和久(藤原竜也)は「止めて」と言い、車を降りると、越智美穂子(戸田恵梨香)を追いかけた。

深瀬和久(藤原竜也)は道路の反対車線から、越智美穂子(戸田恵梨香)を呼んでも、越智美穂子(戸田恵梨香)は止ってくれなかった。

深瀬和久(藤原竜也)は、「俺、美穂ちゃんと居るときが一番、楽しくて、一番、幸せで。だから、騙されても、憎まれても、美穂ちゃんの事が一番幸せで。だから…」と叫ぶと、越智美穂子(戸田恵梨香)は立ち止まってくれた。

その後、2人はクローバーコーヒーへ行って話す。

越智美穂子(戸田恵梨香)が「この間、会いたくないって言ったのは嘘。酷いことを言ってごめんなさい。私、また同じ間違いを繰り返すとこだった。広沢君にも、思って無いことを言ったんだよね。就職しないなら、別れるって。謝りたくても、取り消したくても、もう二度と会えない」と悔やんだ。

深瀬和久(藤原竜也)は「広沢には伝わってたんじゃないかな?美穂ちゃんの気持ち」と告げると、越智美穂子(戸田恵梨香)は「どうだろう。想像しても、よく分からないんだよね。あの時、広沢君が何を考えていたのか。私、本当は広沢君のこと、何も知らないのかも知れない」と話した。

すると、深瀬和久(藤原竜也)は「俺も美穂ちゃんと同じ、広沢のこと、何も分かってなかった」と言い、「広沢由樹は○○だ」と書き続けていたノートを見せた。

ノートを読んだ越智美穂子(戸田恵梨香)は「私も書かせてもらっていい?」と尋ねると、深瀬和久(藤原竜也)は「もちろん」と答えた。

すると、越智美穂子(戸田恵梨香)はノートに「広沢由樹はカモミールティーが苦手だ」「広沢由樹は蕎麦が食べられない」と書き込んだ。

深瀬和久(藤原竜也)が「蕎麦アレルギー?」と驚くと、越智美穂子(戸田恵梨香)は「知らなかった?子供の頃に蕎麦を食べたらアレルギー症状が出て、息が出来なくなって救急車で運ばれたんだって」と教えた。

それを聞いた深瀬和久(藤原竜也)は、みんなが蕎麦を食べに行ったとき、広沢由樹(小池徹平)1人だけカツカレーを食べに行った時の事を思い出した。

越智美穂子(戸田恵梨香)が「嫌いっていうより、絶対に食べちゃダメっていうことみたい。アナフィラキシーショックを起こすから」と話すと、深瀬和久(藤原竜也)は「知らなかった」と落ち込んだ。

越智美穂子(戸田恵梨香)が「広沢君も一言、言えばいいのに」と呆れると、深瀬和久(藤原竜也)は「そしたら、蕎麦じゃなくてカレーにしようってことになるから、遠慮したんじゃない?広沢らしいよ」と答えた。

そこへ、乾恭子(YOU)がコーヒーを持って来る。乾恭子(YOU)は「マスターが、この豆にはこの蜂蜜が合うって」と言い、コーヒーと一緒に蜂蜜を持ってきた。

越智美穂子(戸田恵梨香)が蜂蜜を舐めて「美味しい。変わった味」と言うと、乾恭子(YOU)が「何の蜂蜜か分かる?」と尋ねた。

深瀬和久(藤原竜也)は、蜂蜜を舐めると、別荘へ遊びに行く時に立ち寄った道の駅で飼った蜂蜜と同じ味だったので、驚いて蜂蜜の瓶を見ると、「高原ハチミツ」と書いてあった。

深瀬和久(藤原竜也)が道の駅で買った蜂蜜と同じだったので、慌てて蜂蜜の瓶を手に取り、裏のラベルの原材料を見ると、「国産はちみつ(蕎麦)」と書いてあった。

あの事故のあった日、深瀬和久(藤原竜也)は、お酒を飲んだ広沢由樹(小池徹平)の為に、道の駅で買った蜂蜜をタップリと入れたコーヒーを作り、マグボトルにいれて広沢由樹(小池徹平)に渡していた。

それを思い出した深瀬和久(藤原竜也)は「広沢由樹(小池徹平)を殺したのは俺だった」と気付いたのだった。

リバース-最終回のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク