愛してたって、秘密はある。-あらすじとネタバレ

福士蒼汰が出演する日本テレビの父親殺害ドラマ「愛してたって、秘密はある。」のあらすじとネタバレです。

原作や主題歌については「愛してたって、秘密はある。原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■愛してたって、秘密はある-あらすじとネタバレ

司法修習生・奥森黎(福士蒼汰)は、11年前の花火の日に、父・奥森皓介(堀部圭亮)を殺して庭に埋めた、という秘密を持っていた。

11年前、奥森黎(れい/福汰)の母・奥森晶子(鈴木保奈美)は、夫・奥森皓介(堀部圭亮)から家庭内暴力を受けていた。

夫・奥森皓介(堀部圭亮)が怒った理由は「バラの色が違う」という些細な事だった。

そのとき、中学生の奥森黎(福士蒼汰)は、背後からトロフィーで父・奥森皓介(堀部圭亮)を殴って殺害した。

父親を殺害した奥森黎(福士蒼汰)は苦悩して警察に電話しようとしたが、母・奥森晶子(鈴木保奈美)はそれを止めた。

そして、母・奥森晶子(鈴木保奈美)は、「母さんを救ってくれてありがとう。今度は母さんの番。母さんが黎を守るから」と言い、庭の隅に死んだ夫・奥森皓介(堀部圭亮)を埋めた。

そして、母・奥森晶子(鈴木保奈美)は「罪は無かったことにすれば、罪じゃ無くなるのよ」と言い、夫・奥森皓介(堀部圭亮)の車で崖へ行き、崖から海へと落とし、夫・奥森皓介(堀部圭亮)を失踪したことにした。

幸いな事に殺人事件は発覚せず、11年が経ち、奥森黎(福士蒼汰)は司法修習生として弁護士を目指していた。

そのようななか、奥森黎(福士蒼汰)は交際3年になる司法修習生の恋人・立花爽(そう/川口春奈)からプロポーズされ、プロポーズを承諾した。

帰宅した奥森黎(福士蒼汰)が母・奥森晶子(鈴木保奈美)に立花爽(川口春奈)と結婚する事を報告すると、母・奥森晶子(鈴木保奈美)は何故かプロポーズの事を知っていた。

実は、立花爽(川口春奈)にプロポーズを勧めた犯人は、母・奥森晶子(鈴木保奈美)だったのである。

母・奥森晶子(鈴木保奈美)は結婚を喜んでくれたが、奥森黎(福士蒼汰)は「本当に良いのかな?俺に幸せになる資格は無いし」と苦悩した。

母・奥森晶子(鈴木保奈美)は「過去と未来は別物よ。もう十分に苦しんだわ。黎が結婚を決めてくれて、母さんは嬉しい」と告げた。

さて、奥森黎(福士蒼汰)は、司法修習生の親友・安達虎太郎(白洲迅)と一緒に、司法修習の実務研修で神奈川地方検察庁に居た。

司法修習生は裁判官・弁護士・検察官へと進むのだが、どの道を進むにしても、裁判所・法律事務所・検察庁で実務研修をしなければならいのだ。

一方、検事を目指す立花爽(川口春奈)は、刑法ゼミの恩師で弁護士の香坂いずみ(山本未來)の弁護士事務所で、実務研修をしていた。

立花爽(川口春奈)は奥森黎(福士蒼汰)との結婚を報告し、香坂いずみ(山本未來)に結婚スピーチを依頼すると、香坂いずみ(山本未來)は結婚スピーチを引き受けてくれた。

その日の夜、奥森黎(福士蒼汰)は「結婚は修習が終わってからじゃ無いから無理」だと言ったが、母・奥森晶子(鈴木保奈美)は立花爽(川口春奈)の誕生日9月23日に式を挙げようと言い出した。

立花爽(川口春奈)は「いいですね。誕生日に式を挙げるのが憧れだったんです」と言い、結婚式の話が進み、奥森黎(福士蒼汰)は次の休みに立花爽(川口春奈)の両親に挨拶しにいくことになった。

翌日、神奈川地方検察庁で実務研修している奥森黎(福士蒼汰)は、及川友輪の傷害事件を担当した。

及川友輪は、女性・細田美波からカバンを奪った引ったくりの犯人・金子信一を取り押さえた時に、肋骨を骨折するなど全治6ヶ月の重症を負わせたという事件だった。

及川友輪は、ひったくり犯・金子信一を捕まえたのだが、骨折した金子信一が過剰防衛で訴えたので、及川友輪は過剰防衛で起訴されてきたのだ。

及川友輪は5年前に傷害の前科があり、訴えた金子信一の診断書など、状況証拠は揃っていたが、及川友輪は「やってない。被害に遭った女性を助けたかっただけなんです」と訴えた。

それを聞いた奥森黎(福士蒼汰)は「本当に骨が折れるまで暴行されたのかな?細田美波なら見ているかもしれない」と言い、細田美波の証言を得るように、警察に補充捜査を頼んだ。

刑事・一ノ瀬義男(矢柴俊博)は「起訴する証拠は揃ってる。修習生の探偵ゴッコに付き合っている暇は無い」と相手にしなかった。

しかし、奥森黎(福士蒼汰)が「過去じゃなく、今を見てください。及川さんの人生がかかっているんです」と頼むと、刑事・一ノ瀬義男(矢柴俊博)は不本意ながら補充捜査を引き受けた。

一方、立花爽(川口春奈)は、フリージャーナリストの兄・立花暁人(賀来賢人)に会い、「結婚する事になりました。明日、挨拶に来るから、お兄ちゃんも来て」と頼んだが、兄・立花暁人(賀来賢人)は「俺はいいよ」と拒否した。

立花爽(川口春奈)が「いい加減、パパと仲直りしなよ。ママも会いたがってたわよ」と呆れると、兄・立花暁人(賀来賢人)は「俺は、お前の彼氏ほど物好きじゃないから。あのオヤジの息子なんて、普通は無理。良く結婚する気になったな。尊敬するわ」と答えた。

立花爽(川口春奈)が口をつぐむと、兄・立花暁人(賀来賢人)は「まだ言ってないのか?知ったら逃げ出すんじゃないのか?」と笑った。

その日の夜、立花爽(川口春奈)は、抱えている秘密を奥森黎(福士蒼汰)に打ち明けようとしたが、奥森黎(福士蒼汰)は起訴された及川友輪の事を調べており、立花爽(川口春奈)のメールに気付かなかった。

結局、立花爽(川口春奈)は秘密を打ち明けられないまま翌日を迎え、両親に奥森黎(福士蒼汰)を紹介することになってしまった。

奥森黎(福士蒼汰)は、結婚の挨拶をするため、立花爽(川口春奈)の自宅に行くと、父親は神奈川地方検察庁の検事正・立花弘晃(遠藤憲一)だった。

立花弘晃(遠藤憲一)は、元特捜の鬼と呼ばれて恐れられていた。

立花弘晃(遠藤憲一)が奥森黎(福士蒼汰)に次々と質問をしたので、立花爽(川口春奈)は「止めてよ。取り調べじゃ無いんだから」と止めたが、立花弘晃(遠藤憲一)は「取り調べて何が悪い。父親にとっちゃ、娘の彼氏なんて被疑者みたいなもんだ」と言い、質問を続けた。

立花弘晃(遠藤憲一)が父親について尋ねると、奥森黎(福士蒼汰)は「死にました。病気で4年前に」と答えた。

立花弘晃(遠藤憲一)が「司法修習が終わったらどうするつもりだ。もちろん検事になるんだろうな」と尋ねると、奥森黎(福士蒼汰)は「弁護士になりたいと思っています」と答えた。

それを聞いた立花弘晃(遠藤憲一)は「話にならないな」と吐き捨てた。

すると、奥森黎(福士蒼汰)は「僕は罪にはそれぞれ事情があると思います。やむにやまれない状況で、追い詰められて犯罪に手を染めてしまった人を助けられる弁護士になりたいんです」と話した。

立花弘晃(遠藤憲一)が「まるで犯罪者が被害者みたいだな。追い詰められたら何をしてもいいのか」と呆れると、奥森黎(福士蒼汰)は「正論だと思います。被害者を思えば、加害者は非難されて当然なのかもしれません。でも、僕だけは道を踏み外してしまった人の味方になりたいんです。彼らの人生を行き直そうとする気持ちを応援したいんです」と話した。

それを聞いた立花弘晃(遠藤憲一)が「もし、爽(川口春奈)が目の前で殺されたら、どうする?爽(川口春奈)を殺した犯人の事を助けるか?そいつの味方になってやれるのか?君が言っていることはただのきれい事だ。どんな事情でも罪は罪だ。犯罪に手を染めた人間は悪人なんだ」と告げた。

奥森黎(福士蒼汰)は何も言い返せなかった。

奥森黎(福士蒼汰)が立花家を帰った後、爽(川口春奈)の母・立花茜(岡江久美子)が「破談になったらどうするつもり」と呆れると、立花弘晃(遠藤憲一)は「どうもしないよ。爽(川口春奈)の為だ。あんな簡単に言い負かされるようじゃ、ろくな法律家には成れない」と答えた。

一方、立花家を出た奥森黎(福士蒼汰)が落ち込んでいたので、立花爽(川口春奈)は「嫌だよね、あんな人が父親になるの。大丈夫、ずっと黙ってた私が悪いんだし」と言い、別れを切り出した。

すると、奥森黎(福士蒼汰)は慌てて「そうじゃないんだ。結婚させてくださいと言うつもりだったのに、何も言えなくて。でも、次は頑張るよ」と答えた。

立花爽(川口春奈)が「結婚、嫌になったんじゃないの?」と尋ねると、奥森黎(福士蒼汰)は「まさか、こんなことで嫌になったりしないよ」と答えた。

すると、立花爽(川口春奈)が「黎に秘密があること、ずっと後ろめたくて。でも、言えてスッキリした」と喜んだ。

立花爽(川口春奈)が「そういえば、私たち、父親についてちゃんと話したこと無かったよね?黎(福士蒼汰)のお父さんはどんな人だったの?お医者さんだったんだよね?」と尋ねると、奥森黎(福士蒼汰)は「優しい人だったよ。患者さんの為に、いつも一生懸命で」と話した。

愛してたって、秘密はある-あらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する