糸(久保田紗友)の罵倒で根本加穂子(高畑充希)が壊れる

黒木瞳が出演する日本テレビの箱入り娘ドラマ「過保護のカホコ」の第2話のあらすじとネタバレです。

このページは「過保護のカホコ-第2話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■過保護のカホコ-第2話のあらすじとネタバレ後半

翌日、根本加穂子(高畑充希)は千羽鶴を完成させると、入院している従兄弟の糸(久保田紗友)に届けた。

糸(久保田紗友)が「気にしないでね、黙っててって言ったこと。もう、まともにチェロ弾けないなんて笑っちゃうよね。じゃー他に何しろって言うのよ」と話した。

すると、根本加穂子(高畑充希)は「調べてみたら、片手で弾ける楽器もあよ。片手でピアノを弾く人も居るし。それが嫌だったら、歌うことだってできる。誰か偉い人が言ってた。声は最高の楽器だって。他にも元気が出る言葉を探してみたんだ。ジャッキー・ロビンソンの言葉『不可能の反対は可能ではない。挑戦だ』だから、糸ちゃんも諦めないでよ。みんな糸ちゃんの演奏を聴けるのを楽しみにしてるから」と励ました。

すると、糸(久保田紗友)は「そんな事、言われなくても分かってるんだよ。分かってるから、必死に平気な振りをしてるんだよ。それなのに、何、上から目線で説教たれてるんだよ。マジでバカじゃ無いの?この際だから言っとくけど、私は親戚がみんな大嫌いだから。誕生日だ、卒業式だ、ゴールデンウイークだ。なんかある度にイチイチ集まって気持ち悪いんだよ。小遣いを貰えるから渋々、行ってたけどさ、なんで、アンタらみたいなシロウトの前でチェロを弾かなきゃいけないわけ?その中でも、アンタが一番嫌いだった。何の取り柄も無いくせに、可愛い、可愛いってチヤホヤされて、何でも買って貰えて。アンタみたいな水槽の中でぬくぬくと泳いでる金魚に、荒波の中で必死に泳いできたこっちの辛さが、分かるわけねーだろが。それなのに、こんな物を持ってきて、人の事を慰めてるんじゃねーよ」と言い、千羽鶴を叩きつけた。

糸(久保田紗友)に罵倒された根本加穂子(高畑充希)は、混乱し、耳を塞いで逃げるように病院を出た。

自宅の前で母・根本泉(黒木瞳)に会ったので、従兄弟・糸(久保田紗友)に罵倒された事を、いつものように相談しようと思ったが、思い止まった。

そして、根本加穂子(高畑充希)が帰宅して自室に逃げ込むと、窓からコツンと音がしたので、外を見てみると、ピザ屋のバイクに乗った麦野初(竹内涼真)が居た。

根本加穂子(高畑充希)が「どしたの?」と尋ねると、麦野初(竹内涼真)は「バイトで近くを通りかかったから、糸ちゃんと、どうなったかなと思って」と告げた。

すると、根本加穂子(高畑充希)は神社で待ってと言い、神社で麦野初(竹内涼真)と合流した。

しかし、根本加穂子(高畑充希)は、糸(久保田紗友)から罵倒された言葉を思い出し、耳を塞いでしゃがみ込んでしまった。

それを見た麦野初(竹内涼真)は「ムンクの叫びみたいになってるぞ。もしかして、糸ちゃんに酷いことを言われたか?あのな、夢を目指していた者が挫折したとき、お前みたいなノー天気な庶民に慰めるのが一番むかつくんだ」と話した。

根本加穂子(高畑充希)が「でも、糸ちゃんみたいに、あんな良い子が、どうしてあんな酷いことを」と尋ねると、麦野初(竹内涼真)は「驚くことじゃない、どんな良い子でも裏表や二面性があるんだから。つーか、お前みたいに人の悪意に触れたことが無い方が異常なの。自分がどれだけ温室育ちか、これでよく分かっただろ」と教えた。

根本加穂子(高畑充希)は「でも、どうしていいか分からない。頭の中で糸ちゃんの叫び声が頭の中で鳴り響いているの。大変な事が学校であったら、ママに相談出来たけど、このことを相談したら、絶対、喧嘩になっちゃう。だから、どうして良いか分からないの」と嘆いた。

すると、麦野初(竹内涼真)は「だったら、思いっきり泣け。言っとくが、お前のやった事は幼稚でおろかな行為だが、何一つ悪い事はしていない。糸ちゃんのことをママに秘密にしておくのも、決して間違ったこういじゃない。お前の優しさだ。お前の愛だ。だから、もうこれ以上、自分を責めるな。ただ今はショックで傷ついているだかろうから、思いっきり泣いて忘れろ」と告げた。

そして、麦野初(竹内涼真)が「なんなら、俺の胸を貸してやろうか?」と言い、腕を広げると、根本加穂子(高畑充希)は麦野初(竹内涼真)の胸に突進し、麦野初(竹内涼真)を押し倒して、麦野初(竹内涼真)の胸で泣いた。

麦野初(竹内涼真)が「これからママに言えないことがあったら、俺が聞いてやるから」と言い、背中をさすってやると、根本加穂子(高畑充希)は「麦野君って優しいのね。こういうのも裏表、二面性なの?」と尋ねた。

麦野初(竹内涼真)が「そうとも言えるかな」と答えると、根本加穂子(高畑充希)は「そうなんだ」と言い、麦野初(竹内涼真)の胸で再び泣き出した。

やがて、根本加穂子(高畑充希)が泣きつかれて眠ってしまったので、麦野初(竹内涼真)は根本加穂子(高畑充希)を負んぶして、根本加穂子(高畑充希)のマンションまで送った。

そのとき、マンションから父・根本正高(時任三郎)と母・根本泉(黒木瞳)が出て来たので、麦野初(竹内涼真)は根本加穂子(高畑充希)を負んぶしている所を観られてしまったのであった。

過保護のカホコ-第3話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク