愛してたって、秘密はある-第9話のあらすじとネタバレ

鈴木保奈美が出演する日本テレビのドラマ「愛してたって、秘密はある。」の第9話のあらすじとネタバレです。

第8話のあらすじとネタバレは「愛してたって、秘密はある-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■愛してたって、秘密はある-第9話のあらすじとネタバレ

白骨を持って警察へ自首した奥森晶子(鈴木保奈美)は、「主人に殴られるようになって、どんどんエスカレートしていって、夏になるころには以前とは別人のようになっていて、このままでは主人に殺されると思うようになって。その後は覚えていません。気がついたらトロフィーを握りしめていて、主人が床に倒れていました」と自供した。

刑事・一ノ瀬義男(矢柴俊博)が「そのとき、自首しようとは思わなかったんですか?」と尋ねると、奥森晶子(鈴木保奈美)は「息子を一人に出来ないし、奥森のせいで人生を台無しにする必要な無いと思いました」と答えた。

刑事・井上大吾(佐伯大地)が「そのとき、息子さんはどこに?」と尋ねると、奥森晶子(鈴木保奈美)は「まだ夏期講習から帰っていませんでした。息子が帰る前に何とかしなければと思って、1人で床に穴を掘って主人とトロフィーを埋めました。息子が眠ってからイリセ海岸まで行って、失踪に見せかけるために車を落としたんです」と答えた。

刑事・井上大吾(佐伯大地)が「でも、なんで頭蓋骨だけ病院にあったんですかね」と疑問に思うと、奥森晶子(鈴木保奈美)は「実は2ヶ月くらい前に庭が掘り返されてて、全部無くなってたんです。凶器も主人も」と答えた。

刑事・井上大吾(佐伯大地)が「じゃー、これは?」と言って奥森晶子(鈴木保奈美)が持ってきた白骨遺体を指さすと、奥森晶子(鈴木保奈美)は「誰かから送られてきたんです」と答えた。

刑事・一ノ瀬義男(矢柴俊博)が「どうして、今になって出頭したんですか?」と尋ねると、奥森晶子(鈴木保奈美)は「これが届いて、もう逃げられないと思って、私が罪を償わなくちゃと思ったんです」と答えた。

さて、奥森晶子(鈴木保奈美)は刑事・一ノ瀬義男(矢柴俊博)に付き添われて帰宅した。

驚いた奥森黎(福士蒼汰)が「どういうこと?」と尋ねると、奥森晶子(鈴木保奈美)は「母さんがやったって言うだけじゃ、逮捕できないんだって。裏付け捜査が必要みたい」と答えた。

そして、奥森晶子(鈴木保奈美)は「あの日、言ったでしょ。『今度は母さんの番。母さんが黎を守るから』って。いざとなったら、こうするって決めてたの。今がその時だって」と話した。

奥森黎(福士蒼汰)は「本当は俺がヤッたって言ってくる」と言うが、奥森晶子(鈴木保奈美)は「爽ちゃん(川口春奈)に言えたの?本当のこと?」と尋ねると、奥森黎(福士蒼汰)はうつむいた。

奥森晶子(鈴木保奈美)が「それでいいのよ」と告げるが、奥森黎(福士蒼汰)は「でも、こんなの間違っている」と言って苦悩した。

すると、奥森晶子(鈴木保奈美)は「母さんは、自首しようとする黎を止めたときから、ずっと間違っている。でも後悔はしていない。黎は自分の道をちゃんと歩いてくれているから。黎の人生を守れて、母さんは幸せ」と告げた。

一方、刑事・一ノ瀬義男(矢柴俊博)は「奥森晶子(鈴木保奈美)が言っている事が真実とは限らない。逃げた風見(鈴木浩介)が真実を知っているはずだ」と考えた。

他方、立花茜(岡江久美子)は立花弘晃(遠藤憲一)に「風見さん(鈴木浩介)、立花の口から父のことを聞きたいって。もし、あの人に会うようなことがあれば、誠意を持って答えてあげてください」と頼んだ。

翌日、奥森家で警察の現場検証が始まり、奥森黎(福士蒼汰)は刑事・一ノ瀬義男(矢柴俊博)から話を質問された。

奥森黎(福士蒼汰)は、奥森晶子(鈴木保奈美)の供述に口裏を合せて、事件当時は夏期講習に行っており、事件については知らないと答えた。

このとき、奥森黎(福士蒼汰)は、風見忠行(鈴木浩介)の部屋にあったトロフィーは僕の婚約者に贈られていたことを明かし、荷物を受け付けた宅配業者を調べるように頼んだ。

その後、奥森黎(福士蒼汰)が神奈川地検に出勤すると、立花弘晃(遠藤憲一)に屋上へ誘われた。

立花弘晃(遠藤憲一)が「風見と親しいらしいな。俺がヤツの父親を取り調べていたことを知ってたか?」と尋ねると、奥森黎(福士蒼汰)は「いえ。この間、初めて聞きました」と答えた。

奥森黎(福士蒼汰)が「本当なんですか?自白を強要したって」と尋ねると、立花弘晃(遠藤憲一)は「説教するきか?怨むなら風見を怨め。どんな事情でも人を傷つけて良い理由にはならない。アイツが容疑者なんだろ」と告げた。

すると、奥森黎(福士蒼汰)が「母が警察に出頭しました。父を殺したと。近いうちに逮捕されると思います」と教えた。

それを聞いた立花弘晃(遠藤憲一)は動揺したが、「爽(川口春奈)と別れろ。アイツを殺人犯の家族にするつもりか」と告げると、奥森黎(福士蒼汰)は「別れるしか無いと思います」と答えた。

その日の夜、立花爽(川口春奈)は「こんな時だから楽しいことを考えたいと思って」と言い、奥森黎(福士蒼汰)に婚姻届けを差し出し、「23日までにサインしといてね」と頼んだ。

それを見た奥森黎(福士蒼汰)は、「別れよう俺たち。俺ずっと嘘を付いていた。知ってたんだ。父さんが殺されたってことを。母さんが父さんを殺したんだ」と告げて立ち去ろうとした。

立花爽(川口春奈)は驚いて「嘘、嘘だよね」と言って呼び止めたが、奥森黎(福士蒼汰)は「ゴメン。今までありがとう」と言い、そのまま部屋を出て行った。

翌日、刑事・一ノ瀬義男(矢柴俊博)が逮捕状を持ってきて、奥森晶子(鈴木保奈美)を死体遺棄の容疑で逮捕した。

奥森黎(福士蒼汰)は驚いて自分が殺害したと打ち明けようとしたが、奥森晶子(鈴木保奈美)は「母さんは自分の身を守っただけ。誰がなんと言おうと。誇りに思ってる」と言って奥森黎(福士蒼汰)を止め、刑事とともに家を出た。

奥森晶子(鈴木保奈美)が逮捕されたことはその日のニュースで流れ、みんなを驚かせた。

驚いた立花爽(川口春奈)は、奥森黎(福士蒼汰)に電話をかけたが、奥森黎(福士蒼汰)は電話に出なかった。

法律事務員の山田隆也(柄本時生)は「彼氏さんの優しさじゃ?犯罪者が家族に居ると検事には採用されないって言うし」と告げたが、立花爽(川口春奈)は「それでも側に居ると決めたんです。こんなことで揺らぐような中途半端な覚悟じゃ無いんです」と答えた。

愛してたって、秘密はある-第9話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する