隣の家族は青く見える-あらすじとネタバレ

深田恭子が主演するフジテレビのドラマ「隣の家族は青く見える」のあらすじとネタバレです。

■隣の家族は青く見える-原作と主題歌

隣の家族は青く見える-原作と主題歌
主題歌 未定
原作 中谷まゆみのオリジナル脚本
放送局枠 フジテレビの木曜9時
放送開始日 2018年1月

■隣の家族は青く見える-あらすじとネタバレ

スキューバダイビングのインストラクターをしている五十嵐奈々(深田恭子)は、家を購入するという夢のため、子供を作らず、夫・五十嵐大器(松山ケンイチ)との2人暮しで、アパートでの生活を楽しんでいた。

やがて、五十嵐奈々(深田恭子)の夢は叶い、集合住宅「コーポラティブハウス」を購入することになった。

コーポラティブハウスは、住人達が意見を出し合って、デザインから検察業者の選定まで、一から作る集合住宅のことで、一般の住宅よりも安く、デザイン性も優れている。

こうして、家を持つという夢が叶った五十嵐奈々(深田恭子)は、コーポラティブハウスを手に入れたことを切っ掛けに、夫・五十嵐大器(松山ケンイチ)と子作りに励むが、なかなか子供ができない。

そこで、五十嵐奈々(深田恭子)は子供という新たな目標に向かって妊活に励むのだった。

■ドラマのみどころ
大河ドラマ「平清盛」で夫婦役を演じた松山ケンイチと深田恭子が、再び夫婦役を演じて妊活に励むことになる。

脚本は「ラスト・シンデレラ」の中谷まゆみ、演出は「失恋ショコラティエ」の品田俊介と、「昼顔」の高野舞が担当する。

■感想
人間の欲望というのは、限りが無く、「家が欲しい」という夢が叶うと、今度は「子供が欲しい」という夢を持つようになります。そして、妊活で待望の子供を授かると、今度は「良い学校に入れたい」とか「良い会社に就職させたい」という欲望を持つ事になります。

だから、私は、ときどき、立ち止まって、「自分の夢はもう叶っているのではないか。これ以上を望むのは贅沢なのでは無いか」とと思うようにしています。人生は走り続けるよりも、立ち止まってみることが大切なような気がしました。

なお、「明日の約束」の原作のあらすじとネタバレは「明日の約束-原作のあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する