コンフィデンスマンJP-原作とあらすじとネタバレ

長澤まさみが主演するフジテレビの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP(ジャパン)」の原作とあらすじとネタバレです。

■コンフィデンスマンJP-原作と主題歌

コンフィデンスマンJP-原作と主題歌
主題歌 未定
原作 原作無し。古沢良太のオリジナル脚本
放送局枠 フジテレビの月曜日9時
放送開始日 2018年1月

脚本を担当するのは、ドラマ「リーガルハイ」「デート-恋とはどんなものかしら」など、数々のヒット作を手がけた古沢良太で、ストーリーが二転三転するスピーディーなストーリーとなっている。

長澤まさみがフジテレビで主演するのは2012年のドラマ「高校入試」以来の5年ぶりで、月9で主演するのは2007年のドラマ「ロポーズ大作戦」以来の11年ぶりとなる。

■コンフィデンスマンJP-あらすじとネタバレ

ダー子(長澤まさみ)は、天才的な知能や専門的な技術を短期間でマスターできる天才コンフィデンスウーマン(信用詐欺師)である。

ダー子(長澤まさみ)は、悪い事をして金持ちになった富豪をターゲットとし、悪徳な金持ちから財産を根こそぎ騙し取るため、日々、詐欺の計画を練っていた。

しかし、ダー子(長澤まさみ)は天才的な頭脳の持ち主で有りながらも、なぜか女の武器で男を落とすハニートラップを好むため、仕事仲間のボクちゃん(東出昌大)から「エロババアにしかみえない」と言われて止められてしまうのだった。

こうして、ダー子(長澤まさみ)は詐欺のターゲットを決めると、仕事仲間のボクちゃん(東出昌大)とリチャード(小日向文世)とともに詐欺に取りかかるのだった。

詐欺のターゲットになるのは、ブラック企業や悪徳企業の社長やマフィアのドンなどで、ダー子(長澤まさみ)は時には仲間を騙す奇想天外なトリックを駆使して、金の亡者から財産を騙し取っていくのだった。

なお、石原さとみが主演するドラマ「アンナチュラル」のあらすじとネタバレは「アンナチュラル-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する