トドメの接吻(キス)-堂島旺太郎(山﨑賢人)を殺す犯人ネタバレ

新木優子が出演する日本テレビのタイムリープドラマ「トドメの接吻(キス)」の第2話のあらすじとネタバレ後半です。

このページは「トドメの接吻(キス)-第2話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■トドメの接吻(キス)-第2話のあらすじとネタバレ後半

さて、堂島旺太郎(山﨑賢人)は、興信所の男・根津功一(岡田義徳)を使って、青田真凛(唐田えりか)がホステスのアルバイトをしていることを突き止め、「ばらされたくなければ、明日の初乗り会で、本音を言って、並樹美尊(新木優子)に逆らえ」と脅した。

翌日、並樹乗馬クラブの初乗り会で、長谷部寛之(佐野勇斗)が落馬した時に泥がはね、青田真凛(唐田えりか)の着物が汚れてしまう。

並樹美尊(新木優子)は前回同様、制服に着替えて記念撮影を撮ることを提案すると、堂島旺太郎(山﨑賢人)が進み出て「みんな嫌なら、嫌ってハッキリ言った方がいいんじゃない?真凛ちゃん、本当はそれを着て撮って欲しいんでしょ」と告げた。

そして、並樹美尊(新木優子)が反論すると、堂島旺太郎(山﨑賢人)は「乗馬で大切なのは馬に謙虚でいることじゃない?」と指摘した。

並樹美尊(新木優子)が「貴方に何が分かるの」と怒ると、堂島旺太郎(山﨑賢人)は「真凛ちゃん、その着物はおばあさんにもらった大事な形見なんでしょ?みんなも、今日のために準備をしてきたんだよね?」と尋ねた。

並樹美尊(新木優子)が「そうなの?」と、みんなに尋ねると、堂島旺太郎(山﨑賢人)は「そうやって上から物を言うから、みんな萎縮しちゃうんだよ。知ってる?ホストクラブで大金を使う子って、大抵、親の遺産だとか、パトロンにもらった金とか、自分で稼いだ金じゃないんだよ。だから物の価値が分からないんだよ」と告げた。

並樹美尊(新木優子)が「私がそうだって言うの?」と怒ると、堂島旺太郎(山﨑賢人)は「そうだよ。裸のお嬢様」と告げた。

それを聞いた並樹美尊(新木優子)は、思わず、堂島旺太郎(山﨑賢人)をビンタした。

堂島旺太郎(山﨑賢人)は「残念だな。分かってもらえなくて」と言って立ち去る。そのとき、ホステスのアルバイトをしている青田真凛(唐田えりか)に目で合図をした。

すると、青田真凛(唐田えりか)が「本当はこれで撮って欲しい。おばあちゃんの形見だから。黙っててごめんね」と謝ったので、並樹美尊(新木優子)は従業員に「着物の汚れをできるだけ落としてあげて」と頼んだ。

そして、並樹美尊(新木優子)は、会員のみんなに「みんなも、思ったことを言ってね。そりゃ、私も言い返すこともあるかもしれないけど」と告げ、これを機に今まで以上に打ち解け合うようになった。

さて、堂島旺太郎(山﨑賢人)が並樹乗馬クラブを出て帰ろうとしていると、一部始終を見ていた兄・並樹尊氏(新田真剣佑)が追いかけてきて呼び止めた。

並樹尊氏(新田真剣佑)が「ありがとう。美尊(新木優子)を叱ってくれて。わざと、悪者になってくれたんだろ。本来なら僕の役目だからさ」と礼を言った。

並樹尊氏(新田真剣佑)が「エイトは源氏名だろ?名前を教えてくれないか」と頼むが、堂島旺太郎(山﨑賢人)は「エイトでかまいませんよ」と答えた。

並樹尊氏(新田真剣佑)が「でも、名前という物は、ご両親が愛情を持って付けてくれた大事な物だ」と告げると、堂島旺太郎(山﨑賢人)は「ばーか。愛なんてとっくに捨てた」と思いながらも、「尊氏さんの『尊』は、お父さんの並樹尊さん(山田明郷)から1文字もらったんですか」と尋ねた。

並樹尊氏(新田真剣佑)が「よく知ってますね」と驚くと、堂島旺太郎(山﨑賢人)は「他にも知ってますよ。色々とね。じゃー、また」と言い、立ち去った。

その後、並樹美尊(新木優子)は、社長秘書・新井郡次(小市慢太郎)に呼ばれて会社を訪れる。

並樹美尊(新木優子)が「どうしたんですか?家じゃなくて会社に呼ぶなんて珍しい」と尋ねると、新井郡次(小市慢太郎)は「京子さん(高橋ひとみ)たちには聞かれたくない話だ。まあ、見ろ。気になって調べてみたんだ」と言い、資料を渡した。

並樹美尊(新木優子)が資料を見ると、それは12年前に起きたクルーズ船「プロメテウス」の沈没事件の新聞記事だった。

新井郡次(小市慢太郎)は「あのホストの名前は堂島旺太郎(山﨑賢人)と言って、12年前のあの海難事故で逮捕された船長の息子だ。もしかしたら、事故の真相を探っているのかもしれない」と話した。

それを聞いた並樹尊氏(新田真剣佑)は、堂島旺太郎(山﨑賢人)が「他にも知ってますよ。色々とね」と言っていたことを思い出した。

さて、堂島旺太郎(山﨑賢人)がホストクラブ「ナルキッソス」の客を見送るために店の外へ出ると、店の外で並樹美尊(新木優子)が立っていた。

並樹美尊(新木優子)は「貴方が叱ってくれたおかげで、みんなと打ち解けることが出来た。ぶったりしてごめんなさい。一言お礼を言いに来ただけ。このままじゃ、気持ち悪いから」と礼を言い、礼だけ言って立ち去ろうとしたとき、車が来てひかれそうになった。

堂島旺太郎(山﨑賢人)は慌てて並樹美尊(新木優子)を掴んで抱き寄せ、そのまま抱きしめた。

堂島旺太郎(山﨑賢人)は「かかった」と思い、ニヤリとする。

そこで、堂島旺太郎(山﨑賢人)は並樹美尊(新木優子)と見つめ合ってキスしようとしたが、堂島旺太郎(山﨑賢人)のスマートフォンに電話が着信したため、キスはお預けとなる。

堂島旺太郎(山﨑賢人)が電話に出ると、小山内和馬(志尊淳)が「ナイト・デリバリーのヒロミちゃんから電話があって、ストーカーの住所が分かりました」と言ったので、堂島旺太郎(山﨑賢人)は並樹美尊(新木優子)に店で待っているように頼み、慌てて小山内和馬(志尊淳)の元へと向かった。

堂島旺太郎(山﨑賢人)が佐藤宰子(門脇麦)のアパートの前で小山内和馬(志尊淳)に合流すると、小山内和馬(志尊淳)は大家から入手した部屋の鍵を堂島旺太郎(山﨑賢人)に渡した。

堂島旺太郎(山﨑賢人)は、鍵を使って室内に侵入すると、室内には誰も居らず、部屋一面に堂島旺太郎(山﨑賢人)の写真が貼ってあり、「愛」と書かれていた。

そのとき、堂島旺太郎(山﨑賢人)のスマートフォンにヒロミからの電話がある。頼まれていた佐藤宰子(門脇麦)の住所が分かったという知らせだった。

堂島旺太郎(山﨑賢人)が「ああ、和馬(志尊淳)から聞いて、今来てる」と答えるが、ヒロミは「え?私、和馬(志尊淳)に電話なんかしてないわよ」と言った。

それを聞いた堂島旺太郎(山﨑賢人)は、室内の異変を感じ取る。

よく見ると、壁に小山内和馬(志尊淳)が女装のステージで着ていた衣装があり、佐藤宰子(門脇麦)の部屋にしては何かおかしいことにことに気づく。

堂島旺太郎(山﨑賢人)は、キス女(門脇麦)が「あなた、狙われている。か・・・」と言っていたことを思い出し、「か」というのは「和馬」の「か」だと気づいて振り返った。

すると、包丁を持った小山内和馬(志尊淳)が襲いかかってきた。

堂島旺太郎(山﨑賢人)はアパートを飛び出して逃げるが、追いかけてきた小山内和馬(志尊淳)に捕まり、背中から刺されてしまう。

小山内和馬(志尊淳)は「ずっと、好きでした。一緒に死んであげます」と言って、ぐいぐいとナイフを押し込むが、春海一徳(菅田将暉)が「おーい。何をしてるんだ」と声をかけたので、小山内和馬(志尊淳)は逃げ出した。

春海一徳(菅田将暉)は倒れている堂島旺太郎(山﨑賢人)の元に歩み寄ると、「だから言ったろ。宰子(門脇麦)はエイト(山﨑賢人)を助けてるって」と言い、笑い転げたのだった。

トドメの接吻(トドメのキス)-第3話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する