99.9-深山大翔(松本潤)の父親の殺人事件の真犯人ネタバレ

香川照之が出演するTBSのドラマ「99.9-刑事専門弁護士シーズン2」の第2和のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「99.9-刑事専門弁護士2-第2話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■99.9-刑事専門弁護士2-第2話のあらすじとネタバレ後編

一方、佐田篤弘(香川照之)は深山大翔(松本潤)に協力することを嫌がっていたが、斑目春彦(岸部一徳)は、佐田篤弘(香川照之)の妻と娘に金沢の高級旅館の宿泊券をプレゼントし、強引に佐田篤弘(香川照之)を深山大翔(松本潤)の応援に向かわせた。

佐田篤弘(香川照之)は、深山大翔(松本潤)に合流して、状況を聞くと、「検察が表に出さなかった証拠の中に隠されているかもしれない」と言った。

そして、佐田篤弘(香川照之)は、深山大翔(松本潤)が手に入れたという金魚のキーホルダーを見て驚いた。それは娘が持っていたキーホルダーと同じだったからだ。

旅館に来ていた娘の情報から、金魚のキーホルダーは縁結びの神社のお守りで、その神社は信州の西塞山(せいさいざん)の山頂にあるのだという。

そのようななか、深山大翔(松本潤)から第一発見者を調べるように頼まれていた検察官・丸川貴久(青木崇高)から電話が入る。

事件の第一発見者は、深山大翔(松本潤)の予想通り、派出所の三宅広之と後輩・小倉学だった。

尾崎舞子(木村文乃)が「発見したのが誰かなんて関係ないですよね?」と不思議がると、深山大翔(松本潤)は「発見したのが警察官なら、DNAや足跡が残っていたとしても、証拠から除外されるでしょ」と答えた。

さて、深山大翔(松本潤)らは信州の西塞山(せいさいざん)を登り、山頂にある神社を訪れる。すると、現場に落ちていた金魚のキーホルダーと同じキーホルダー売っていた。しかも、描かれていた模様は金魚ではなく、鯉だったことが判明する。

深山大翔(松本潤)は、神社でキーホルダーが販売されていることを確認すると、山を下りて登山口の売店で、26年前の入山記録をチェックし、ある人物の名前を見つけた。

翌日、深山大翔(松本潤)・佐田篤弘(香川照之)・尾崎舞子(木村文乃)の3人は、26年前の事件を担当した検事正・大友修一(奥田瑛二)の元を訪れ、鯉のキーホルダーを見せて事件現場に第三者が存在したことを告げた。

そして、深山大翔(松本潤)が傘についていた指紋について尋ねると、検事正・大友修一(奥田瑛二)は「君の父親と被害者の女性の物だけだ」と答えた。

深山大翔(松本潤)は「その2人だけですか?おかしいな。僕が調べた限りでは、遺体の第一発見者である警察官の指紋が付いていたと、あったんですが」と告げる。

検事正・大友修一(奥田瑛二)が「どこからの情報だ」と尋ねると、深山大翔(松本潤)は「重責を深く自覚し、常に公平誠実に熱意を持って職務に取り組む人からの情報です」と答えた。

深山大翔(松本潤)が「その警察官の指紋を証拠から除外しましたね」と尋ねると、検事正・大友修一(奥田瑛二)は「うーん、覚えていないが、謝って証拠に触れた警察官を逮捕していたら切りが無い」と答えた。

深山大翔(松本潤)が証拠に警察官の指紋があったことを確認すると、検事正・大友修一(奥田瑛二)は「何件の事件を扱ってきたと思うんだ。いちいち覚えていない」と答えた。

次に深山大翔(松本潤)が「鏑木美里さんが誰かにつきまとわれていたことをご存じですか?」と尋ねると、検事正・大友修一(奥田瑛二)は「どうだったかな」と答えた。

深山大翔(松本潤)は「僕はおそらく、付きまとっていた男性こそ、この事件の真犯人だと思います。僕の父親はコンビニの前で美里さんを下ろしました。なのに、美里さんはコンビニには立ち寄っていない。中に会いたくない人物がいたからだと思います」と話した。

検事正・大友修一(奥田瑛二)が「客は居なかったという証言が上がっていたはずだが」と答えると、深山大翔(松本潤)は「その通りです。お客さんは誰も居なかったです」と言って教えた。

深山大翔(松本潤)が改めてコンビニの店主に確認すると、店主はコンビニに客は居なかったが、コンビニの中に巡回中の警察官がいたことを思い出していた。

深山大翔(松本潤)は「おそらく、美里さんは、その警察官と顔をさわせたくなかったからコンビニに入らなかった。次は現場に落ちていたお守りです。これが誰の物か、お守りが売られていた西塞山(せいさいざん)に登り、26年前の入山記録を確認しました。そこに名前があったんです。犯人であろう男の名前が」と言い、入山記録のコピーを差し出した。

深山大翔(松本潤)が「三宅広之さんはご存じですね?派出所の警察官だった方です。遺体の大地値発見者ですよ。その三宅さんに会って、入山記録に名前があった人のことを聞いたんです。三宅さんと同じ派出所に勤めていた小倉学さんのことをね」と告げた。

入山記録には、第一発見者である警察官・小倉学の名前が書かれていたのである。

しかも、深山大翔(松本潤)が三宅広之に疑念をぶつけると、三宅広之は深山大翔(松本潤)の父親が起訴された後、小倉学のことを怪しむようになり、上司に報告したが、再調査されなかったことを打ち明けていた。

26年前、三宅広之から報告を受けた検事正・大友修一(奥田瑛二)は「100%の確証があるのか?そこまでして小倉が白だったら、どうする。警察・検察を揺るがす大事件になる。条件が揃ったからこそ深山を起訴したんだ。それに最後に裁くのは私たちじゃ無い。裁判官だ」と言い、三宅広之の報告を握りつぶしていたのだ。

深山大翔(松本潤)は「三宅さんは全てを話してくれました。犯人は小倉学に間違いないでしょう。小倉さんは証拠が除外される警察官だったからこそ、現場に父と美里さんしかいないという状況を作り、透明人間を演じることができたんです」と告げた。

そして、深山大翔(松本潤)は「事件の真相はおそらくこうです。あの日、小倉学はコンビニから立ち去る美里さんを見かけて交際を迫った。しかし、それを美里さんが拒み、傘で必死に抵抗して、カッとなった小倉学は思わず彼女を殺してしまった。現場で遺体を発見したさい、もみ合ったときに傘を触ってしまったことを思い出し、指紋が残るように素手で証拠の傘を掴んだ。しかし、逆の手で掴んだことから、三宅さんから疑われることになった。美里さんがコンビニに立ち寄らなかったことと、誰かに付きまとわれていたという有利な証拠を裁判に出さなかったのは、検察の主張にボロが出ることを避けるためだったんじゃないですか」と話した。

佐田篤弘(香川照之)は、「小倉さんは、警察を辞めた後、海外に移住しています。そのことによって時効が成立していない可能性があります。必ず彼の居場所を突き止め、当時の捜査がいかにずさんだったが証明します」と告げた。

すると、検事正・大友修一(奥田瑛二)は「君たちの努力は尊敬に値する。弁護士が君たちのような奴らばかりになったら、検察も裁判官も落ち落ちしてられんな。しかしな、今更、掘り返してもどうにもならんぞ。小倉は既に亡くなっている。チベットの山に登り、3年前に滑落して亡くなった。これは外務省の情報で確かだ。残念だったな」と告げた。

深山大翔(松本潤)は「残念なことなんてありません。僕は事実を知りたかっただけなんで。貴方は、小倉さんのことを調べてたんですね。どうしてですか?」と尋ねた。

しかし、検事正・大友修一(奥田瑛二)は何も答えなかったので、深山大翔(松本潤)は立ち去った。

すると、佐田篤弘(香川照之)は検事正・大友修一(奥田瑛二)に「貴方にとって深山の父親は何だったんでしょう?なぜ深山の父親を犯人にしなければならなかったのですか?いっそ、個人的な恨みがあったからだと言われた方が、深山は納得できたかもしれません。検察は最後に裁くのは裁判官だという。検察官は検察が挙げてきた証拠だと言って判決を下す。そして、我々弁護士も、時に依頼人の利益を優先して打算的になることがある。裁かれる人の人生に誰も責任を負おうとしない。裁判とは一体誰のためにあるのでしょうか」と告げて立ち去った。

結局、真犯人・小倉学が海外に移住していた期間は短く、26年前の事件は時効が成立しており、真犯人が分かったとしても、現在の司法システムでは、深山大翔(松本潤)の父親を救うことは出来なかった。

その後、検事正・大友修一(奥田瑛二)は辞職した。元裁判官の尾崎舞子(木村文乃)は起訴状に書かれていることが事実では無いことを知り、斑目法律事務所に残って弁護士を続けることにしたのだった。

99.9-刑事専門弁護士2-最終回のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク