崖っぷちホテル-原作とあらすじとネタバレ

三代目 J Soul Brothersの岩田剛典が主演する日本テレビのドラマ「崖っぷちホテル」の原作とあらすじとネタバレです。

■崖っぷちホテル-原作とあらすじとネタバレ

崖っぷちホテル-原作とあらすじとネタバレ
主題歌 未定
原作 土田英生のオリジナル脚本
放送局枠 日本テレビの日曜日10時半枠
放送開始日 2018年4月

■崖っぷちホテル-あらすじとネタバレ

かつては高級ホテルとして栄光を誇ったホテルが郊外にあった。しかし、ホテルの支配人・桜井佐那(戸田恵梨香)は29歳と若くて経験不足で威厳はゼロ。スタッフは実力もやる気も無く、ホテルは負債総額3億円を抱えて倒産寸前だった。

そのようななか、高級ホテルには似つかわしくない格好をした宇海直哉(岩田剛典)が、フラッとやってきた。

腕もやる気も無いスタッフだが、プライドだけは一流のスタッフは、宇海直哉(岩田剛典)に怪訝な態度を取るが、宇海直哉(岩田剛典)が次々と破天荒な注文を付けることにより、倒産寸前の高級ホテルに奇跡が起きるのだった。

■みどころ
「崖っぷちホテル」は、ホテルを舞台としたワン・シチュエーションのコメディードラマで、脚本は映画「約三十の嘘」を手がけた土田英生のオリジナル脚本。類似作品としては三谷幸喜の映画「THE 有頂天ホテル」やドラマ「王様のレストラン」などがある。

岩田剛典は連ドラ初出演で、戸田恵梨香が日本テレビの連ドラに出演するのは12年ブリである。岩田剛典は前作「砂の塔-知りすぎた隣人」からどの程度演技力が上がっているのかが注目される。

なお、「砂の塔-知りすぎた隣人」の最終回のあらすじとネタバレは「砂の塔-知りすぎた隣人-最終回のあらすじと結末ネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する