ファイナルカット-第5話のあらすじとネタバレ

亀梨和也が出演するフジテレビのドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」の第5話のあらすじとネタバレです。

第4話のあらすじとネタバレは「FINAL CUT(ファイナルカット)-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ファイナルカット-第5話のあらすじとネタバレ

中村慶介(亀梨和也)は、「吉沢優」という偽名を使って小河原雪子(栗山千明)に近づき、「高橋守」という疑義名を使って小河原若葉(橋本環奈)に近づいていた。

しかし、中村慶介(亀梨和也)と小河原雪子(栗山千明)が会っている所に、小河原若葉(橋本環奈)が現れてしまう。

中村慶介(亀梨和也)の正体がバレたかに思われたが、小河原雪子(栗山千明)がとっさの判断で、「私が呼び出したの。守さんを。若葉(橋本環奈)の携帯が置いてあったので、つい」と言い、その場を誤魔化した。

すると、小河原若葉(橋本環奈)は「ほんとうに過保護ね」と呆れ、中村慶介(亀梨和也)とデートした。

一方、小河原雪子(栗山千明)は、中村慶介(亀梨和也)が偽名を使って小河原若葉(橋本環奈)にも近づいていることを悟り、中村慶介(亀梨和也)の目的は兄・小河原翔太ではないかと考えた。

翌日、中村慶介(亀梨和也)は、ワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」の司会者・百々瀬塁(藤木直人)をターゲットにして尾行を開始するが、百々瀬塁(藤木直人)は全く怪しい点が無かった。

そのようななか、ワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」の小池悠人(林遣都)が企画した信用金庫の行員が内部告発をしたブラック企業企画がヒットし、第2弾が放送される予定だったが、第2弾は上の方針により、突然、中止となってしまう。

一方、中村慶介(亀梨和也)が運営するメディア被害相談サイト「MP.info.net」に、ある相談が舞い込んでいた。

相談者は、信用金庫の行員で、ワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」に信用金庫がブラック企業だと内部告発し、第2弾が制作されることになっていたのだが、突如として第2弾の中止を言い渡されたので、その理由が知りたいという相談内容だった。

中村慶介(亀梨和也)は百々瀬塁(藤木直人)の尻尾がつかめていなかったので、この相談を利用して、百々瀬塁(藤木直人)に揺さぶりをかける作戦に出た。

そこで、中村慶介(亀梨和也)は井出正弥(杉本哲太)の元を訪れ、誰の指示で信用金庫のブラック企業企画の第2弾が中止になったのかを尋ねると、井出正弥(杉本哲太)は「誰の指示でもない。番組としての方針だ」と答えた。

すると、中村慶介(亀梨和也)は、ファイナルカットを全世界に公開すると言い、第2弾を放送するように脅した。

その後、井出正弥(杉本哲太)は百々瀬塁(藤木直人)に「第2弾を放送したい。社会的意義もあるし、小池悠人(林遣都)も育てたい」と訴えると、百々瀬塁(藤木直人)は「横やりが入った。ひかり信用金庫のコンプライアンス対策室だ。警察OBが多く居る。故意にしている警察幹部から、これ以上の追求から止めてくれと言う要請があった。もちろん、普段なら聞き流すが、今回ばかりは。ひとつ貸しを作った」と教えた。

一方、小河原雪子(栗山千明)は中村慶介(亀梨和也)から教えられた職場に電話をかけてみるが、「吉沢優」という名前の人物は居らず、「吉沢優」は偽名だと判明する。
さらに、中村慶介(亀梨和也)が妹・小河原若葉(橋本環奈)に教えた職場にも電話をかけてみてたが、「高橋守」という名前の人は居らず、「高橋守」も偽名だと判明した。

そこで、小河原雪子(栗山千明)は妹・小河原若葉(橋本環奈)に、「吉沢優」と「高橋守」は偽名で、2人は同一人物で、中村慶介(亀梨和也)の狙いは兄・小河原翔太ではないかと教えた。

しかし、妹・小河原若葉(橋本環奈)は「お姉ちゃんは私と守の交際に反対なの?訳が分からない。止めて」と言って立ち去った。

さて、WEBサイト「MP.info.net」に再び、信用金庫の内部告発をした相談者からのメールが届く。出勤したら解雇されてしまったのだという。

そこで、中村慶介(亀梨和也)は、井出正弥(杉本哲太)を脅して、取材を続けるように圧力をかけたのだった。

井出正弥(杉本哲太)が再び百々瀬塁(藤木直人)に第2弾の放送を訴えに行くと、百々瀬塁(藤木直人)は「何があった?」と尋ねた。

すると、井出正弥(杉本哲太)は、12年前の女児殺人事件で自殺した容疑者・早川恭子(裕木奈江)の息子・中村慶介(亀梨和也)が現れ、中村慶介(亀梨和也)にプライベートの暴露動画を撮られて脅されていることを明かした。

すると、百々瀬塁(藤木直人)は「面白い。その息子さんに、こう返してやれ。殺人犯の息子がメディアを逆恨み。君の特集ならいつでも組むよ」と言って笑った。

隠しカメラを通して、その様子を見ていたが中村慶介(亀梨和也)は、対決を決意し、翌日、百々瀬塁(藤木直人)の元を訪れると、動画のURLを書いた紙を渡して、動画を再生した。

その動画により、百々瀬塁(藤木直人)はパーティーなどに連れてく妻は偽物で、金を払って女性を雇い、妻の振りをさせていたことが判明する。

さらに、百々瀬塁(藤木直人)が警察幹部の要請で、信用金庫のブラック企業企画第2弾を中止したことが録画されていた。

また、百々瀬塁(藤木直人)・高田清一郎(佐々木蔵之介)・芳賀恒彦(鶴見辰吾)が料亭から出てくる様子が録画されており、百々瀬塁(藤木直人)に信用金庫のブラック企業企画第2弾を中止させた警察幹部が警視庁刑事部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)と判明する。

中村慶介(亀梨和也)が「警察のお偉いさんに言われるがままに、信用金庫の取材を差し止めた。12年前もそうだったのか?あんたが母を。連日報道される。それがどういうことか分かるか?透明な檻。ある日突然入れられた。みんなが見て喜ぶ。直接手は下さない。でも、粉々に砕かれる。母は死んだ。檻に入ったまま」と告げた。

百々瀬塁(藤木直人)は「分かった。例の信用金庫の件。告発者が再就職できるように、こちら側からも話を通す」と告げると、中村慶介(亀梨和也)は「うちの母には?」と尋ねた。

すると、百々瀬塁(藤木直人)は「あれは、確かな情報だった。聞いたんだよ。ハンカチ。当時現場から、園長のハンカチが押収された」と言って教えた。

百々瀬塁(藤木直人)は、警視庁刑事部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)から「ここだけの話だが、女児のDNAが出た。唾液と皮膚片だ。そういうことだ」と教えられたのだという。

百々瀬塁(藤木直人)が「私は事実を報じたまでだ」と告げると、中村慶介(亀梨和也)は「違う。報じたら事実になるんだ」と声を荒げた。

百々瀬塁(藤木直人)が「私にどうしろと?」と尋ねると、中村慶介(亀梨和也)は「謝れ。母は真犯人の若い男を見た。そう証言している。なのに放送されなかった。あんたは母を容疑者にしたかった。真犯人は俺が捕まえる。そのとき、お前は謝罪しろ。申し訳ありませんでしたと。謝れ、母に」と告げた。

百々瀬塁(藤木直人)が「捕まえられるのか?真犯人を」と告げると、中村慶介(亀梨和也)は「必ずな。それまでお前には檻に入ってもらう。透明な檻に。用意したよ、お前にも。公開されたら人生は終わり。精神的無期懲役、これが貴方のファイナルカットです」と告げた。

その後、百々瀬塁(藤木直人)は約束を守り、信用金庫のブラック企業を告発をして解雇された相談者の再就職を斡旋した。

その一方で、百々瀬塁(藤木直人)はワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」で、中村慶介(亀梨和也)が撮影した動画を流し、「私は公の場に出るときは、妻の代役を雇っていました」と告白した。

しかし、百々瀬塁(藤木直人)は「実はこれ、アメリカ・ヨーロッパで騒がれているフェイクニュース」と言い、フェイクニュースの企画を始めた。

これにより、中村慶介(亀梨和也)がファイナルカットを公表したとしても、みんなはフェイクニュースの企画のために制作した偽動画としか思わない。

百々瀬塁(藤木直人)は、中村慶介(亀梨和也)のファイナルカットをフェイクニュースにすることで、ファイナルカットを潰したのである。

一方、そのニュースを見ていた高田清一郎(佐々木蔵之介)が、警視庁刑事部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)に「例の信用金庫の件、後処理が大変だったとか」と尋ねると、芳賀恒彦(鶴見辰吾)は「念を押されたよ。百々瀬(藤木直人)に。ひとつ貸しだと」と教えた。

高田清一郎(佐々木蔵之介)が「いつか、ここぞとばかりに、つけ込んでくるかもしれません。しばらくは貸し借りはしない方が」と忠告すると、芳賀恒彦(鶴見辰吾)は「前にも聞いたな、その忠告。古巣に戻って当時を思い出したか。そのために君がいるんだ。手綱を握ってくれ」と頼んだ。

他方、中村慶介(亀梨和也)は小河原雪子(栗山千明)から「兄が戻ってきました。レストランで家族と一緒に食事しています。貴方には伝えておきたくて」というメールが届いた。

そのメールを見た中村慶介(亀梨和也)は、そのレストランに急いだが、小河原雪子(栗山千明)ら家族は居なかった。

そのとき、レストランの外では、小河原雪子(栗山千明)と小河原若葉(橋本環奈)が居り、中村慶介(亀梨和也)がレストランに入っていく所を見ていた。

小河原雪子(栗山千明)と小河原若葉(橋本環奈)に「分かってくれた?彼の目当ては私たちじゃない。あの人の目的は、お兄ちゃんよ」と教えたのだった。

FINAL CUT(ファイナルカット)-第6話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク