アンナチュラル-犯人や「赤い金魚」のネタバレ

石原さとみが主演するTBSのドラマ「アンナチュラル」の犯人や真犯人などのネタバレです。

■久部六郎(窪田正孝)の正体のネタバレ

不自然死究明研究所(UDIラボ)で記録員のアルバイトをしている久部六郎(窪田正孝)の正体は、末次康介(池田鉄洋)のスパイだった。

週刊誌「週間ジャーナル」の末次康介(池田鉄洋)は、ネットで駄文を書いていた久部六郎(窪田正孝)に目を付け、医学部生ならUDIラボに入れるため、スパイとして雇ったのだ。

このため、久部六郎(窪田正孝)はUDIラボの給料のほかに、末次康介(池田鉄洋)からも給料を貰っている。

■三澄ミコト(石原さとみ)の過去のネタバレ

三澄ミコト(石原さとみ)の正体は、浦和市一家4人無理心中事件の生き残りだった。

三澄ミコト(石原さとみ)の父親は、雨宮英二といい、浦和市で雨宮総合病院の院長をしていた。

母・雨宮祥子は、父・雨宮英二との不仲から、睡眠薬を入れた紅茶を父・雨宮英二と長男・雨宮高貴に飲ませて眠らせると、長女・三澄ミコト(石原さとみ)に練炭を炊くのを手伝わせた。

そして、母・雨宮祥子は「このラムネを食べなさい」と言って、長女・三澄ミコト(石原さとみ)に睡眠薬を食べさせると、母・雨宮祥子も睡眠薬を飲んで眠りについた。

子供だった三澄ミコト(石原さとみ)は、ラムネが美味しくなかったので、吐き出すと、練炭のせいで部屋が暑かったため、隣の部屋に行って寝た。

三澄ミコト(石原さとみ)は隣の部屋に居たため、発見されたときに生きており、病院へ運ばれて回復した。発見が30分遅れていたら、脳に障害が残っていたという。

こうして助かった三澄ミコト(石原さとみ)は、親戚の三澄夏代(薬師丸ひろ子)に引き取られたのである。

浦和市一家4人無理心中事件については、当事者である三澄ミコト(石原さとみ)が事件当時のことを覚えていることから、犯人は母・雨宮祥子である。

■中堂系(井浦新)と「赤い金魚」のネタバレ

中堂系(井浦新)は、8年前に日彰医大の法医学教室で法衣解剖医をしており、運ばれてきた女性の遺体を何も言わずに解剖した。しかし、その遺体は中堂系(井浦新)の恋人・麹谷雪子だった。

このため、警察は殺人の証拠を隠蔽するために、恋人だということを言わずに解剖したのでは無いかと疑い、中堂系(井浦新)が犯人だと考えた。

その後、中堂系(井浦新)は不起訴となるが、日彰医大から解雇されたため、死体の情報が集まる不自然死究明研究所(UDIラボ)に来た。

中堂系(井浦新)は、恋人・麹谷雪子の口の中に「赤い金魚」のような模様を発見しており、フォレスト葬儀社の木林南雲(竜星涼)に金を渡して死体の口の中を調べさせ、「赤い金魚」の情報を集めている。

なお、「アンナチュラル」のあらすじとネタバレは「アンナチュラル-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する