ブラックペアン1988-原作のあらすじのネタバレ

嵐の二宮和也が主演するTBSのドラマ「ブラックペアン」の原作となる海堂尊の小説「ブラックペアン1988」のあらすじと結末のネタバレです。

このページには原作の最終回や結末が含まれています。結末を知りたくない方は閲覧に注意してください。

■ブラックペアン1988-原作の最終回と結末のネタバレ

昭和63年(1988年)、東城大学医学部付属病院の総合外科学教室で研修医として勤務する世良雅志は、医師免許試験の結果を目前と控えていた。

総合外科学教室は、教授・佐伯清剛がトップなので、「佐伯外科」と呼ばれていた。教授・佐伯清剛は、黒色のペアン(ハサミの形をしているが、刃が無く、血管などを挟んだまま保持するときに使用する手術道具)を使用し、学会や論文よりも手術を重んじていた。

そのようななか、東城大学医学部付属病院の佐伯外科に、帝華大学の高階権太がやってくる。

高階権太は優秀な外科医だったが、口が悪くて型破りだったので、帝華大学からはじき出され、佐伯外科の教授・佐伯清剛に招かれたのだ。

そして、研修医・世良雅志は、高階権太をカンファレンスの会場に案内したことがきっかけで、研修医として高階権太に付くことになってしまった。

さて、高階権太は佐伯外科に来て早々、ビックマウスを発揮し、教授・佐伯清剛が担当することになっていた食道癌の患者・皆川妙子の手術を執刀することになった。

高階権太は、この食道癌の手術で、高階権太が考案した食道自動吻合器「スナイプAZ1988」を使用し、見事に食道癌の手術を成功させた。

「スナイプAZ1988」は、食道を自動で吻合する機械で、「スナイプAZ1988」を使用すれば、100%の確率でリーク(吻合不全)が起きず、誰でも簡単に食道癌を手術することができる機械だった。

これに対して、出世を断り続け、万年平として気ままに手術を続ける凄腕の外科医・渡海征司郎は、外科医は技術が大事だと言い、高階権太に異を唱えるのだった。

さて、無事に医師国家試験に合格したて、医師1年生となった世良雅志は、上司・関川の手術に助手として加わるが、手術中にミスをして、手術を危機を招いてしまう。

その危機を救ったのが、海征司郎で、海征司郎は、佐伯外科の教育方法を批判し、世良雅志に手術を指導することにした。

翌日、海征司郎が手術に執刀し、助手に入った世良雅志は、静脈の結紮(けっさつ)を任されるが、世良雅志は結紮に失敗し、患者を殺しかけてしまう。

世良雅志は、患者を殺しかけたことを苦にして、医者を辞めようとしたが、高階権太は自分は5人を殺していると言い、「もはや外科を志す意外に返済する道はない」と告げて外科医を続けることを命じると、世良雅志は翌日から医者に復帰したのだった。

その一方で、世良雅志は、医大生の田口公平・速水晃一・島津吾郎の指導医を押しつけられていたが、指導期間の5日間を無事に終えて田口公平・速水晃一・島津吾郎の3人は東城大学医学部付属病院を去って行った。

さて、高階権太が来てから5ヶ月が過ぎたある日、佐伯外科の教授・佐伯清剛は、自由にさせてきた代償として、高階権太に「スライド資料の制作」「学会での発表」「スナイプAZ1988を他の医師に使わせた手術する」という3つの義務を命じた。

しかも、教授・佐伯清剛は、高階権太がスナイプAZ1988を使えば誰でも簡単に手術できると豪語していたことから、医師1年目の世良雅志にスナイプAZ1988を使った手術の執刀を命じた。

世良雅志が引き受けたが、高階権太は驚いて反対し、胃亜全摘出を5例は経験しているレベルを想定していると釈明して、世良雅志に手術をさせることを回避した。

そして、これまで高階権太の手術に3度入っていた関川がスナイプAZ1988を使う手術に執刀することになったが、教授・佐伯清剛は高階権太が手術スタッフに加わることを禁じた。

その日、渡海征司郎は、世良雅志に教授・佐伯清剛は簡単に人を切り捨てると言い、父・渡海一郎と教授・佐伯清剛との遺恨を話した。

世良雅志の父・渡海一郎は、東城大学医学部付属病院で医師をしていたとき、教授・佐伯清剛が患者の腹部に手術道具のペアンを置き忘れているのを発見し、手術で取り出そうとしたが、教授・佐伯清剛から手術を禁じられ、系列病院に飛ばされ、事件は隠蔽されたのだという。

渡海征司郎は教授・佐伯清剛の秘密を明かして、今回の手術で何かが起きると教えると、世良雅志は看護婦・猫田麻里が今回の手術を後輩の花房美和に譲ったことを明かし、名何か関係があるのか尋ねた。

すると、渡海征司郎は勘の良い猫田麻里が手術を回避したのであれば、最悪の事態が起きるかもしれない言い、最悪の事態を回避したければ、高階権太の居場所を把握し、高階権太の目鼻となるように助言した。

そこで、世良雅志はこの手術に関わっていなかったが、外回りのスタッフに交代して貰い、外回りのスタッフとして手術に参加すると、なぜか手術を回避した看護婦・猫田麻里も外回りのスタッフとして加わっていた。

そして、関川の執刀で手術が始まるが、関川がミスしてしまう。

世良雅志は高階権太に連絡して手術室に来るように伝えたが、教授・佐伯清剛が「行けば、お前の居場所はなくなる」と言い、行くことを禁じたため、高階権太は行くのを止めた。

驚いた世良雅志は高階権太の元に駆けつけ、患者を殺したくない、先生が来れば助かるミスだと説得すると、高階権太は教授・佐伯清剛の禁を破って手術室へと向かい、世良雅志・猫田麻里をスタッフに入れて手術を代わり、患者を助けたのだった。

手術後、教授・佐伯清剛の禁を破って手術に向かった高階権太は、東城大学医学部付属病院を辞めようとした。

しかし、教授・佐伯清剛は、行かなければクビにしていたと言い、高階権太を佐伯外科の後継者に指名すると、学長選に出馬することを明かしたのだった。

ある日、教授・佐伯清剛が学長選に向けたパフォーマンスのために、佐伯外科のスタッフの8割を率いて国際シンポジウムに特別講師として参加した。

すると、教授・佐伯清剛が東城大学医学部付属病院を留守にしている隙を突き、渡海征司郎が急患を連れてきた。

その患者は、教授・佐伯清剛が20年前に手術をして、腹部にペアンを置き忘れにされた患者・飯沼達次だった。

飯沼達次は、手術後も東城医大の系列病院・碧翠院桜宮病院に通院しており、渡海征司郎はアルバイトとして碧翠院桜宮病院に潜り込み、腹部のレントゲンを撮って患者・飯沼達次から手術の同意を得ていた。

渡海征司郎は、父・渡海一郎の敵を取るため、教授・佐伯清剛の留守を狙い、そのときの患者を連れてきたのだ。

さて、渡海征司郎は高階権太に執刀医を頼み、東城大学医学部付属病院でペアンを取り除く手術を開始する。

そこへ、手術の知らせを受けて国際フォーラムを抜けて戻ってきた教授・佐伯清剛が現れた。明らかに極北市から戻ってくるのは不可能なはずだが、教授・佐伯清剛はドクターヘリを使って戻ってきたのだ。

教授・佐伯清剛は手術の中止を命じるが、高階権太・渡海征司郎は命令を無視して患者の腹部からペアンを取り出した。

ところが、ペアンを取り除くと、患者の腹部から出血場所が不明の謎の大量出血が始まり、高階権太と渡海征司郎はピンチに陥ってしまう。

すると、教授・佐伯清剛は、渡海征司郎の父・渡海一郎の件は意見の行き違いだと言い、20年前の手術の真相を話した。

教授・佐伯清剛は、20年前に、この患者を手術した時も今回と同じように出血が止まらず、ピンチに陥った。

そこで、教授・佐伯清剛は、結紮での止血は不可能と判断し、ペアンで止血したまま、腹部を閉じた。

そして、患者側に説明したとしても理解が得られないと思い、ペアンを腹部に残したことは説明しなかった。

そして、教授・佐伯清剛が海外の学会から帰国したときにはもう、渡海征司郎の父・渡海一郎は系列病院へ飛ばされていた。

その後、教授・佐伯清剛が渡海一郎を呼び戻そうとしたが、渡海一郎は断り、教授・佐伯清剛に渡海征司郎のことを頼んでいたのだった。

全ての真相を話した教授・佐伯清剛は、ブラックペアンはカーボン製で出来ているため、レントゲンにも映らないし、火葬にされたときに灰になると言い、ブラックペアンで止血すると、ブラックペアンを腹部に残したまま腹部を閉じた。

手術後、教授・佐伯清剛は辞職しようとしたが、渡海征司郎は辞職を止め、手術適用は自分の診断ミスだと言い、佐伯外科を守るために手術の責任を取って東城大学医学部付属病院を辞めていったのだった。

ブラックペアン1988-原作の犯人と結末ネタバレ感想文」へ続く。

スポンサードリンク