FINAL CUT(ファイナルカット)-第6話のあらすじとネタバレ

栗山千明が出演するフジテレビの復習ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」の第6話のあらすじとネタバレです。

第5話のあらすじとネタバレは「ファイナルカット-第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ファイナルカット-第6話のあらすじとネタバレ

小河原雪子(栗山千明)は小河原若葉(橋本環奈)に、中村慶介(亀梨和也)の目的は失踪中の兄・小河原翔太で、何らかの目的で私たちに近づいてきたのだと教えた。

一方、中村慶介(亀梨和也)は小河原雪子(栗山千明)に気づかれたことを悟り、姉妹からフェードアウトして、姉妹の両親を探ることにした。

他方、百々瀬塁(藤木直人)は、調査会社に隠しカメラを調べさせており、スタッフの井出正弥(杉本哲太)・小池悠人(林遣都)・真崎久美子(水野美紀)・皆川義和(やついいちろう)も、中村慶介(亀梨和也)からファイナルカットで脅されていたことが判明する。

全員、12年前の女児殺害事件で、早川恭子(裕木奈江)を犯人扱いした報道をしたときのスタッフだった。

ある日、美人料理研究家・柴みちる(今野杏南)が自宅で殺害されるという事件が発生する。

柴みちる(今野杏南)は死ぬ数時間前に、SNSに「彼と喧嘩した。もう終わりだ」と投稿しており、恋人の矢口透(中村倫也)が容疑者に浮上した。

その日の夜、中村慶介(亀梨和也)が帰宅すると、1人の男が立っていた。男は中村慶介(亀梨和也)に「MP.info.netの方ですか?犯人扱いされてします。家には帰れません。助けてください、お願いします」と言って頭を下げた。

男は、美人料理研究家・柴みちる(今野杏南)殺人事件で容疑者となっている恋人の矢口透(中村倫也)だった。

中村慶介(亀梨和也)が「どうしてここが?」と驚くと、恋人・矢口透(中村倫也)はIT会社の社長で、MP.info.netのIPアドレスからプロバイダーなどをハッキングして、中村慶介(亀梨和也)の住所を割り出していたことを明かした。

そして、恋人・矢口透(中村倫也)は、事件当日の朝に柴みちる(今野杏南)と口論になったので、そのことを謝ろうとして仕事の途中で家に戻ったら、柴みちる(今野杏南)は台所で血を流して死んでいたことを話した。

その後、マスコミに取り囲まれて、犯人扱いを受け、行く先々でもSNSに投稿され、監視されているようなので、ネットで助けてくれる人を探していたところ、メディア被害相談サイト「MP.info.net」を発見し、中村慶介(亀梨和也)に助けを求めてに来たのだという。

一方、小河原雪子(栗山千明)は、母・小河原夏美(長野里美)の電話相手が失踪中の兄・小河原翔太ではないかと疑っていた。

しかし、妹の小河原若葉(橋本環奈)は「守(亀梨和也)は私がもらう。吉澤さん?どっちでもいいけど。あれから私、考えたの。出会いはどうでも、私は守が好きだ。私は諦めない。好きなの」と言い出した。

さて、中村慶介(亀梨和也)は恋人・矢口透(中村倫也)を泊めたが、一緒にWEBサイト「MP.info.net」を運営している野田大地(髙木雄也)が中村慶介(亀梨和也)に「本当に犯人だったらどうするの?立場上、まずい」と忠告していた。

それを恋人・矢口透(中村倫也)に聞かれたらしく、朝になると恋人・矢口透(中村倫也)は部屋から姿を消していた。

一方、警視庁刑事部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)は、恋人・矢口透(中村倫也)を殺人容疑で逮捕するだけの証拠が揃っていなかったことから、公務執行妨害で逮捕し、その後、殺人容疑で逮捕するよう、部下に命じた。

さて、中村慶介(亀梨和也)が高田清一郎(佐々木蔵之介)の元を訪れ、恋人・矢口透(中村倫也)が会いに来たことを明かすと、高田清一郎(佐々木蔵之介)は驚いて矢口透(中村倫也)との関係を尋ねた。

中村慶介(亀梨和也)がメディア被害相談サイト「MP.info.net」を運営していることを明かすと、高田清一郎(佐々木蔵之介)は「君のことは把握している」と言い、「MP.info.net」については知っていた。

中村慶介(亀梨和也)は「このままでは誤認逮捕も。なんど同じ過ちを繰り返すんですか」と訴えると、高田清一郎(佐々木蔵之介)は「君がなぜウチに来たのか。このサイトを利用して何をしようとしているのか。俺なりの予測はある。関わりたくも無いがな。これだけは言っておく、自分の力を過信するな。お前が敵視しているメディアも当時の捜査陣も確固たる組織だ。お前のような青二才がどうこう出来る相手ではない」と告げた。

すると、中村慶介(亀梨和也)は「おまけに両者は繋がっている。操作状況をリークして、世論をコントロールする捜査官がいて、メディアもそれを利用する。ご忠告、心にとめておきます」と答えた。

そのとき、高田清一郎(佐々木蔵之介)の元に、逃走中の恋人・矢口透(中村倫也)が確保され、護送されてくるという情報が入ってきた。

さて、百々瀬塁(藤木直人)は高田清一郎(佐々木蔵之介)に電話をかけて状況を尋ねると、高田清一郎(佐々木蔵之介)は「お答えできません」と答えたが、百々瀬塁(藤木直人)はその答えを聞いて「逮捕が近い」と判断してスタッフに檄を飛ばした。

そして、百々瀬塁(藤木直人)は、恋人・矢口透(中村倫也)が護送されてくるという情報を掴むと、小池悠人(林遣都)を警察に派遣し、矢口透(中村倫也)に死んだ美人料理研究家・柴みちる(今野杏南)の写真を見せ、矢口透(中村倫也)の反応を撮るように命じた。

しかも、百々瀬塁(藤木直人)のワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」は、矢口透(中村倫也)の両親の取材に成功しており、矢口透(中村倫也)の両親が頭を下げて謝罪しているようすを報じた。

矢口透(中村倫也)は、まだ公務執行妨害で逮捕されただけなのに、「ザ・プレミアワイド」は、まるで矢口透(中村倫也)が殺人容疑で逮捕されたかのように報じてスクープを連発していた。

「ザ・プレミアワイド」を観た高田清一郎(佐々木蔵之介)は「容疑はただの公務執行妨害だぞ。それをこんなにつついて」と驚いた。

その後、矢口透(中村倫也)が新宿中央署に運ばれてくると、待っていた小池悠人(林遣都)は百々瀬塁(藤木直人)の指示通り、矢口透(中村倫也)に死んだ美人料理研究家・柴みちる(今野杏南)の写真を見せた。

すると、矢口透(中村倫也)は突然、雄叫びを上げて走り出し、道路に飛び出し、走って来る車にひかれて死のうとした。

それを見ていた中村慶介(亀梨和也)は、慌てて飛び出して、矢口透(中村倫也)を助けたのだった。

中村慶介(亀梨和也)は矢口透(中村倫也)を助けることは出来たが、その様子をカメラで撮られており、「ザ・プレミアワイド」で報じられた。

このため、百々瀬塁(藤木直人)らスタッフに中村慶介(亀梨和也)の正体が警察官だったことを知られてしまうのであった。

また、小河原雪子(栗山千明)も「ザ・プレミアワイド」を観て、中村慶介(亀梨和也)が警察官と知るのであった。

一方、高田清一郎(佐々木蔵之介)は食器洗い洗剤機の中にある食器が凶器ではないかと推理していると、真犯人が出頭してきたという報告を受けた。つまり、矢口透(中村倫也)は犯人ではなかったのだ。

真犯人は、美人料理研究家・柴みちる(今野杏南)のアシスタントの女性・城山梓だった。城山梓はちょっとしたミスを柴みちる(今野杏南)に責め立てられ、カッとなって殺害したのだという。

そこで、上司・神野は高田清一郎(佐々木蔵之介)に、「我々はあくまでも矢口(中村倫也)を公務執行妨害で逮捕した。勝手に騒いだのはメディアだと念を押せ」と命じた。

その日の夜、小河原雪子(栗山千明)は中村慶介(亀梨和也)の元を訪れ、「本当のことを話して。貴方、警察の人なんでしょ」と尋ねると、中村慶介(亀梨和也)は「俺の名は、早川慶介。12年前に母を亡くした。ある事件が元で。その事件の真犯人は小河原翔太、君のお兄さんだ」と告げたのだった。

ファイナルカット-第7話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク