トドメの接吻(キス)-第8話のあらすじとネタバレ

山﨑賢人が主演する日本テレビのドラマ「トドメの接吻(キス)」の第8話のあらすじとネタバレです。

第7話のあらすじとネタバレは「トドメの接吻(キス)-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■トドメの接吻-第8話のあらすじとネタバレ

堂島旺太郎(山﨑賢人)は佐藤宰子(門脇麦)を抱きしめているところを、並樹美尊(新木優子)に見られてしまう。

しかも、並樹美尊(新木優子)は、佐藤宰子(門脇麦)とキスをしてタイムリープしていたので、佐藤宰子(門脇麦)を夢で見たと言って不思議がった。

焦った堂島旺太郎(山﨑賢人)は、佐藤宰子(門脇麦)は母方の遠い親戚で、面倒を見ているのだと言い、抱いていたのは貧血症で佐藤宰子(門脇麦)が倒れそうになったからだと釈明した。

そして、佐藤宰子(門脇麦)はナイトデリバリーで働いており、堂島家にも配達していたので、そのときに佐藤宰子(門脇麦)を見ており、それが夢に出てきたのではないかと話した。

それに納得した並樹美尊(新木優子)は話題を変えて、「結婚を前提に付き合って欲しい。だからちゃんと紹介して欲しい。ご両親を」と頼むと、堂島旺太郎(山﨑賢人)は「俺の父親は捕まったのは知ってるよね?美尊さんのお母さんが良く思ってないの知ってるし、別に会わなくて良いよ」と答えた。

並樹美尊(新木優子)は「2人で乗り越えていこう。旺太郎と一緒ならどんなことでも乗り越えられる」と告げると、堂島旺太郎(山﨑賢人)は「美尊さんのお母さんに会わせて欲しい」と頼んだ。

一方、並樹尊氏(新田真剣佑)は、謎のストリートミュージシャン春海一徳(菅田将暉)の元を訪れ、「佐藤宰子(門脇麦)って何者なんだ。堂島旺太郎(山﨑賢人)との関係は?アイツが上手く事を運べるのは、その女がいるからなのか?」と尋ねた。

春海一徳(菅田将暉)は「今日の競馬のレース結果を昨日の俺に教えてくれよ。そしたら、俺も教えてやる」と言い、佐藤宰子(門脇麦)が写っている写真にキスをすると、並樹尊氏(新田真剣佑)は馬鹿にされたのだと思い、怒って立ち去った。

その後、帰宅した並樹美尊(新木優子)は母・並樹京子(高橋ひとみ)に、「旺太郎に会って」と頼むと、母・並樹京子(高橋ひとみ)は反対した。

しかし、並樹美尊(新木優子)が「旺太郎(山﨑賢人)が親戚の宰子(門脇麦)を面倒見ている」と話すと、並樹尊氏(新田真剣佑)は「親戚の宰子さん(門脇麦)も是非」と言い、堂島旺太郎(山﨑賢人)と佐藤宰子(門脇麦)を自宅に招待することにした。

一方、社長秘書・新井郡次(小市慢太郎)は、乗馬クラブで襲われて入院している長谷部寛之(佐野勇斗)に監視を付けており、その監視から長谷部寛之(佐野勇斗)が入院している病院に、堂島旺太郎(山﨑賢人)の父・堂島旺(光石研)が現れたという報告を受ける。

そこで、社長秘書・新井郡次(小市慢太郎)は、「使える」と言い、ある悪巧みを計画するのだった。

ある日、堂島旺太郎(山﨑賢人)と佐藤宰子(門脇麦)は、食事に招待され、並樹尊家を訪れる。

並樹尊氏(新田真剣佑)は執拗に佐藤宰子(門脇麦)に質問をするので、堂島旺太郎(山﨑賢人)は不審がりながらも、婚約指輪の代わりとして並樹美尊(新木優子)にペアリグをプレゼントしたのだった。

翌日、入院中の長谷部寛之(佐野勇斗)が殺害された。犯人は父・堂島旺(光石研)だった。長谷部寛之(佐野勇斗)の病室を訪れた看護助手が発見し、その場でナイフを握りしめていた父・堂島旺(光石研)を取り押さえたのだという。

刑事が「お父さんと長谷部君(佐野勇斗)の関係は?何があったんですか?」と尋ねると、堂島旺太郎(山﨑賢人)は「関係なんてない」と答えた。

しかし、新井郡次(小市慢太郎)は「そうかな?君の父親は勤務中に大きな事故を起こした。そのときの雇い主が長谷部君(佐野勇斗)のお父さんだ。よくもこんな酷い仕打ちをしてくれたもんだ」と言って吐き捨てた。

長谷部寛之(佐野勇斗)の死亡推定時刻は、堂島旺太郎(山﨑賢人)らが食事に招かれて並樹家を訪れていた時だったので、それを知った堂島旺太郎(山﨑賢人)はタイムリープすることを決めたのだった。

ある日の夜、並樹尊氏(新田真剣佑)は、佐藤宰子(門脇麦)が秘密を知っていると考え、佐藤宰子(門脇麦)の元を訪れると、堂島旺太郎(山﨑賢人)が現れた。

そして、堂島旺太郎(山﨑賢人)は「俺たちはこういう関係だ」と言い、並樹尊氏(新田真剣佑)の前の前で、佐藤宰子(門脇麦)にキスをした。

すると、堂島旺太郎(山﨑賢人)が倒れて死に、続いて佐藤宰子(門脇麦)も倒れて死んだのだった。

さて、堂島旺太郎(山﨑賢人)と佐藤宰子(門脇麦)はタイムリープして1週間前に戻ると、長谷部寛之(佐野勇斗)が入院している病室へと急いだ。

堂島旺太郎(山﨑賢人)が病院内を走っていると、父・堂島旺(光石研)を取り押さえた看護助手と、ぶつかって転倒してしまう。

そのとき、看護助手がナイフを落とした。そのナイフは長谷部寛之(佐野勇斗)殺害に使用された凶器と同じだった。長谷部寛之(佐野勇斗)を殺した犯人は、第1発見者の看護助手だったのだ。

堂島旺太郎(山﨑賢人)は「お前が長谷部を」と怒り、看護助手に襲いかかったが、看護助手に逃げられてしまった。

その後、堂島旺太郎(山﨑賢人)が長谷部寛之(佐野勇斗)の病室を訪れると、父・堂島旺(光石研)が長谷部寛之(佐野勇斗)と話していた。

父・堂島旺(光石研)が「旺太郎(山﨑賢人)にテープを渡さないでください。旺太郎はテープを使って誰かを脅そうとしているのではないか。心配なんです」と頼むと、長谷部寛之(佐野勇斗)は「テープがどうなったのか分からないんです」と答えた。

病室の外で話を聞いていた堂島旺太郎(山﨑賢人)は「テープは尊氏(新田真剣佑)に奪われたよ」と言い、コソコソ逃げ回る父・堂島旺(光石研)に呆れ、「俺は助けに来たんじゃ無い。別れを言いに来たんだ。もうあんたを待つことしか出来なかった子供じゃない。もう2度と会うことはない」と別れを告げると、父・堂島旺(光石研)が「すまなかった」と謝った。

堂島旺太郎(山﨑賢人)が「いまさら父親ぶるな。顔も見たくない」と告げると、父・堂島旺(光石研)は黙って立ち去ったのだった。

そこで、堂島旺太郎(山﨑賢人)は長谷部寛之(佐野勇斗)に、長谷部寛之(佐野勇斗)を襲った犯人は布袋道成(宮沢氷魚)で、襲うように指示した黒幕は並樹尊氏(新田真剣佑)だろうと教えた。

翌朝、堂島旺太郎(山﨑賢人)は並樹尊氏(新田真剣佑)に「乗馬クラブで告白されたときに好きだと言っておけば良かったのに。あのとき、僕も同じ気持ちでいるって、美尊さん(新木優子)に伝えておけば、こんなことにはならなかったのに。人生って本当に後悔の連続ですね」と告げた。

その後、並樹尊氏(新田真剣佑)は布袋道成(宮沢氷魚)に接見し、「僕は間違ってるのか?何を間違えた?どこで間違えた?10歳の僕が事故の真相を言い出せなかったときか?本当の兄弟じゃないと知って美尊(新木優子)を愛したときか?美尊を愛さなければ、こんなに苦しまずにすむのに。僕はただ美尊を守りたいだけなんだ」と苦悩を漏らすと、布袋道成(宮沢氷魚)は「貴方は間違えていない。たとえ貴方が俺の知っている尊氏さんじゃなくても、俺は味方でいます。俺にはそれしかない」と話した。

さて、堂島旺太郎(山﨑賢人)は、並樹尊氏(新田真剣佑)が佐藤宰子(門脇麦)の秘密に感づいているのではないかと考え、自分の部屋で佐藤宰子(門脇麦)をかくまうことにした。

すると、荷物をまとめる佐藤宰子(門脇麦)は「これ、返す」と言い、12年前の事故で死んだ堂島光太の靴を堂島旺太郎(山﨑賢人)に返した。

さらに、佐藤宰子(門脇麦)は、父・堂島旺(光石研)から連絡先を聞いており、堂島旺太郎(山﨑賢人)に連絡先を渡し、「話をしてみたら」と言った。

堂島旺太郎(山﨑賢人)が「話すことなんてない。いいんだよ。どうせアイツは逃げるから。もう終わったんだ。忘れろ」と告げると、佐藤宰子(門脇麦)は「貴方も逃げている。貴方も私もみんな逃げてた。貴方なら乗り越えられると思う。光太君のために。私は貴方を信じている。貴方が私を信じてくれると言ってくれたから」と話した。

すると、堂島旺太郎(山﨑賢人)は、父・堂島旺(光石研)の連絡先を受け取ると、佐藤宰子(門脇麦)に「先に俺んちに行ってろ」と言い、鍵を渡すと立ち去った。

その後、堂島旺太郎(山﨑賢人)は、父・堂島旺(光石研)の元を訪れ、「あんたを許すつもりは無い。捕まったからじゃない。あんたが俺とお袋を捨てて逃げたからだ。なんで帰ってこなかった。事故の賠償金で借金まみれになるのが怖かったからか?なんで逃げた?それくらい答えろ」と告げた。

すると、父・堂島旺(光石研)は「見たんだ。母さんが光太を探しているのを見たんだ。光太は死んでるのに、母さんは必死に探し続けた。辛かった。辛くて。母さんに声をかけられなかった。私が弱かったせいだ。本当にすまない」と謝った。

それを聞いた堂島旺太郎(山﨑賢人)は、「12年前のあの日、俺が無理に誘って船に乗ったとき、光太が履いてた靴だよ」と言い、弟・堂島光太の靴を父・堂島旺(光石研)に渡した。

そして、堂島旺太郎(山﨑賢人)は、「行ってやれよ。お袋に持って行ってやれよ。お袋も逃げてるんだよ、あのときからずっと」と言った。

靴を受け取った父・堂島旺(光石研)は、広間に行くと、堂島光代(奥貫薫)が堂島光太を探すビラを配っていた。

父・堂島旺(光石研)は「居なくなってすまなかった。本当にすまなかった」と謝り、。堂島光太の靴を差し出すと、「光太は居ないんだ。もう居ないんだよ。旺太郎が言ってくれたんだ。それを母さんのところへ持って行けって。アイツが一番、辛いはずなのに」と告げた。

すると、堂島光代(奥貫薫)は靴を受け取って泣き崩れたので、父・堂島旺(光石研)は堂島光代(奥貫薫)を抱きしめた。堂島旺太郎(山﨑賢人)はその様子を遠くから見ていた。

一方、佐藤宰子(門脇麦)が堂島旺太郎(山﨑賢人)の部屋で帰りを待っていると、並樹尊氏(新田真剣佑)が現れ、並樹尊氏(新田真剣佑)に連れ去れてしまう。

その後、堂島旺太郎(山﨑賢人)が帰宅すると、佐藤宰子(門脇麦)は部屋に居なかった。

そのころ、佐藤宰子(門脇麦)はどこかの一室で椅子に縛り付けられており、並樹尊氏(新田真剣佑)は「いつも、どうして彼に邪魔をされるのか?君が力を貸してるんじゃないか?例えば、君がいれば過去に戻れるとか。どうなんだ?佐藤宰子」と尋ねたのだった。

なお、嵐の二宮和也が主演する「ブラックペアン」の原作のあらすじとネタバレは「ブラックペアン1988-原作のあらすじのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク