ファイナルカット-最終回のあらすじとネタバレ

亀梨和也が主演するフジテレビの復讐ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」の最終回(第9話)のあらすじとネタバレです。

1話からのあらすじは「FINAL CUT(ファイナル・カット)のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

第8話のあらすじとネタバレは「ファイナルカット-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ファイナルカット-最終回のあらすじとネタバレ

刺された小河原若葉(橋本環奈)は病院へ搬送され、中村慶介(亀梨和也)は殺人未遂の容疑で現行犯逮捕されたが、中村慶介(亀梨和也)は黙秘を続けた。

ワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」の百々瀬塁(藤木直人)は、小河原若葉(橋本環奈)と中村慶介(亀梨和也)の接点が分からずに困惑しながらも、「これはただの警察官の不祥事では無い」と言い、12年前の無認可保育園女児殺害事件との関連を含めて調べるように、部下に命じた。

一方、中村慶介(亀梨和也)の協力者・野田大地(髙木雄也)は、小河原雪子(栗山千明)の元を訪れ、小河原若葉(橋本環奈)が「お兄ちゃんと連絡を取り合っている」「協力します」と言って中村慶介(亀梨和也)を呼び出したことを教え、証拠としてメッセージのやりとりを見せた。

それを見た小河原雪子(栗山千明)は、野田大地(髙木雄也)を自宅に連れて行き、「このパソコンで兄とやりとりしていたのかもしれない」と教えた。

そこで、野田大地(髙木雄也)がパソコンを操作してパスワードを突破すると、小河原若葉(橋本環奈)と兄・小河原翔太(山崎育三郎)のメッセージのやりとりが残っていた。

小河原若葉(橋本環奈)が中村慶介(亀梨和也)に刺されたという自作自演の事件を起こしたのは、兄・小河原翔太(山崎育三郎)のアドバイスによるものだった。

兄・小河原翔太(山崎育三郎)は、中村慶介(亀梨和也)が逮捕されれば、兄・小河原翔太(山崎育三郎)の容疑も晴れ、家族も助かり、逮捕された中村慶介(亀梨和也)はみんなに見放されて孤独になるので、小河原若葉(橋本環奈)が中村慶介(亀梨和也)を手に入ればいいと、そそのかしたのである。

野田大地(髙木雄也)はパソコンのデーターをUSBメモリに保存していると、部屋で小河原達夫(升毅)の腕時計を見つけた。その腕時計は、小河原達夫(升毅)のファイナルカットを撮影するために、すり替えたカメラ付き腕時計だった。

この腕時計が事件当日の様子を動画で記録しており、野田大地(髙木雄也)は動画をプリントアウトして、高田清一郎(佐々木蔵之介)に届けると、中村慶介(亀梨和也)は容疑が晴れて釈放されることになった。

しかし、中村慶介(亀梨和也)は、「俺がやった」と言い、12年前の無認可保育園女児殺害事件の犯行を自供したのである。

一方、小河原雪子(栗山千明)は小河原若葉(橋本環奈)の病室を訪れ、「なんであんなことをしたの?お兄ちゃんに言われたから?」と尋ねると、小河原若葉(橋本環奈)は「アンタのせいよ。アンタが慶介(亀梨和也)を取ったから」と激怒して追い返した。

ある日、小河原若葉(橋本環奈)が退院して両親に連れられて帰宅すると、小河原雪子(栗山千明)の携帯電話に野田大地(髙木雄也)からの電話が着信する。

野田大地(髙木雄也)は「今、慶介(亀梨和也)が捕まった。テレビでやってる。観て」と告げた。

小河原雪子(栗山千明)が慌ててテレビを付けると、ワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」が中村慶介(亀梨和也)を逮捕したという速報を報じていた。

そのニュースを見た小河原雪子(栗山千明)・小河原若葉(橋本環奈)の姉妹と父・小河原達夫(升毅)、母・小河原夏美(長野里美)は驚いた。

その日の夜、小河原若葉(橋本環奈)は中村慶介(亀梨和也)に騙されたと言い、兄・小河原翔太(山崎育三郎)にチャットで中村慶介(亀梨和也)の逮捕を教えると、兄・小河原翔太(山崎育三郎)は「近いうちに帰るよ」と答えた。

ある日、兄・小河原翔太(山崎育三郎)がアメリカから帰国すると、中村慶介(亀梨和也)が空港で待ち受けていた。

中村慶介(亀梨和也)が逮捕されたというニュースは、兄・小河原翔太(山崎育三郎)をおびき出すために「ザ・プレミアワイド」に作らせたフェイクニュースだったのだ。

中村慶介(亀梨和也)は、井出正弥(杉本哲太)らのファイナルカット(動画)の削除を条件にフェイクニュースを作らせたのである。

さらに、小河原若葉(橋本環奈)ら家族全員を騙すために、小河原若葉(橋本環奈)の自宅のテレビに受信を仕込んでおき、小河原若葉(橋本環奈)の自宅だけにフェイクニュースを流し、ネットの記事も作り、新聞も偽の新聞とすり替え、中村慶介(亀梨和也)の逮捕を信じ込ませたのである。

さて、中村慶介(亀梨和也)は、警視庁刑事部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)をファイナルカット(動画)で脅して、12年前の無認可保育園女児殺害事件の再捜査の許可を得ており、小河原翔太(山崎育三郎)に任意事情聴取を求めた。

しかし、ワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」の取材班が現れ、小河原翔太(山崎育三郎)にインタビューを敢行しようとして、中村慶介(亀梨和也)の邪魔をする。

中村慶介(亀梨和也)が「ザ・プレミアワイド」の取材班を排除しようとして押し問答を続けていると、父・小河原達夫(升毅)が現れ、「プライバシーを侵害しないで欲しい。守られない場合は、局との話し合いになる。メディア審議会などの第三者機関に訴える」と言い、「ザ・プレミアワイド」の取材班を撃退する。

さらに、父・小河原達夫(升毅)は中村慶介(亀梨和也)にも「任意の事情聴取には一切応じない。どうしてもと言うのなら令状を」と言い、小河原翔太(山崎育三郎)を連れて帰ったのだった。

しかし、高田清一郎(佐々木蔵之介)は、小河原翔太(山崎育三郎)に再捜査許可書を見せたときに、再捜査許可書を渡して小河原翔太(山崎育三郎)の指紋を採取しており、鑑識に回して事件の証拠の指紋を照合させることにした。

ところが、高田清一郎(佐々木蔵之介)は、警視庁刑事部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)から、中村慶介(亀梨和也)の謹慎処分と再捜査の中止を言い渡されてしまうのだった。

さて、警察は小河原翔太(山崎育三郎)の指紋を鑑識に回し、その鑑定結果を見て、今後の方針を決めることにした。

謹慎処分となった中村慶介(亀梨和也)にとって、目障りなのは「ザ・プレミアワイド」だが、フェイクニュースを作ることと引き換えにファイナルカットの削除を約束しており、もうファイナルカットは使えなかった。

そこで、中村慶介(亀梨和也)は、百々瀬塁(藤木直人)にはまだ秘密があると言い、百々瀬塁(藤木直人)がパーティーなどに出席するときは妻の代役を雇っている理由を探った。

一方、百々瀬塁(藤木直人)は、小河原翔太(山崎育三郎)のインタビューを撮れなかったことに怒り、井出正弥(杉本哲太)らにプレッシャーをかけた。

このため、井出正弥(杉本哲太)は小河原家を訪れ、中村慶介(亀梨和也)はいわく付きの男なので、我々の取材を受けていただくことで、中村慶介(亀梨和也)の疑惑を追及することが出来し、小河原翔太(山崎育三郎)の疑いを晴らすことも出来ると言い、取材を申し込んだ。

小河原達夫(升毅)はあくまでも取材は拒否したが、小河原翔太(山崎育三郎)が「せっかく帰ったのに、いつまでも家の中では息が詰まる。僕にはやましいことは無い。僕なりに事件を調べました。12年前の事件の真犯人は早川恭子(裕木奈江)だと思います」と言い、取材を承諾した。

ある日、高田清一郎(佐々木蔵之介)は中村慶介(亀梨和也)の部屋を訪れ、鑑定の結果、事件の証拠品から小河原翔太(山崎育三郎)の指紋は検出されなかったことを伝えた。

中村慶介(亀梨和也)は「これでは礼状も出ない。やっとアイツが現れたのに、打つ手が無いなんて」と悔しがると、高田清一郎(佐々木蔵之介)は「ないこともない。メディアを使え」と言って教えた。

小河原翔太(山崎育三郎)が「ザ・プレミアワイド」に出演することになり、高田清一郎(佐々木蔵之介)の所に中村慶介(亀梨和也)を「ザ・プレミアワイド」に出演させたいという相談が来ていたのだ。

中村慶介(亀梨和也)を「ザ・プレミアワイド」に出演して証拠を突きつければ、小河原翔太(山崎育三郎)に尋問できると教え、「お前がどうしたいか決めろ。後悔しないように」と告げた。

さて、百々瀬塁(藤木直人)が妻の病院を訪れると、妻が中村慶介(亀梨和也)と一緒に居たので驚いた。

百々瀬塁(藤木直人)は中村慶介(亀梨和也)と2人きりになると、妻は若年性アルツハイマーで、妻の希望により、代役を立てていることを明かした。妻が代役を立てるように希望した理由は、今となっては分からないのだという。

すると、中村慶介(亀梨和也)は「ザ・プレミアワイド」に出演して小河原翔太(山崎育三郎)と対決することを承諾し、「さっきの動画は撮っておいた。いつもの調子で邪魔をしたら、この静かな病院にメディアが殺到する」と釘を刺した。

その後、中村慶介(亀梨和也)は高田清一郎(佐々木蔵之介)に「明日、ザ・プレミアワイドに出演します。これ以上、ご迷惑をかけることは出来ません」と言い、辞表を提出して警察を辞めた。

ファイナルカット-最終回のあらすじと結末ネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク