半分、青い。-秋風羽織(豊川悦司)の実在のモデルのネタバレ

NHKの朝ドラ「半分、青い。」に登場する秋風羽織(豊川悦司)の実在のモデルのネタバレです。

■秋風羽織(あきかぜ・はおり)のネタバレ

秋風羽織(豊川悦司)は、人気の少女漫画家で、羽織(はおり)という名前から、読者から女性だと思われがちだが、実際はおっさんだったという役どころである。

楡野鈴愛(永野芽郁)は秋風羽織(豊川悦司)の書いた少女漫画を読んでおり、大きな影響を受けることになる。

■秋風羽織(あきかぜ・はおり)のモデル

秋風羽織(豊川悦司)の実在のモデルは、少女漫画「天然コケッコー」などで有名な少女漫画家の「くらもち・ふさこ(倉持房子)」です。

ただし、くらもち・ふさこ(倉持房子)はエピソード上のモデルでは無く、くらもち・ふさこ(倉持房子)の作品「いつもポケットにショパン」「東京のカサノバ」「アンコールが3回」などが実名で、秋風羽織(豊川悦司)の作品として、朝ドラ「半分、青い。」に登場するということです。

なお、朝ドラ「半分、青い。」のあらすじとネタバレは「「半分、青い。」-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する