半分青い-楡野鈴愛(永野芽郁)と萩尾律(佐藤健)の結婚のネタバレ

朝ドラ「半分、青い。」に登場する楡野鈴愛(永野芽郁)と萩尾律(佐藤健)の結婚についてのネタバレです。

■半分、青い。-結婚相手のネタバレ

楡野鈴愛(永野芽郁)と萩尾律(佐藤健)は、7月7日の同じ日に同じ病院で生まれた仲の良い幼なじみで、自宅も近くで、楡野鈴愛(永野芽郁)が3度笛を吹くと、萩尾律(佐藤健)が部屋から顔を出すという仲である。

萩尾律(佐藤健)は、片の耳が聞こえなくなった楡野鈴愛(永野芽郁)を気にかけているが、まだそれが恋愛感情なのかは分からない。

恋愛関係の話が出てくるのは高校に進学してからで、萩尾律(佐藤健)は他校の女子高生・伊藤清(さや=古畑星夏)に一目惚れして好きになる。

一方、楡野鈴愛(永野芽郁)も他校の生徒・小林と運命的な出会いを果たすが、小林は新聞部で真面目だったため、楡野鈴愛(永野芽郁)とデートして話してみると、全然タイプの女性ではなかったので、この恋は実らなかった。

その後、高校を卒業すると、楡野鈴愛(永野芽郁)と萩尾律(佐藤健)は登場に出て近所に住んだのだが、楡野鈴愛(永野芽郁)は萩尾律(佐藤健)の隣に住んでいた大学生・朝井正人に恋をした。

しかし、朝井正人は「律が好きな女性とは付き合えない」と言い、楡野鈴愛(永野芽郁)は付き合うことが出来なかった。

一方、萩尾律(佐藤健)は思いを寄せていた伊藤清(古畑星夏)と東京で運命の再会を果たし、交際には発展するが、萩尾律(佐藤健)は楡野鈴愛(永野芽郁)と仲良くしていたので、伊藤清(古畑星夏)は楡野鈴愛(永野芽郁)の存在を面白く思わなかった、。

そのようななか、楡野鈴愛(永野芽郁)は、いつものように笛を3回吹いて萩尾律(佐藤健)を呼び出したのを切っ掛けに、彼女の伊藤清(古畑星夏)が激怒した。

そこで、萩尾律(佐藤健)は伊藤清(古畑星夏)を選び、楡野鈴愛(永野芽郁)と距離を置くために別の町へ引っ越してしまうのだった。

これが、朝ドラ「半分、青い。」の恋愛の前半部分で、結婚は中盤以降となります。

主人公の楡野鈴愛(永野芽郁)は離婚することがほぼ確定しているので、朝井正人(中村倫也)と結婚して、離婚後に萩尾律(佐藤健)と再会するという流れになると思います。

漫画アシスタントの東堂誠(志尊淳)はゲイなので、主人公の恋愛関係には絡んできません。

結末を予想する上で重要なのは、2人の誕生日が「7月7日の七夕」という設定だと思います。誕生日が七夕という伏線を考えれば、おのずと結末は予想できるのではないでしょうか。

なお、「半分、青い。」のあらすじとネタバレは「半分、青い。-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する