半分、青い。-第10週のあらすじとネタバレ

佐藤健が出演するNHKの朝ドラ「半分、青い。」の第10週のあらすじとネタバレです。

第9週のあらすじとネタバレは「半分、青い。-第9週のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■半分、青い。-第10週のあらすじとネタバレ

萩尾律(佐藤健)は、運命の再会を果たした伊藤清(さや/古畑星夏)と付き合い始めたが、伊藤清(古畑星夏)は萩尾律(佐藤健)と楡野鈴愛(永野芽郁)が仲良くしていたので焼き餅を焼いていた。

一方、楡野鈴愛(永野芽郁)は、好きになった朝井正人(中村倫也)に告白したが振られてしまう。

萩尾律(佐藤健)が理由を尋ねると、朝井正人(中村倫也)は「律の好きな女性とは付き合えない」と言った。

すると、萩尾律(佐藤健)は慌てて、「俺には清(古畑星夏)が居る。それに鈴愛(永野芽郁)は正人(中村倫也)が好きだ」と反論したが、心の奥底に釈然としない感情を抱いていたのだった。

そのようななか、7月7日の誕生日を迎えた楡野鈴愛(永野芽郁)は、同じ日に生まれた萩尾律(佐藤健)の誕生日を祝おうと思い、萩尾律(佐藤健)の部屋の前に行き、いつものように笛を3回吹いて、萩尾律(佐藤健)を呼んだ。

しかし、萩尾律(佐藤健)は不在で、部屋の中には伊藤清(古畑星夏)が居り、伊藤清(古畑星夏)が部屋から出てきて、「人の恋人を笛で呼ぶのは止めろ」と怒った。

すると、楡野鈴愛(永野芽郁)は「私は生まれたときから律(佐藤健)と一緒だ。律を返せ」と言い返したのだった。

半分、青い。-第11週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する