絶対零度 3(未然事件潜入捜査)-原作とあらすじとネタバレ

沢村一樹が主演するフジテレビの刑事ドラマ「絶対零度・シーズン3(未然事件潜入捜査)」の原作とあらすじとネタバレです。

■絶対零度3の原作と主題歌

絶対零度3-原作と主題歌
主題歌 家入レオの新曲「もし君を許せたら」
原作 オリジナル脚本
放送局枠 フジテレビの月曜日9時枠
放送開始日 2018年7月9日

■絶対零度3のあらすじとネタバレ

公安外事第二課のエリート刑事・井沢範人(沢村一樹)は、追い詰めて無抵抗になぅた犯人に発砲したため、ミハン・システムの責任者・東堂定春(伊藤淳史)から、総務部資料課分室への異動を命じられる。

総務部資料課分室は、表向きには資料を整理する部署だが、その裏では、未然犯罪捜査「ミハン・システム」を実用化するという極秘任務を与えられていた。

未然犯罪捜査「ミハン・システム」とは、AIが日本国民のあらゆる個人情報が入ったビッグデータを解析して、これから起こる重大犯罪(主に殺人事件)を起こす犯人を予測するシステムだった。

ミハン・システムは、現在は違法捜査で、ミハン・システムの実用化を目指して、極秘裏にミハン・システムを使って犯罪を未然に防ぐミハン捜査が進められていたのである。

ミハン・システムは夢のようなシステムだが、分かるのは危険人物の名前だけで、犯行の動機も犯行場所や日時も分からないうえ、AIの予想は完璧ではなく、予想が正しい確率は90%という問題もあった。

さて、特殊捜査班のメンバーだった山内徹(横山裕)は、相棒・桜木泉(上戸彩)の失踪によって特殊捜査班が解散してからも、桜木泉(上戸彩)の行方を追い続けており、桜木泉(上戸彩)の失踪を捜査しない警察への不信感から、上司を殴って総務部資料課分室へと移動を命じられてきた。

そのようななか、ミハン・システムが危険人物として、富樫伸生の名前を挙げたため、井沢範人(沢村一樹)はミハン捜査を開始する。

富樫伸生は、会社「リッチ・ウエスト」の経営者で、リッチ・ウエストは表向きにはクラブを運営会社だったが、裏では出会い系などグレーな仕事を手がけていた。

富樫伸生は、正規の収入以外にも副収入があったようで、金銭トラブルに巻き込まれた可能性があるため、井沢範人(沢村一樹)は山内徹(横山裕)をクラブのバーテンダーとして送り込み、情報を探らせた。

その一方で、井沢範人(沢村一樹)らが会社「リッチ・ウエスト」に潜入すると、大量の血痕が見つかり、既に富樫伸生が殺害されていたことが判明した。

ミハン・システムに懐疑的な山内徹(横山裕)は、ミハン・システムが間違っていたと批判するが、井沢範人(沢村一樹)はミハン・システムは開発途中であり、富樫伸生を殺害した犯人を突き止めれば、ミハン・システムの予想が外れた理由も分かるかもしれないと言い、捜査を継続した。

さて、富樫伸生の共同経営者・西田は、富樫伸生と副業をしていた商社マン須藤修一と貴金属店経営・前川健司を拷問して、富樫伸生とやっていた仕事について追求した。

富樫伸生が会社の金5000万円を持ち出しており、共同経営者・西田は5000万円を取り戻そうとしていたのである。

そこで、井沢範人(沢村一樹)らは、前川健司が経営する貴金属店に監視カメラを設置する一方で、小田切唯(本田翼)を商社に潜入させ、商社マン須藤修一を調べさせた。

そのようななか、匿名の通報により、山奥の地下から富樫伸生の遺体が発見される。

通報したのは、犯人はミハン捜査に批判的な山内徹(横山裕)だった。山内徹(横山裕)は、「未然に犯罪を止められなかった。これ以上、ミハンの捜査を進めるべきじゃない」と言い、事件を公にして捜査一課に引き渡すべきだと考えたのである。

しかし、ミハン・システムの責任者・東堂定春(伊藤淳史)は「捜査を継続してください。どうしてこういう予測が出たのか、原因が知りたいんです」と言い、ミハン捜査の続行を命じた。

それでも、山内徹(横山裕)は「俺は答え合わせをするつもりは無い」と言い、捜査を外れたのだった。

さて、富樫伸生の遺体が見つかったことで、捜査一課が動き出し、共同経営者・西田を取り調べたが、共同経営者・西田は「殺しなんてリスクの高いことはやらない」と言い、殺害容疑を否認した。

警察を出た共同経営者・西田は、商社マン須藤修一の会社に押しかけ、「富樫をやったのは、お前か?前川か?富樫と何をやっていた。警察に話されたら困るだろ?」と副業について追求した。

商社マン須藤修一が「何もやってません」と否定したが、共同経営者・西田は「金が戻ってくるまで、何度でも来るぞ」と脅した。

その日の夜、商社マン須藤修一は、貴金属店経営・前川健司の元を訪れ、「西田に気付かれたら終わりだ。最後に大きくやろう。富樫の金を使って1億で」と最後の副業を持ちかけた。

そして、商社マン須藤修一は、会社の金を横領して目を付けられており、これ以上は会社の金を持ち出せないと言い、汚れ仕事は全て引き受けるので、前川健司に5000万円を出して欲しいと頼んだ。

その会話を盗聴していた井沢範人(沢村一樹)は、須藤修一らがやっていた副業は金塊の密輸だと気付いた。

金は国内に持ち込むときに税金を払い、国外に持ち出すときに税金の還付を受けるシステムになっている。

密輸入なら税金を払う必要が無いので、密輸入で金を国内に持ち込み、密輸入した金を持ち出す金を国外に持ち出すときに税金の還付を受ける。それを繰り返せば、延々と儲かるのだという。

さて、井沢範人(沢村一樹)は山内徹(横山裕)に、須藤修一と前川健司がやっていた副業は金塊の密輸だと教え、ミハン・システムが危険人物として新たに須藤修一の名前を挙げたことを教えた。

そして、井沢範人(沢村一樹)は、「富樫伸生の遺体が見つかったことで警察から疑われ、西谷も追求されており、追い詰められた須藤修一が何をするか分からない。須藤はこれから人を殺す」と言い、山内徹(横山裕)に「引き金を引いたのは君だ」と告げた。

山内徹(横山裕)は自分のせいで殺人事件が起きるかもしれないことに苦悩するが、東堂定春(伊藤淳史)に諭されて、ミハン捜査に復帰したのだった。

さて、井沢範人(沢村一樹)らは、商社マン須藤修一が西田を殺害すると考えて金塊の密輸当日に張り込んでいたが、なぜか西田が運び屋から金塊を受け取っていた。

そこで、井沢範人(沢村一樹)は、商社マン須藤修一は西田と手を組み、親友の前川健司を殺害しようとしていることに気付いた。

須藤修一が前川健司を口封じのために殺害すれば、西田に5000万円を返済でき、須藤修一も5000万円が手に入るのだ。

それに気付いた井沢範人(沢村一樹)は、須藤修一が前川健司を殺害しようとしている現場に駆けつけ、間一髪で須藤修一の殺害を阻止して事件を解決したのだった。

ただ、井沢範人(沢村一樹)が須藤修一の拳銃を奪って須藤修一に拳銃を向けると、須藤修一が「あんたら警察だろ撃てないだろう。警察だもんな」と挑発したので、井沢範人(沢村一樹)は冷酷な表情で須藤修一に拳銃を向けて何発も発砲していた。

山内徹(横山裕)がそのことを東堂定春(伊藤淳史)に報告すると、東堂定春(伊藤淳史)は井沢範人(沢村一樹)に「貴方はミゼン捜査にとって諸刃の剣。貴方自身が一線をこえることのないようにお願いしますよ」と告げた。

ミゼンシステムが最初に富樫伸生の名前を挙げたのも予想を間違えたのではなく、富樫伸生は須藤修一を殺害しようとしたが、須藤修一に抵抗されて、反対に殺害されていたことも判明し、ミゼンシステムの5例目も成功に終わった。

その後、東堂定春(伊藤淳史)は山内徹(横山裕)を呼び出し、「貴方には知る権利があります。桜木(上戸彩)が見つかりました。ベトナムです。遺体で見つかりました。桜木泉(上戸彩)は誰かに殺されました」と教えたのだった。

絶対零度-未然犯罪潜入捜査-第2話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する