絶対零度 3(未然事件潜入捜査)-原作とあらすじとネタバレ

沢村一樹が主演するフジテレビの刑事ドラマ「絶対零度・シーズン3(未然事件潜入捜査)」の原作とあらすじとネタバレです。

■絶対零度3の原作と主題歌

絶対零度3-原作と主題歌
主題歌 未定
原作 オリジナル脚本
放送局枠 フジテレビの月曜日9時枠
放送開始日 2018年7月

■絶対零度3のあらすじとネタバレ

公安課のエリート刑事・井沢範人(沢村一樹)は、ある事件を切っ掛けに、総務部・資料課の室長へと飛ばされてしまった。資料課は、警察内の問題児ばかりを集めた吹きだまりだった。

しかし、資料課は、密かに極秘プロジェクトを任されていた。

警察は、メールや電話などの通信データや個人情報や防犯カメラの映像などを集約したビックデータから、AIを駆使して重大犯罪の犯人を予想する「未然犯罪捜査システム(ミハンシステム)」を開発中だった。

そこで、資料課は、「未然犯罪捜査システム(ミハンシステム)」が割り出した重大犯罪を起こす可能性のある犯人をマークし、犯罪を未然に防ぎ、未然犯罪捜査システムを実用化するという使命を課せられていたのである。

しかし、未然犯罪捜査システムが示す犯人は、犯人の名前しか分からず、いつ、どこで、どのような事件が起きるかまでは分からない。

このため、井沢範人(沢村一樹)ら資料課は、潜入捜査で犯人を突き止め、事件を未然に防がなければならないのだ。

資料課は、実質的には「未然犯罪捜査課(ミハン課)」なのだが、潜入捜査は現時点では違法捜査なので、表だって捜査することは出来ないため、表向きは「資料課」ということになっており、「未然犯罪捜査課」の存在は警察内部でも秘匿されていた。

ドラマ「絶対零度」シリーズは、火曜日9時枠で放送されていたが、今作のシーズン3では月曜日9時枠へと変更になる。また、桜木泉(上戸彩)を主人公としていたが、今作のシーズン3では井沢範人(沢村一樹)が主人公となる。

今作のシーズン3は、シーズン2から7年後という設定で、これまでの主人公・桜木泉(上戸彩)も、ある事件を切っ掛けに失踪する刑事として「絶対零度3」に登場し、ストーリーの鍵をにきる重要人物として登場する。

なお、朝ドラ「半分、青い」のあらすじとネタバレは「「半分、青い。」-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する