崖っぷちホテル-第8話のあらすじとネタバレ

岩田剛典が出演する日本テレビのドラマ「崖っぷちホテル」の第8話のあらすじとネタバレです。

第1話からのあらすじは「崖っぷちホテル-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■崖っぷちホテル-第8話のあらすじとネタバレ

ある日、マナヒラ王国のゴブドゥッラー国王が外交のために来日した。国王は日本人女性と結婚しており、日本人・成子王妃との間に、7人の王女を設けていた。この7人の王女が日本に来るのは初めてだった。

ただ、この7人の王女の間で王位継承問題が起きており、国王も神経質になっているのだという。

その国王が、崖っぷちホテル「グランデインヴルサ」に宿泊を指定しており、時貞正雄(渡辺いっけい)は何か粗相があれば、大ピンチになると嘆いた。

しかし、国王の来日はテレビや新聞で大きく取り上げられていることから、宇海直哉(岩田剛典)は「ホテルにとって大チャンスですね」と言って喜んだ

さて、7人の王女がホテル「グランデインヴルサ」にやってくる。7人の王女は母親が日本人なので、日本語も堪能だった。

ただ、国王と王妃は別のホテルに泊まることになっており、ホテル「グランデインヴルサ」に泊まるのは7人の王女だけで、7人の王女は国王から「忘れられないディナーを経験してくるように」と言われたのだという。

さて、7人の王女は王位継承問題は、長女イレーナと次女ニーナのどちらが王位を継ぐかで揉めており、長女イレーナ派と次女ニーナ派で派閥に別れていた。

このため、長女・三女・五女は同じ部屋に泊まったが、次女・四女・六女は別の部屋に泊まった。ただ、どちらの派閥にも属さない七女ナディアは1人で個室に泊まった。

さて、桜井佐那(戸田恵梨香)らは会議を開いて、7人の王女の対応を協議する。問題は、7人の王女が国王から「忘れられないディナーを経験してくるように」と言われていることだった。

「忘れられないディナーを経験してくるように」ということは、国王は以前、ホテル「グランデインヴルサ」に宿泊したことになるのだが、桜井佐那(戸田恵梨香)も丹沢昭人(鈴木浩介)も、国王が泊まりに来たという話を聞いたことが無かった。

時貞正雄(渡辺いっけい)は過去の手紙や記録をチェックすることを提案したが、宇海直哉(岩田剛典)は「まずは、お客様のご要望に全力で答えしましょう」と言い、従業員に配置を指示した。

そして、料理の件は、鳳来ハル(浜辺美波)と江口竜二(中村倫也)に一任された。

料理を担当する鳳来ハル(浜辺美波)は、七女ナディアと仲良くなり、国王が言う「忘れられない要理」について尋ねるると、七女ナディアは「お父様がここに来たのは、海外で知り合った知人がここで働いていて、お母様と2人で来たと。お母様と一緒に食べたディナーが忘れられないと言っていた」と教えてくれたが、七女ナディアも食べた料理の名前までは知らなかった。

さて、ホテルの従業員は万全の体制で臨んだが、長女イレーナからは「ベッドメイキングが出来ていない」とクレームが出て、次女ニーナからは「テレビを持ってきて」と要求が出た。

そのようななか、ベッドメイキングに不満を持った長女イレーナが帰ると言い出したので、桜井佐那(戸田恵梨香)らが引き留めに行くと、次女ニーナも帰ると言い出した。

そこで、宇海直哉(岩田剛典)は個室に泊まっていた七女ナディアに教えに行くと、七女ナディアが「お父様が言っていたディナーを食べずに帰るの?国を背負うかもしれない2人が、そんな勝手じゃ困るの。お父様の言うことはいつも意味があった。このホテルに泊まることにも、何か意味があると思わない?」といい、長女イレーナと次女ニーナを引き留めた。

長女イレーナと次女ニーナはホテルに残ったが、鳳来ハル(浜辺美波)の方は依然として、国王が言う「忘れられない要理」が分からなかった。

一方、従業員の方も7人の王女の対応に苦慮していた。

ベッドメイキングが気に入らないので帰るというのは理解できるが、テレビを要求した次女ニーナの方には「直ぐにテレビを用意する」と告げたのに、次女ニーナはテレビを待たずに帰ろうとしていたのだ。

それを聞いて何かに気付いた宇海直哉(岩田剛典)は、「失礼をしちゃいけない。ご機嫌を取らなくちゃいけない。嫌われちゃいけない。ホテルマンってそういう仕事でしたっけ?しなければいけないことは、して当たり前のことです。だから、私たちホテルマンはその先を考える必要があります。なので、いつもの言葉で恐縮ですが、本日の目標は、これにしましょう」と言い、ホワイトボードに「ワクワクして仕事をする」と書いた。

そして、宇海直哉(岩田剛典)は「私たちが楽しんで仕事をしなければ、お客様に楽しい思い出を作るのなんて不可能だと思います」と告げた。

大田原大志(野性爆弾くっきー)が「では、どのようにすれば?」と尋ねると、宇海直哉(岩田剛典)は「みなさんで考えましょう」と言い、さりげなく、「7人の女王は初めて日本に来た」とヒントを与えた。

すると、従業員は何かに気付き、早速、動き始めた。

一方、料理を担当する鳳来ハル(浜辺美波)も、「ワクワクして仕事をする」という業務目標を聞き、自分が作りたい物を作ることに決めたのだった。

さて、大田原大志(野性爆弾くっきー)らがベットメイキングをしている間に、枝川梢(りょう)は長女イレーナらに、マナヒラ王国の特産品パパイアで作ったカクテルを振る舞った。

さらに、大田原大志(野性爆弾くっきー)らは、マナヒラ王国ではベッドに蓮の葉を敷いて寝るという習慣があることを調べ、ベッドに蓮の葉を敷を敷き、部屋もマナヒラ王国風にアレンジした。

すると、長女イレーナイレーナは喜び、懸命に働く大田原大志(野性爆弾くっきー)に惚れたのだった。

一方、阿部長吉(宮川大輔)らもテレビを用意すると、悪戦苦闘して衛星放送を契約し、次女ニーナらにマナヒラ王国の放送を見せると、次女ニーナも喜んで「ありがとう」と礼を言った。

長女イレーナや次女ニーナは、初めての日本で不安だったのだ。

さて、長女イレーナや次女ニーナの問題は解決したが、料理の問題が残っていた。

鳳来ハル(浜辺美波)は、自分が作りたい物を作ると決めたまでは良かったが、いざ、作るとなると、何を作って良いのか分からず、悩んでいた。

鳳来ハル(浜辺美波)は、江口竜二(中村倫也)から外の空気を吸ってくるように言われて、外に出ると、七女ナディアが庭で飼っているスッポンを見ていたので、声を掛けて思い出話をした。

そして、鳳来ハル(浜辺美波)は、父親の料理を食べて料理の道に進むことを決め、直ぐに働けるパテシエになったことを教え、父の料理を食べて感じたことを誰かにも感じて欲しくて料理人になったことを話した。

それを聞いた七女ナディアは、「私も、ここでどうしようか悩んでいたとき、思い出したのはお父様の背中でした。困ったことが起きたときほど自信を持って胸を張って大きく深呼吸してから声を出す。そういうお父様の声に・・・」と話した。

そこで、鳳来ハル(浜辺美波)は作る料理を決め、七女ナディアに「絶対に忘れられないディナーにしますから」と約束し、厨房へと戻った。

そのとき、ホテル「グランデインヴルサ」で停電が起きたため、桜井佐那(戸田恵梨香)は7人の王女を非常灯の付く会議室に集まってもらい、電力会社に電話したり、業者を手配しようとしたが、復旧には時間がかかるらしい。

そこで、桜井佐那(戸田恵梨香)は、これ以上、7人の王女に迷惑は掛けられないと言い、近所のホテルに頼んで、7人の王女を引き受けてもらうことにした。

しかし、元料理長の江口竜二(中村倫也)が止めに来て、7人の王女に「今、総料理長がディナーを作っています。もう少し待っていただけないでしょうか」と頼んだ。

次女ニーナが「どうして、そんなに?」と尋ねると、江口竜二(中村倫也)は「忘れられないディナーにすると、約束したからです。もう少しだけ、お待ちいただけないでしょうか」と言い、頭を下げた。

すると、七女ナディアは、「他のホテルを手配しても時間がかかります。お父様の意思もあるので、ディナーを待ちましょう」と言ったので、他の王女も待つことにした。

その後、ディナーの準備が出来ると、鳳来ハル(浜辺美波)は7人の王女をレストランに案内した。

レストランも停電していたが、鳳来ハル(浜辺美波)は、このピンチをチャンスに変え、部屋中をキャンドルで飾り付け、幻想的な雰囲気を作り出していた。

そして、鳳来ハル(浜辺美波)が用意したのは、鳳来家直伝の魔法の鍋だった。

7人の王女が、「美味しい、美味しい」と言って鍋を食べると、鳳来ハル(浜辺美波)は「この料理には好きな人と食べると笑顔になる魔法が掛けられているんです。誰かと喧嘩して怒った日の夜は、父がテーブルの真ん中に鍋を置いてくれました。それを父と母と一緒に食べたら、私は絶対に笑顔になれたんです。そんな不思議な魔法を持っているのが、この鍋という料理なんです」と話した。

七女ナディアが「どうして、この料理を私たちに?」と尋ねると、鳳来ハル(浜辺美波)は「これを食べている皆さんを想像したら、ワクワクしたので」と答えた。

すると、七女ナディアの笑顔を見た長女イレーナは、「王位継承のことだけど、私は継ぐ気は無いわ。私よりもふさわしい人間が居る。ナディアよ」と言い出した。

七女ナディアが驚いていると、次女ニーナも「ちょっと待ちなさいよ。それ、私が先に言おうと思ってたのに」と言って怒った。

長女イレーナが「また私のマネをする気なの?」と呆れると、次女ニーナは「違うから、本当にそう思ってから」と言い返して喧嘩になった。

七女ナディアは「止めてよ。こんな素敵な料理の前で喧嘩なんてしないで、それに突然、言われても困る」と言って考え直すように言ったが、長女イレーナも次女ニーナも「もう決めたの」と言い、撤回しなかった。

そこで、七女ナディアは鍋を取り分けては1人1人に配り、「もし、私が王になったとき、みんなはまた私と一緒に歩んでくれますか?また私と一緒に居て楽しいと笑ってくれますか?こうやって笑顔でご飯を食べてくれますか?」と尋ねると、長女イレーナも次女ニーナも「もちろん。当たり前じゃない」と答えた。

それを聞いた七女ナディアは、「それなら、私はマナヒラ王国の王になります」と言い、王位継承を承諾した。そのとき、電気も復旧したので、7人の王女は仲良く一緒に笑顔で鍋を食べたのだった。

翌日、迎えを待つ7人の王女は、ホテルに満足しており、桜井佐那(戸田恵梨香)らに礼を言う。

長女イレーナは「お父様のように日本人と結婚もいいわね」と言い、好きになった大田原大志(野性爆弾くっきー)に「一緒に来る?」と誘った。

大田原大志(野性爆弾くっきー)は長女イレーナに惚れていたが、「このホテルのフロントマンなので」と言い断ると、長女イレーナは「じゃ、お礼だけ」と言い、大田原大志(野性爆弾くっきー)にキスをした。

さて、ホテルに迎えに来た執事が7人の王女に「みなさま、忘れられないディナーは楽しめましたか?」と尋ねると、七女ナディアは「はい。素敵なお鍋を頂きました」と答えた。

それを聞いた執事は「鍋?国王はカニを食べたと仰ってました。王妃は10杯以上のカニを食べたので、忘れられないと」と話すと、ホテルの従業員一同は「カニ?」と言って驚いた。

さて、国王の外交は上手くいき、インタビューに「私はグランデインヴルサが大好きだ」と答えてたので、それがニュースで報道されると、ホテル「グランデインヴルサ」の電話が鳴り止まなくなり、次々と予約が入るのだった。

崖っぷちホテル-第9話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク