半分、青い。-第14週のあらすじとネタバレ

永野芽郁が出演するNHKの朝ドラ「半分、青い。」の第14週のあらすじとネタバレです。

これまでのあらすじとネタバレは「半分、青い。-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

■半分、青い-第14週のあらすじとネタバレ

萩尾律(佐藤健)が「より子(石橋静河)」という女性と結婚したことを知った楡野鈴愛(永野芽郁)は、ショックを受けて漫画どころではなかったが、秋風羽織(豊川悦司)の「下書き無しで描け。初めて漫画を描いたときのように」という言葉により、再び漫画を描き始めた。

ボクテ(志尊淳)とユーコ(清野菜名)も応援に駆けつけたが、楡野鈴愛(永野芽郁)は全くストリーが思いつかず、締め切りの朝を迎えてしまった。

このピンチを救ったのが秋風羽織(豊川悦司)だった。秋風羽織(豊川悦司)は、楡野鈴愛(永野芽郁)のアイデアを原作とした原稿を準備しており、2人の合作ということにしてくれたのだ。

こうして、楡野鈴愛(永野芽郁)は締め切りから2週間遅れて漫画を完成させ、秋風羽織(豊川悦司)からも普及点を貰うが、楡野鈴愛(永野芽郁)は自分の限界を悟り、漫画家から引退することを決意して、秋風羽織(豊川悦司)に引退を伝えた。

すると、秋風羽織(豊川悦司)は、自分の元を旅立っていったアシスタントへの思いを楡野鈴愛(永野芽郁)に語るのだった。

1999年の秋、楡野鈴愛(永野芽郁)は漫画家を止めて秋風ハウスを出て、100円ショップ「大納言」で働き始めていた。

そして、100円ショップ「大納言」で働いていた楡野鈴愛(永野芽郁)は、店にやってきた美青年・涼次(間宮祥太朗)と出会うのだった。

100円ショップ「大納言」は運動会シーズンを迎えて忙しく、涼次(間宮祥太朗)をアルバイトに迎えた。

楡野鈴愛(永野芽郁)は涼次(間宮祥太朗)が書いた詩を見て、漫画家時代に苦労したことを思い出して詩に共感し、涼次(間宮祥太朗)を意識するようになる。

しかも、涼次(間宮祥太朗)は、楡野鈴愛(永野芽郁)の漫画「一瞬に咲け」の大ファンだった。

楡野鈴愛(永野芽郁)は、涼次(間宮祥太朗)が次回作を待っていることを知り、「ごえめんなさい。楡野鈴愛は漫画家を辞めました」と打ち明けて謝罪した。

涼次(間宮祥太朗)が「ファンなんです。握手してもらってもいいですか」と頼むと、ファンと初めて握手する楡野鈴愛(永野芽郁)は「良かった。良かった書いてて良かった。読んでくれる人が居て良かった。苦しい思いをして描いて良かった」と言い、泣きながら、握手した。

すると、涼次(間宮祥太朗)は泣いている楡野鈴愛(永野芽郁)を抱きしめたのだった。

さて、運動会は雨によって中止になった。涼次(間宮祥太朗)は運動会までの臨時アルバイトだったので、5日間のアルバイト期間が終わり、100円ショップ「大納言」を辞めることになった。

そこで、楡野鈴愛(永野芽郁)は、バックヤードで、細やかな涼次(間宮祥太朗)の送別会を開くと、涼次(間宮祥太朗)は楡野鈴愛(永野芽郁)のためにギターを弾きながら歌った。

そして、涼次(間宮祥太朗)が雨の中で楡野鈴愛(永野芽郁)を抱きしめて、「好きです。スズメさん。いっそ結婚しませんか。ずっと一生、一緒に居たいです」とプロポーズすると、楡野鈴愛(永野芽郁)は「了解いたした」と言い、プロポーズを受け入れたのだった。

さて、楡野鈴愛(永野芽郁)は涼次(間宮祥太朗)と出会って5日間で結婚を約束したが、ボクテ(志尊淳)とユーコ(清野菜名)に報告すると、2人とも反応は微妙だった。

一方、涼次(間宮祥太朗)も監督・祥平(斎藤工)に楡野鈴愛(永野芽郁)のことを報告するが、監督・祥平(斎藤工)の反応も微妙だった。

ある日、楡野鈴愛(永野芽郁)は涼次(間宮祥太朗)の部屋を訪れ、涼次(間宮祥太朗)と監督・祥平(斎藤工)が一緒に暮らしていることを知るのだった。

半分、青い。-第15週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク