半分、青い。-森山涼次(間宮祥太郎)のあらすじとネタバレ

NHKの朝ドラ「半分、青い。」に登場する森山涼次(間宮祥太郎)のあらすじとネタバレです。

■森山涼次(間宮祥太郎)のあらすじとネタバレ

森山涼次(間宮祥太郎)は楡野鈴愛(永野芽郁)と同い年で、映画の助監督をしており、行きつけの100ショップ「大納言」で、大納言の店員として働いていた楡野鈴愛(永野芽郁)と出会う。

森山涼次(間宮祥太郎)は、100ショップ「大納言」が運動会シーズンで忙しい間だけ、臨時のアルバイトをして、楡野鈴愛(永野芽郁)と一緒に働くことになった。

そして、楡野鈴愛(永野芽郁)は森山涼次(間宮祥太郎)が書いた詩を読み、漫画家として苦労していた時のことを思いだし、詩に共感して森山涼次(間宮祥太郎)のことを意識するようになる。

さらに、森山涼次(間宮祥太郎)が楡野鈴愛(永野芽郁)の漫画の大ファンで、次回作を楽しみにしていたことが判明する。

楡野鈴愛(永野芽郁)は自分がその漫画家・楡野鈴愛で、漫画家から引退したので次回作は描けないことを明かして謝罪した。

森山涼次(間宮祥太郎)が「握手をしてください」と頼むと、初めてファンと握手をした楡野鈴愛(永野芽郁)は感激して「描いてて良かった。読んでくれる人が居て良かった。苦しい思いをして描いて良かった」と泣いた。

森山涼次(間宮祥太郎)は、そんな楡野鈴愛(永野芽郁)を抱きしめるのだった。

こうして、楡野鈴愛(永野芽郁)と森山涼次(間宮祥太郎)は急接近し、運動会シーズンが終わって森山涼次(間宮祥太郎)がアルバイトを辞めると、2人は付き合うようになる。

そのようななか、楡野鈴愛(永野芽郁)が森山涼次(間宮祥太郎)の部屋を訪れると、森山涼次(間宮祥太郎)が監督・祥平(斎藤工)と一緒に住んでいることが判明する。

しかも、楡野鈴愛(永野芽郁)が森山涼次(間宮祥太郎)を好きになる切っ掛けとなった詩は、監督・祥平(斎藤工)が書いた詩だと発覚したのだ。

楡野鈴愛(永野芽郁)は森山涼次(間宮祥太郎)に激怒するが、色々あって、楡野鈴愛(永野芽郁)は森山涼次(間宮祥太郎)と結婚する道を選ぶという流れのようです。

その後、楡野鈴愛(永野芽郁)はポンコツの駄目夫と離婚して実家に帰り、母・楡野晴(松雪泰子)のために「そよ風」を再現した扇風機を開発することになる。

なお、NHKの朝ドラ「半分、青い。」のあらすじとネタバレは「「半分、青い。」-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク